映画-Movie Walker > 人物を探す > ルース・ホール

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1934年 まで合計8映画作品)

1934年

米国のメロディ

  • 1934年公開
  • 出演(Patricia 役)

「昨日」「裏町」のジョン・ボールズが「鏡の前の接吻」「透明人間」のグロリア・スチュアートと主演する映画で、ポール・ガンジュリンの原作を作者自らジョージ・オニールと共同脚色し、「海上ジャズ大学」「令嬢暴力園」のヴィクター・シャーティンガーが監督し「昨日」のメリット・B・ガースタッドが撮影に当たった。なを歌曲はハワード・ジャックソンとシャーティンガーが協作している。助演者は新人モーガン・ファーレー、「南方の騎士」のルース・ホール、アルバート・コンティ、ドロシ・ピーターソン、アンダーソン・ローラー等。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ジョン・ボールズ グロリア・スチュアート アルバート・コンティ ドロシー・ピーターソン
1933年

武侠一代

  • 1933年公開
  • 出演(Alice_Lawton 役)

「肉弾鬼中隊(1934)」「絢爛たる殺人」のヴィクター・マクラグレンが主演する映画で、フォード・ビーブが原作監督したもの。脚色にはプレスコット・チャップリンとトーマス・J・デューガンが当っている。助演者は「シスコ・キッド(1931)」「曠原の伊達男」のコンチタ・モンテネグロ、「国境飛行隊」のレジス・トゥーミー、「南方の騎士」のルース・ホール、「五十六番街の家」のウィリアム・ボイド、「轟く天地」のノア・ビアリー、「家なき少年群」のフランキー・ダーロ、「世界大洪水」のロイス・ウィルソン、タリー・マーシャル、ヘンリー・B・ウォルソール等で、撮影は「巨人ジョーンズ」のアーネスト・ホーラーとトム・カリガンの担当。

監督
フォード・ビーブ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン コンチタ・モンテネグロ ウィリアム・ボイド レジス・トゥーミー
1932年

女探偵長

  • 1932年公開
  • 出演(Paula_Brent 役)

メアリー・ロバーツ・ラインハートがサタデー・イヴニング・ポスト誌に執筆した小説を映画化したもので脚色担当はエヴェイン・ブッシュとリリアン・ヘイワードの二人、監督は「ブラウン野球虎の巻」「天才の妻」のロイド・ベーコンでカメラは「悪魔スヴェンガリ」「狂へる天才」のバーニー・マクギルが受持った。主なる主演者は「群集の喚呼」「腕の男」のジョーン・ブロンデルを筆頭に、「狂へる天才」のメエ・アディソン、「沈黙」「速成成金」のジョン・レイ、ルース・ホール、アラン・レーン「脱走兵」のC・ヘンリー・ゴードン、エリザベス・バタースン、「龍の娘」のホームズ・ハーバート、ルシェン・リツルフィールド、ナイジェル・ド・ブルリエ等々。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジョーン・ブロンデル ジョージ・ブレント メイ・マディスン ジョン・レイ

カンターの闘牛師

  • 1932年公開
  • 出演(Anita 役)

「フーピイ」「パーミイ・デイス」と同じくエディ・キャンターが主演するミュージカル・コメディー映画で、「フーピイ」のウィリアム・アンソニー・マクガイアがバート・カルマー、ハリー・ルビーと共同して書き下ろした脚本により「恋愛即興詩」「極楽島満員」のレオ・マッケリーが監督し、「パーミイ・デイス」「フーピイ」のグレッグ・トーランドが撮影した。唄は前記カルマーとルビイが作詞作曲し、舞踏振付は「四十二番街」「パーミイ・デイス」のバスビー・バークレーが担当した。相手役は「進めオリンピック」「闇に踊る(1932)」のリダ・ロバーティで、「マデロンの悲劇」のロバート・ヤング、「女探偵長」のルース・ホール、「強力犯」のノア・ビアリー、「二秒間」のJ・キャロル・ナイシュ、「街の野獣(1932)」のジョン・ミルジャン、「武装ラグビー」のスタンレー・フィールズ等が助演するほか、スペインで、一流の闘牛師となった米国人シドニー・A・フランクリンが特別出演している。

