TOP > 人物を探す > ジェフ・ラウ

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2019年 まで合計13映画作品)

2019年

カンフーリーグ

「チャイニーズ・オデッセイ」のジェフ・ラウによるアクションコメディ。漫画家志望のインションは、会社の社長に恋の邪魔をされ、追い出されてしまう。彼が自身の処女作に登場するカンフーマスターたちに助けを請うと、彼らが現代にタイムスリップしてくる。出演は、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 南北英雄」のチウ・マンチェク、「スペシャルID 特殊身分」のアンディ・オン、「イップ・マン 継承」のチャン・クォックワン、「イップ・マン 誕生」のデニス・トー。シネマート新宿・心斎橋『のむコレ3』で上映。

監督
ジェフ・ラウ
出演キャスト
チウ・マンチェク アンディ・オン チャン・クォックワン デニス・トー
2011年

カンフーサイボーグ

  • 2011年1月22日(土)
  • 監督、脚本

近未来の中国を舞台に、巨大ロボットにトランスフォームして戦うサイボーグたちの活躍を描く、香港発のSFアクション。『トランスフォーマー』や『鉄腕アトム』といった古今東西のロボット映画のパロディが満載。主演は『トランサー 霊幻警察』のアレックス・フォン。

監督
ジェフ・ラウ
出演キャスト
フー・ジュン スン・リー アレックス・フォン ガン・ウェイ
2005年

カンフーハッスル

  • 2005年1月1日(土)
  • 製作

「少林サッカー」のチャウ・シンチー、待望の最新監督・主演作。生身のアクションとVFX映像を駆使した奇想天外な拳法バトルで、観る者を興奮と笑いの渦へ引き込む。

監督
チャウ・シンチー
出演キャスト
シン・ユー チャウ・シンチー ユン・ワー ユン・チウ
2003年

クローサー(2002)

  • 2003年3月29日(土)
  • 脚本

香港・中国で活躍する3大人気女優の共演が話題のヒロイン・アクション。殺し屋の姉妹と敏腕女性刑事の攻防、さらには共闘へといたるドラマチックな物語がアツい!

監督
コリー・ユエン
出演キャスト
スー・チー ヴィッキー・チャオ カレン・モク ソン・スンホン
1996年

楽園の瑕

  • 1996年9月28日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

90年代を代表する映画作家、「恋する惑星」「天使の涙」のウォン・カーウァイが、伝説の剣士たちの青春群像を鮮烈な感覚で綴った一編。中国の人気武侠小説家、金庸の代表作『射[周鳥]英雄傳』(邦訳・徳間書店刊)を基に、原作では老人である主人公らの若き日の姿を描くという設定で、カーウァイが脚本を執筆。アソシエイト・プロデューサーは「ソウル」などの監督でもあるシュウ・ケイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはカーウァイの盟友で「チャイニーズ・オデッセイ」などの監督でもあるジェフ・ラウ、撮影のクリストファー・ドイル、美術・編集・衣装のウィリアム・チョン、音楽のフランキー・チャン、ローウェル・A・ガルシアとカーウァイ作品の常連スタッフが集結。他に編集で「風にバラは散った」などの監督でもあるパトリック・タム、カイ・キッウァイ、コン・ジ・ラウ、武術指導に「カンフー・カルト・マスター/魔教教主」のサモ・ハン・キンポーらが参加。出演は「欲望の翼」のレスリー・チャン、マギー・チャン、トニー・レオン、カリーナ・ラウ、ジャッキー・チュンに加え、「恋する惑星」のブリジット・リン、「黒薔薇VS黒薔薇」のレオン・カーフェイ、当時ほとんど演技経験のないまま、降板したジョイ・ウォンに代わって起用された「天使の涙」のチャーリー・ヤンと香港映画界のスターが競演。94年ヴェネチア映画祭金のオゼッラ賞、第14回香港電影金像奨撮影賞・美術賞、第31回台湾金馬賞撮影賞・編集賞受賞。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
レスリー・チャン レオン・カーフェイ ブリジット・リン トニー・レオン

天使の涙

  • 1996年6月29日(土)
  • 製作

ネオンきらめく香港の街の音と光の中、5人の若者たちの恋と青春群像を描いた一編。監督・脚本は「欲望の翼」「恋する惑星」のウォン・カーウァイ。全編にわたる極端な超ワイドレンズの使用、トレードマークとなったコマ落とし/コマ伸ばしの連続によるアクション場面の躍動感、光と音の斬新な使い方など、その斬新なビジュアル・センスにさらに磨きがかかった。当初、3話から成るはずだった「恋する惑星」で省略したエピソードを発展させたものだが、監督自身は「同じスピリットから生まれたもので、続編ではない」と発言している。製作は「黒薔薇VS黒薔薇」「チャイニーズ・オデッセイ」など娯楽作品の監督でもあるジェフ・ラウ、撮影は「欲望の翼」以来コンビを組むクリストファー・ドイル、美術は「いますぐ抱きしめたい」以降のカーウァイと組むウィリアム・チョンなど、カーウァイ作品の常連スタッフが集結。出演は「妖獣都市・香港魔界篇」「シティー・ハンター」のレオン・ライ、「スウォーズマン/女神伝説の章」のミシェル・リー、「恋する惑星」の金城武、「バタフライ・ラヴァーズ」「トワイライト・ランデブー」のチャーリー・ヤン、「チャイニーズ・オデッセイ」のカレン・モク。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
レオン・ライ ミッシェル・リー 金城武 チャーリー・ヤン

チャイニーズ・オデッセイ Part2 永遠の恋

  • 1996年7月19日(金)
  • 監督、出演(菩提老師・菩提子 役)

