映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ハナー

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2008年 まで合計6映画作品)

2008年

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

  • 2008年8月16日(土)公開
  • 出演(ジョナサン・カナハン 役)

人気アクション・アドベンチャーのシリーズ最新作。中国に舞台を移し、元傭兵の主人公リックが、皇帝のミイラを相手に巨大ダイヤをめぐる神秘とスリルに満ちた冒険を展開!

監督
ロブ・コーエン
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー マリア・ベロ ジョン・ハナ ルーク・フォード
2001年

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド

  • 2001年6月9日(土)公開
  • 出演(Jonathan 役)

全米公開されるやいなや記録的な大ヒットをカッ飛ばした人気シリーズ第2弾が日本上陸。最新VFXを駆使した奇想天外な見せ場が、ノンストップで炸裂する痛快作だ。

監督
スティーヴン・ソマーズ
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー レイチェル・ワイズ ジョン・ハンナ フレディ・ボース
2000年

ザ・ハリケーン

  • 2000年6月24日(土)公開
  • 出演(Terry Swinton 役)

 カーター役のD・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞候補に。少年との交流による閉ざされた心の解放を説得力たっぷりに演じ演技派としての力量を見せつける。

監督
ノーマン・ジュイソン
出演キャスト
デンゼル・ワシントン ヴィセラス・レオン・シャノン デボラ=カーラ・アンガー リーヴ・シュレイバー
1999年

ハムナプトラ 失われた砂漠の都

  • 1999年6月19日(土)公開
  • 出演(Jonathan 役)

砂漠の奥地に眠る“死者の都”に財宝探しに赴いた一行と生きながら葬られてこの世に再び甦った魔道士の戦いを描いた冒険アクション。監督・脚本は「ジャングル・ブック」のスティーヴン・ソマーズ。原案はソマーズ、ロイド・フォンビール、ケヴィン・ジャール(製作総指揮も兼任)。製作は「マイケル」のジェームズ・ジャックスと『アメリカン・ミー』(V)のショーン・ダニエル。撮影は「エイリアン2」のエイドリアン・ビドル。音楽は「ムーラン」のジェリー・ゴールドスミス。美術はアラン・キャメロン。編集は「ジャングル・ブック」などソマーズとコンビを組むボブ・ダグセイ。衣裳は「ロビン・フッド」のジョン・ブルームフィールド。SFXは「スター・ウォーズ」シリーズのILM。出演は「ジャングル・ジョージ」のブレンダン・フレイザー、「アイ ウォント ユー」のレイチェル・ワイズ、「スライディング・ドア」のジョン・ハナ、「ハード・ターゲット」のアーノルド・ボスルー、「アミスタッド」のケヴィン・J・オコナー、「アナコンダ」のジョナサン・ハイドほか。

監督
スティーヴン・ソマーズ
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー レイチェル・ワイズ ジョン・ハンナ アーノルド・ボズルー
1998年

スライディング・ドア

  • 1998年9月12日(土)公開
  • 出演(James 役)

電車のドアが閉まった場合と閉まらなかった場合という、ふたつの運命による恋の行方を並行して綴っていくユニークなラヴ・ストーリー。監督・脚本は、「父の祈りを」などの俳優として知られるピーター・ホーウィット。これが劇映画の長編デビュー作となる。製作は、「トッツィー」「愛と哀しみの果て」などの監督として知られるシドニー・ポラックとフィリッパ・ブレイスウェイト、ウィリアム・ホルバーグの共同。撮影はレミ・エイドファラシン。音楽はデイヴィッド・ハーシュフェルダー。美術はマリア・ジャーコヴィック。編集は「リービング・ラスベガス」のジョン・スミス。衣裳デザインはジル・テイラー。出演は「セブン」「大いなる遺産」のグウィネス・パルトロウ、「フォー・ウエディング」のジョン・ハンナ、「モル・フランダース」のジョン・リンチ、「ウォーターワールド」のジーン・トリプルホーンほか。97年サンダンス映画祭オープニング作品。

監督
ピーター・ハウィット
出演キャスト
グウィネス・パルトロウ ジョン・ハンナ ジョン・リンチ ジーン・トリプルホーン
1994年

フォー・ウェディング

  • 1994年10月8日(土)公開
  • 出演(Matthew 役)

4つの結婚式と一つの葬式をモチーフに、真実の愛を見つける男女の姿をコミカルかつロマンティックに描いたラヴ・ストーリー。ロンドンでの豪華な式、カントリーサイドでの自然の中での式、スコットランドでのトラディショナルな式など、イギリス各地でロケーション撮影された、数々の英国式結婚式の風景が見もの。監督は「白馬の伝説」のマイク・ニューウェル。脚本とエクゼクティヴ・プロデューサーは「彼女がステキな理由」のリチャード・カーティスで、11年間に65回もの友人の結婚式に出席した経験に基づき、「これまで無駄にした土曜日への腹いせに」脚本を執筆したという。製作は「ダーククリスタル」などでジム・ヘンソンのパートナーを務めたダンカン・ケンウォーシー。撮影はマイケル・コールター、美術はマギー・グレイ。音楽はオリジナル・スコアをリチャード・ロドニー・ベネットが書き、ウェット・ウェット・ウェットの主題歌『愛にすべてを』ほか、エルトン・ジョンなどの挿入歌が全編を彩る。主演は「日の名残り」のヒュー・グラントと、「バッド・ガールズ」「ショート・カッツ」と出演作が相次ぐアンディ・マクドウェル。

監督
マイク・ニューウェル
出演キャスト
ヒュー・グラント アンディ・マクドウェル クリスティン・スコット・トーマス サイモン・カロウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ハナー