TOP > 人物を探す > ジャネット・マクティア

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2017年 まで合計13映画作品)

2017年

偽りの忠誠 ナチスが愛した女

  • 2017年7月28日(金)
  • 出演(Princess Hermine 役)

「シンデレラ」のリリー・ジェームズが、ナチス政権下暗躍するスパイを体当たりで演じた戦争ドラマ。元皇帝ヴィルヘルム2世の監視のため派遣されたドイツ軍将校ブラント大尉は、メイドのミーケと恋に落ちるが、彼女は英国政府から密命を受けたスパイだった。許されざる恋をするドイツ軍将校を「スーサイド・スクワッド」のジェイ・コートニーが、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世を「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマーが演じる。監督は、本作で初めてメガホンを取った世界的舞台演出家デヴィッド・ルヴォー。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映。

監督
デヴィッド・ルヴォー
出演キャスト
リリー・ジェームズ ジェイ・コートニー クリストファー・プラマー エディ・マーサン
2016年

世界一キライなあなたに

  • 2016年10月1日(土)
  • 出演(Camilla Traynor 役)

世界中でベストセラーとなっているジョジョ・モイーズの恋愛小説を、イギリスの若手俳優の共演で映画化したラブストーリー。田舎町で暮らす平凡な女性と大富豪の青年が出会い、お互いが変わっていく様を、エミリア・クラークとサム・クラフリンが等身大の魅力で演じる。演劇界で活躍するシーア・シェアイックの初長編監督作となる。

監督
シーア・シェアイック
出演キャスト
エミリア・クラーク サム・クラフリン ジャネット・マクティア チャールズ・ダンス
2015年

パパが遺した物語

  • 2015年10月3日(土)
  • 出演(キャロライン 役)

父親と息子の絆を描いた『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチーノ監督が、ニューヨークを舞台に、小説家の父親と幼い娘の愛を描くヒューマンドラマ。今は亡き父親の愛を知り、人を愛する事ができなかったトラウマを克服していく少女のその後の姿をアマンダ・サイフリッドが、その父親をラッセル・クロウが演じる。

監督
ガブリエレ・ムッチーノ
出演キャスト
ラッセル・クロウ アマンダ・サイフリッド アーロン・ポール ダイアン・クルーガー
2013年

マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

  • 2013年10月5日(土)
  • 出演

「ノックは無用」で注目され、「ナイアガラ」「紳士は金髪がお好き」で確固たる地位を築き、「お熱いのがお好き」では第17回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演女優賞を獲得したものの、36歳の若さでこの世を去った女優マリリン・モンロー。私的な文書をもとに、セックス・シンボルと謳われた自らのイメージを貫いた彼女の実像に迫るドキュメンタリー。監督はドキュメンタリーを数多く手がけてきたリズ・ガルバス。「キル・ビル」のユマ・サーマン、「フォーチュン・クッキー」のリンジー・ローハン、「アルバート氏の人生」のグレン・クローズ、「レスラー」のマリサ・トメイらが彼女の姿を浮き彫りにする。

監督
リズ・ガーバス
出演キャスト
マリリン・モンロー ユマ・サーマン グレン・クローズ マリサ・トメイ

ハンナ・アーレント

  • 2013年10月26日(土)
  • 出演(メアリー・マッカーシー 役)

ナチス戦犯の裁判に関するレポートを発表し大きな波紋を呼んだドイツ系ユダヤ人哲学者ハンナ・アーレントの姿を掘り下げて描く伝記映画。監督・脚本は、「鉛の時代」で第38回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞したマルガレーテ・フォン・トロッタ。「エム・バタフライ」「ローザ・ルクセンブルク」のバルバラ・スコヴァが苦境の中信念を貫く哲学者を演じ、2013年ドイツ映画賞およびバイエルン映画賞で主演女優賞を獲得した。ほか、「ゲーテの恋~君に捧ぐ『若きウェルテルの悩み』」のアクセル・ミルベルク、「アルバート氏の人生」のジャネット・マクティア、「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のユリア・イェンチらが出演。

監督
マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演キャスト
バルバラ・スコヴァ アクセル・ミルベルク ジャネット・マクティア ユリア・イェンチ

アルバート氏の人生

  • 2013年1月18日(金)
  • 出演(ヒューバート・ペイジ 役)

名女優グレン・クローズが主演に加え、プロデューサー、共同脚本を務め、19世紀のアイルランドで性別を偽って生きる女性の姿を描いた人間ドラマ。男として、ホテルでウェイターをするヒロイン、アルバートが、彼女の人生を変える男性と出会い、本当の自分に目覚めていく。2011年の東京国際映画祭で上映され、主演女優賞を受賞。

監督
ロドリゴ・ガルシア
出演キャスト
グレン・クローズ ミア・ワシコウスカ アーロン・テイラー=ジョンソン ジャネット・マクティア
2012年

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

  • 2012年12月1日(土)
  • 出演(デイリー夫人 役)

『ハリー・ポッター』シリーズで主人公を演じ、人気者となったダニエル・ラドクリフが、奇妙な事件に巻き込まれる若き弁護士を演じるゴシック・ホラー。沼地の島にぽつんとそびえ立つ忌まわしき館を巡る物語が、陰鬱としたムードで語られる。数々の怪奇作を手がけてきた英国の老舗ホラーレーベル、ハマーフィルムによる怪作だ。

監督
ジェームズ・ワトキンス
出演キャスト
ダニエル・ラドクリフ キーラン・ハインズ ジャネット・マクティア リズ・ホワイト
2006年

ローズ・イン・タイドランド

  • 2006年7月8日(土)
  • 出演(デル 役)

「ブラザーズ・グリム」の鬼才、テリー・ギリアム監督が放つダーク・ファンタジー。「不思議の国のアリス」をモチーフにした、奇想天外なイメージが満載の異色作だ。

監督
テリー・ギリアム
出演キャスト
ジョデル・フェルランド ジェフ・ブリッジス ジェニファー・ティリー ジャネット・マクティア
2003年

歌追い人

  • 2003年11月8日(土)
  • 出演(Lily Penleric 役)

サンダンス映画祭特別審査員賞をはじめ、数々の映画賞に輝いた人間ドラマ。人生の目標を見失った女性学者が、魂の伝承音楽と新たな愛を見出し、再生するまでを描き出す。

監督
マギー・グリーンウォルド
出演キャスト
ジャネット・マクティア エイダン・クイン エミー・ロッサム パット・キャロル
2001年

キング・イズ・アライヴ

  • 2001年3月10日(土)
  • 出演(Liz 役)

シェイクスピア悲劇をモチーフにとり入れたオリジナリティあふれる心理サスペンス。極限状況のもと、愛と希望を追い求める男女の運命をじっくり見すえていく。

監督
クリスチャン・レヴリング
出演キャスト
ジェニファー・ジェイソン・リー ロマーヌ・ボーランジェ ジャネット・マクティア マイルス・アンダーソン

関連ニュース

ティーザーポスターも公開に!
ダニエル・ラドクリフ主演『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の日本公開日決定! 8月20日 12:00

2011年に完結した『ハリー・ポッター』シリーズで主演を務めたダニエル・ラドクリフが、次に挑むべき作品として数ある企画の中から自ら選び取ったのがブリティッシュゴシックホラー『The Woman in Black』だった。…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャネット・マクティア