中国三大奇譚のひとつ、『西遊記』を大胆な解釈で描いた娯楽大作の続編。香港では、前編「チャイニーズ・オデッセイ/Part1 月光の恋」の1週間後に後編である本作が公開され、95年度興収第8位のヒットを記録した(総尺数177分)。主演のチャウ・シンチー以下、スタッフ・共演者は前編と同じだが、ヒロイン(前編の最後に登場)は「プロジェクトS」『風塵三侠』(日本未公開)などのアテナ・チュウ。ビデオタイトル「チャイニーズ・オデッセイ 西遊記 [其ノ弐]」。

監督
ジェフ・ラウ
出演キャスト
チャウ・シンチー アテナ・チュウ ン・マンタ ロー・ガーイン

チャイニーズ・オデッセイ Part1 月光の恋

  • 1996年6月22日(土)
  • 監督、出演(菩提老師・菩提子 役)

中国三大奇譚のひとつ、『西遊記』を大胆な解釈で描いた娯楽大作。主役の孫悟空を90年代最大の香港スター、「0061/北京より愛をこめて!?」のチャウ・シンチーが演じ、「黒薔薇VS黒薔薇」の鬼才ジェフ・ラウが監督・脚本(ケイ・オン名義)・助演、「スウォーズマン/女神復活の章」のチン・シュウタンの武術指導で映画化。シンチーが友人と設立した彩星電影公司の第1回作品で、香港では、はじめに本作が前編として公開され、1週間後に後編が公開され、95年度興収第6位のヒットを記録した(総尺数177分)。ビデオタイトル「チャイニーズ・オデッセイ 西遊記 [其ノ壱]」。

監督
ジェフ・ラウ
出演キャスト
チャウ・シンチー ン・マンタ カレン・モク ナム・キッイン
1995年

恋する惑星

  • 1995年7月15日(土)
  • 製作

90年代を代表する映像作家、「いますぐ抱きしめたい」「欲望の翼」のウォン・カーウァイが、香港は重慶マンション周辺を舞台に、ある二組のカップルの出会いをめぐるドラマを独自の語り口と映像感覚で綴った一編。彼自身の製作会社であるジェット・トーン・プロの第1作で、製作は彼の盟友にして香港映画界で八面六臂の活躍をみせる、「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」「フル・ブラッド」の異才ジェフ・ラウが参加。撮影は前半部をカーウァイの劇場第一作「いますぐ抱きしめたい」のアンドリュー・ラウ(ラウ・ワイキョン)が、後半部を「欲望の翼」のクリストファー・ドイルがそれぞれ担当。音楽は本来は監督も手掛ける映画人である『東邪西毒』のフランキー・チャン、美術はカーウァイの全4作を手掛ける、「スウォーズマン 女神復活の章」のウィリアム・チョンがそれぞれ担当。出演は「悲情城市」「欲望の翼」などのトニー・レオン(本作で香港電影金像奨主演男優賞受賞)、『北京オペラブルース』(V)、「スウォーズマン 女神復活の章」のブリジット・リンの実力派俳優に、本作がスクリーン・デビューとなる新人2人、香港一の若手女性人気歌手フェイ・ウォンと台湾のニューフェイス、日台ハーフの金城武がからむという好対照なキャスティング。加えて「月夜の願い」のチャウ・カーリンがスチュワーデス役で出演。効果的に使用される劇中曲は、デニス・ブラウンの『Sings in Life』、ママス&パパスの『夢のカリフォルニア』、ダイナ・ワシントンの『縁は異なもの』、フェイ・ウォンの『夢中人』(クランベリーズの『Dreams』のカヴァー)ほか。95年香港電影金像奨作品・監督・主演男優賞受賞。

監督
ウォン・カーウァイ
出演キャスト
トニー・レオン フェイ・ウォン ブリジット・リン 金城武
1994年

フル・ブラッド

  • 1994年9月3日(土)
  • 監督、脚本

「亜州影帝」ことチョウ・ユンファが「フル・コンタクト」以来、2年ぶりに主演したアクションもの。特命を帯びて中国奥地に潜入したCIAのエリート諜報員が、愛する女性のために任務も捨て、国際的な陰謀に立ち向かう姿を描く。時にコミカル、時にハードなアクションの見せ場以上に、ラブ・ストーリーとしての面が光る。監督・脚本は「黒薔薇VS黒薔薇 kurobara tai kurobara」のジェフ・ラウ。製作は「狼たちの絆」「ハード・ボイルド」でもユンファと組んだリンダ・クック、撮影は「ゴッド・ギャンブラー」のピーター・パウ。音楽はダニー・チャンで、主題歌はテレサ・テンの『月亮代表的我心』。「アンディ・ラウの 逃避行」でデビューしたン・シンリン、「ロアン・リンユィ 阮玲玉」のシン・ハンらが共演。

監督
ジェフ・ラウ
出演キャスト
チョウ・ユンファ ン・シンリン シン・ハン ミッシェル・ウォン

関連ニュース

中華テイスト満載のロボットアクション映画が満を持して日本上陸!
カンフー×最先端CG!香港&中国映画界が放つ究極のロボットアクションが登場 1月20日 12:00

『ターミネーター』シリーズや『トランスフォーマー』シリーズなど、ハリウッド製のロボット映画はたくさんあるが、そんななか、中国で製作された新たなロボット映画が公開されることになった。それが1月22日(土)公開の『カンフーサ…

香港映画×中国映画が贈る新エンタテインメント作品
香港×中国二大映画界がタッグを組んだ『カンフーサイボーグ』が完成! 11月24日 13:30

アクション映画で世界的にも有名な香港映画界と、21世紀に入り飛躍的な経済発展で年間400本もの映画を生み出している中国映画界。この中華圏の二大映画界が手を組み、これまで見たことのないSF&カンフーアクションを合体させた『…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジェフ・ラウ