映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・マッカーシー

年代別 映画作品( 1984年 ~ 1998年 まで合計18映画作品)

1998年

あなたに言えなかったこと

  • 1998年3月7日(土)公開
  • 出演(Don 役)

人生を不器用に生きる男女の姿をハートフルなタッチで描いた一編。監督・脚本は本作が長編劇映画デビューとなるスペインの女性監督イザベル・コヘット。製作はエディ・サエタ。撮影はテレサ・メディーナ。音楽はアルフォンソ・ヴィラロンガ。出演は「身代金」のリリ・テイラー、「狼たちの街」のアンドリュー・マッカーシー、「トゥリーズ・ラウンジ」のシーモア・カッセル、「スリーサム」のアレクシス・アークェットほか。

監督
イザベル・コイシェ
出演キャスト
リリ・テイラー アンドリュー・マッカーシー アレクシス・アークエット デビー・マザール
1996年

狼たちの街

  • 1996年6月29日(土)公開
  • 出演(Jimmy Fields 役)

50年代初頭のL.A.に実在した組織犯罪特別捜査班〈ハット・スクワッド〉の男たちの闘いを描いたサスペンス・アクション。骨太な演出と、豪華キャストの競演が見もの。監督は「ワンス・ウォリアーズ」で注目されたオーストラリア映画界の俊英リー・タマホリで、2作目にしてハリウッド進出を果たした。脚本は、小説家でもある「パリス・トラウト」のピート・デクスターの原案を、彼とフロイド・マトラックスが執筆。製作は「スティング」「ジョーズ」など数々のヒット作を手掛けたリチャード・D・ザナックと、その妻で「ドライビング・MISS・デイジー」のリリー・フィニー・ザナック。撮影は「フィオナの海」の名匠ハスケル・ウェクスラー、音楽は「ザ・ファーム 法律事務所」のデイヴ・グルーシン、美術は「カリートの道」のリチャード・シルバート、編集はサリー・メンケ、衣裳は「ショーガール」「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―」のエレン・マイロニックが担当。出演は「アイ・ラブ・トラブル」のニック・ノルティ、「ユージュアル・サスペクツ」のチャズ・パルミンテリ、「スピーシーズ 種の起源」のマイケル・マドセン、「3人のエンジェル」のクリス・ペン、「ミルク・マネー」のメラニー・グリフィス、「ザ・シークレット・サービス」のジョン・マルコヴィッチ、「デンバーに死す時」のトリート・ウィリアムズ、「ハイヤー・ラーニング」のジェニファー・コネリー、「キル・ミー・テンダー2 笑って殺して!?」のアンドリュー・マッカーシー、「美しき獲物」のダニエル・ボールドウィン、「マスカレード 甘い罠」のロブ・ロウ、「ロンゲスト・ヤード」のエド・ローター、「L.A.大捜査線 狼たちの街」のウィリアム・ピーターセン、「潜望鏡を上げろ」のブルース・ダーンほか。

監督
リー・タマホリ
出演キャスト
ニック・ノルティ メラニー・グリフィス チャズ・パルミンテリ マイケル・マドセン

キル・ミー・テンダー2 笑って殺して!?

  • 1996年2月17日(土)公開
  • 出演(Reggie Barker 役)

自分の部屋で恋人の死体を見つけてしまった女性の混乱ぶりを描いたブラック・コメディ。クリスティ・スワンソン主演の「キル・ミー・テンダー」(93)との共通点は、アンドリュー・マッカーシーが助演している一点だけで全く関係なく、続編ではない。監督はジョン・フェルドマン、製作はリチャード・エイブラモウィッツ、デイヴィッド・ハネイ、エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・E・バリュック、ジェームズ・M・グールド、ポール・L・ニューマン、脚本はフェルドマンとシンディ・オスウィン、撮影はトッド・クロケット、音楽はシェリア・シルヴァー、美術はマイケル・ショウ、編集はアイナー・ウェスターフィールド、衣裳はサラ・ジェーン・スロニックがそれぞれ担当。主演は「ブルー・スチール」、テレビ・シリーズ『FBIの狼マンキューゾ』など、ヒスパニック系女優の代表株、エリザベス・ペーニャ。

監督
ジョン・フェルドマン
出演キャスト
エリザベス・ペーニャ アンドリュー・マッカーシー ペイジ・ターコウ ブランチ・ベイカー
1995年

エスケープ

  • 1995年2月4日(土)公開
  • 出演(Jerry 役)

