映画-Movie Walker > 人物を探す > グレゴワール・コラン

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2008年 まで合計7映画作品)

2008年

七夜待

  • 2008年11月1日(土)公開
  • 出演(グレッグ 役)

「殯(もがり)の森」の河瀬直美監督がタイでロケを行なった最新作。外国の独特な文化と自然に癒され、言葉を超えた心の交流を経験するヒロインを長谷川京子が熱演。

監督
河瀬直美
出演キャスト
長谷川京子 グレゴワール・コラン キッティポット・マンカン 轟ネーッサイ
2003年

発禁本 SADE

  • 2003年5月24日(土)公開
  • 出演(Fournier 役)

サディズムの語源にもなった、仏の作家マルキ・ド・サドを主人公にした問題作。死と背中合わせの牢獄生活を送るサドと、好奇心旺盛な伯爵令嬢とのひそかな愛をつづる。

監督
ブノワ・ジャコ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ マリアンヌ・ドニクール ジャンヌ・バリバール グレゴワール・コラン
1999年

天使が見た夢

  • 1999年2月6日(土)公開
  • 出演(Chris 役)

気ままに暮らす二人の少女の成長を描いた青春映画。監督は新鋭エリック・ゾンカ。製作はフランソワ・マルキー。撮影はアニエス・ゴダール。美術はジミー・ヴァンスティンキース。編集はヤニック・ケルゴート。衣裳はフランソワ・クラヴェル。出演は「野生の葦」のエロデイ・ブシェーズと新人のナターシャ・レニエ、「ネネットとボニ」のグレゴワール・コランほか。98年カンヌ映画祭主演女優賞(エロディ・ブシェーズ&ナターシャ・レニエ)受賞。

監督
エリック・ゾンカ
出演キャスト
エロディ・ブシェーズ ナターシャ・レニエ グレゴワール・コラン ジョー・プレスティア
1998年

ネネットとボニ

  • 1998年10月31日(土)公開
  • 出演(Boni 役)

両親の別居で別れて暮らしていた兄妹の再会と微妙な共同生活をナイーヴなタッチで綴った一編。監督は「パリ、18区、夜。」のクレール・ドニ。脚本はドニとジャン=ポール・ファルジョーの共同。撮影は「パリ、18区、夜。」のアニエス・ゴダール。音楽は英国のロックバンド、テンダースティックス。主演は「ビフォア・ザ・レイン」のグレゴワール・コランと新鋭のアリス・ウーリ。共演は「私の男」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキ、「気まぐれな狂気」のヴィンセント・ギャロほか。

監督
クレール・ドニ
出演キャスト
グレゴワール・コラン アリス・ウーリ ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ヴィンセント・ギャロ
1996年

ビフォア・ザ・レイン

  • 1996年2月3日(土)公開
  • 出演(Kiril 役)

マケドニアを舞台に、ギリシャ正教徒とアルバニア系ムスリム人住民のあいだで高まる緊張を、マケドニアとロンドンを結び、時間軸が複雑に交錯する三つの挿話で描きだすドラマ。監督・脚本のミルチョ・マンチェフスキーはマケドニア出身で、ニューヨークを拠点にミュージック・ビデオやCMを手掛け、これが初の劇場用長編映画になる。製作はジュディ・コウニハン、チェドミール・コラール、サム・テイラー。撮影は「野性の夜に」のマニュエル・テラン、音楽はエスニック音楽グループのアナスタシア。出演は旧ユーゴ出身の国際的名優レード・セルベッジア、「オリヴィエ・オリヴィエ」のグレゴワール・コラン、「ネイキッド」のカトリン・カートリッジ、ほか。94年ヴェネチア映画祭金獅子賞(グランプリ)受賞。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン弟9位。

監督
ミルチョ・マンチェフスキー
出演キャスト
レード・セルベッジア グレゴワール・コラン カトリン・カートリッジ ラビナ・ミテフスカ
1993年

オリヴィエ オリヴィエ

  • 1993年10月9日(土)公開
  • 出演(Olivier 役)

息子の失踪事件という特異な状況を主軸に、現代社会における家族のあり方を問う異色の人間ドラマ。「秘密の花園」のポーランドの女流監督アグニエシュカ・ホランドが、偶然目に止めた新聞記事をヒントに脚本を書いて監督。製作はマリー・ロール・リール。撮影は「ア・マン・イン・ラブ」のベルナール・ジツェルマン。音楽は「ダメージ」のズビグニエフ・プレイスネル。出演は「めざめの時」のグレゴワール・コラン、「小さな旅人」のマリナ・ゴロヴィーヌ、「愛と哀しみのボレロ」のブリジット・ルアン、「ラウンド・ミッドナイト」のフランソワ・クリュゼなど。

監督
アニエシュカ・ホランド
出演キャスト
フランソワ・クリュゼ ブリジット・ルアン グレゴワール・コラン エマニュエル・モロゾフ

めざめの時

  • 1993年5月21日(金)公開
  • 出演(Francois 役)

士官学校の寄宿舎生活を送る少年とその教官の妻との恋、そして少年の人間的成長を描く青春ドラマ。監督は「仮面の中のアリア」のジェラール・コルビオ。製作はジョエル・ペロン。現代フランスの人気自伝作家シャルル・ジュリエが八八年に発表した同名小説をもとに、コルビオ監督とアンドレ・コルビオとミシェル・フェスレルが脚本を執筆。撮影は「インドシナ」のフランソワ・カトンネ。音楽監修はデイヴィッド・ミラーが担当。主演は子役出身のグレゴワール・コラン、「魚のスープ」のキアラ・カゼッリ。「カミーユ・クローデル」のロラン・グレヴィル、「殺意の夏」のマルタン・ラモットらが共演。なお主人公の役名は、原作者と監修が敬愛する故フランソワ・トリフォー監督からとられている。

監督
ジェラール・コルビオ
出演キャスト
グレゴワール・コラン キアラ・カゼッリ ロラン・グレヴィル マルタン・ラモット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グレゴワール・コラン