監督
レオ・マッケリー
出演キャスト
エディ・キャンター リダ・ロバーティ ロバート・ヤング ルース・ホール

追撃ミックス

  • 1932年公開
  • 出演(Mary_Ramsey 役)

「テキサス無頼漢」「高原強撃隊」と同じくトム・ミックス主演西部劇でピーター・B・カインの原作を上記二映画と同じくジャック・カニンガムが脚色し、西部劇、活劇の監督者として経験を積んでいるアート・ロッスンが監督に当たり、「東は西」「猫は這い寄る」のジェローム・アッシュが撮影した。助演者は「いんちき商売」「選手の後に娘あり」のルース・ホール、「愉快な武士道」「ペインテッド・デザート」のウィリアム・ファーナム、クラレンス・H・ウィルソン、ジョージ・ハッカソーン等でトニー・ジュニア号が初出演する。

監督
アート・ロッスン
出演キャスト
トム・ミックス ウィリアム・ファーナム ルース・ホール クラレンス・H・ウィルソン

テキサスの若武者

  • 1932年公開
  • 出演(Ruth 役)

ワーナー・ブラザーズ社の発売する第一回西部劇で、主役は「ビッグ・トレイル(1930)」「歓呼の涯」のジョン・ウェインが勤める。原作はゲネス・パーキンスが執筆し、スコット・メースンが脚色、フレッド・アレンが監督に当たり、ケン・メイナード西部劇を殆ど全部クランクしたデッド・マッコードが撮影している。相手女優は「インチキ兆倍」「選手の後に娘あり」のルース・ホールで、ヘンリー・B・ウォルソール、オーティス・ハーランが助演している。

監督
テッド・マッコード
出演キャスト
ジョン・ウェイン デューク ルース・ホール ヘンリー・B・ウォルソール

いんちき商売

  • 1932年2月18日公開
  • 出演(Mary_Helton 役)

「ココナッツ」「けだもの組合」につぐマークス兄弟主演映画で、S・J・ペレルマンとウィル・B・ジョンストンとが書き下ろしたストーリーにアーサー・シークマンが台詞をつけ、「青春来る(1931)」のノーマン・Z・マクロードが監督し、「沈黙の犯罪」「哄笑の世界」のアーサー・トッドが撮影している。助演者は「マルタの鷹(1931)」「女給と強盗」のセルマ・トッド、「影を売る男」のロックリフ・フェローズ、トム・ケネディー、ルース・ポール、ハリー・ウッズ等である。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
グルーチョ・マルクス ハーポ・マルクス チコ・マルクス ゼッポ・マルクス
1931年

選手の後に娘あり

  • 1931年公開
  • 出演(Marjorie_Blake 役)

J・C・ニュージェント、エリオット・ニュージェントの合作の舞台劇から「無冠の帝王」「繁昌娘」のロバート・ロード、「街のをんな」「春ひらく(1931)」のレイモンド・グリフィス、「躍り子をめぐりて」の監督者レイ・エンライトの3人が脚色し、台詞をつけ、「特集社会面」「犯罪王リコ」のマーヴィン・ルロイが監督し、「特集社会面」「繁昌娘」のソル・ポリートが撮影したもの。主なる出演者は「女が第一」「四拾八手の裏表」のジョー・E・ブラウン、「リオ・リタ」のドロシー・リー、「いんちき商売」のルース・ホール、エドワード・ウッズ、ウェード・ポートラー、ウィリアム・バーレス、エドワード・ヌージェント、ジョン・ハリントンなどである。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ドロシー・リー ルース・ホール エドワード・ウッズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルース・ホール