ギャングの金を持ち逃げし、殺し屋に命を狙われる男の決死の逃避行を描いたサスペンス・アクション。危機また危機の連続が見どころ。リー・ウェルズの小説(本邦未訳)を自身で脚色、「処刑教室」「コマンドー」『リトルトウキョー殺人課』(V)などこの種のジャンルを得意とするマーク・L・レスターが監督に当たった。製作はレスター、ダナ・ドゥボヴスキー、ジョージ・W・パーキンスの共同。撮影はマーク・アミン、音楽はクリストファー・フランク、美術はアンドリュー・ソール。主演は「セント・エルモス・ファイアー」「ジョイ・ラック・クラブ」のアンドリュー・マッカーシー。共演は「ライトスタッフ」「羊たちの沈黙」のスコット・グレンほか。

監督
マーク・L・レスター
出演キャスト
アンドリュー・マッカーシー ジャネット・ガン ウェイン・ニュートン ジョン・グロヴァー
1994年

ミセス・パーカー ジャズエイジの華

  • 1994年当年公開
  • 出演(Eddie Parker 役)

その後のアメリカ文化に影響を与えた20年代N.Y.の文学サロン“アルゴルキン・ホテルの円卓”をめぐる人間模様を、詩人・作家・映画脚本家のドロシー・パーカー(1893~1967)を中心に描く時代物。監督は「チューズ・ミー」「堕ちた恋人たちへ」のアラン・ルドルフ。製作はルドルフの師匠で、彼の監督デビュー作『Welcome to LA』(テレビ放映のみ)も手掛けた、「プレタポルテ」の巨匠ロバート・アルトマン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「プレタポルテ」のスコット・ブシュネルと、アイラ・ドイッチマン。脚本はルドルフとランディ・スー・コバーン。撮影はジャン・キーサー。美術は「モダーンズ」などルドルフ作品の常連フランソワ・セギュアン。衣裳は「ショート・カッツ」のジョン・ヘイとレニー・エイプリル。編集はスージ・エルミガー。主演は「未来は今」のジェニファー・ジェイソン・リーで、本作で全米批評家協会主演女優賞を獲得。共演は「シェルタリング・スカイ」などのキャンベル・スコット、「ケロッグ博士」のマシュー・ブロデリック、「処刑ライダー」のニック・カサヴェテス、「プレタポルテ」のリリ・テイラー、「蒼い記憶」のピーター・ギャラガー、「フォー・ルームス」のジェニファー・ビールス、「狼たちの街」のアンドリュー・マッカーシー、「ユージュアル・サスペクツ」のスティーヴン・ボールドウィンほか。また、ルドルフ作品の常連キース・キャラダインがウィル・ロジャース役で顔を見せる。

監督
アラン・ルドルフ
出演キャスト
ジェニファー・ジェイソン・リー キャンベル・スコット マシュー・ブロデリック アンドリュー・マッカーシー

キル・ミー・テンダー

  • 1994年11月26日(土)公開
  • 出演(Rupert Grimm 役)

有名医科大学の補欠入学を巡る連続殺人事件を、ユーモア とスリル豊かに描いたサスペンス・ラブ・コメディ。監督は、本作が初の劇場用映画となるダグ・リーマン。製作は、ブロードウェイで上演された舞台劇『アマデウス』『エレファント・マン』などをプロデュースしたネル・ヌジェントと、アダム・リンデマン、ヴィクター・シンプキンスの共同。脚本はP・J・ポスナー、ジョエル・ポスナー、ジョナサン・ルーウィンのオリジナル。撮影はデイヴィッド・クレッセン、音楽はカート・ワートマンとブルース・サマーズ、美術はティム・エッケルが担当。主演は「マネキン2」「ザ・チェイス」のクリスティ・スワンソンと、「プリティ・リーグ」のスティーヴン・メイラー。「マネキン」のアンドリュー・マッカーシーが共演。また、クリスティが初めて披露する健康的なヌードも見どころ。

監督
ダグ・リーマン
出演キャスト
クリスティ・スワンソン スティーヴン・メイラー アンドリュー・マッカーシー デイヴ・チャペル

ジョイ・ラック・クラブ

  • 1994年3月26日(土)公開
  • 出演(Ted 役)

移民として故郷の中国から苦難の人生を背負って生き抜いてきた4人の母親と、アメリカ人として生まれ育った4人の娘たちの世代間の相違と心の絆を描いた群像劇。エイミー・タンの同名ベストセラー小説を、「夜明けのスローボート」の女性監督ウェイン・ワンが映画化。脚本は、監督と「レインマン」のロナルド・バスの共同。製作は、原作者と監督、ロナルド・バス、「リバー・ランズ・スルー・イット」のパトリック・マーキーの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「天と地」のオリヴァー・ストーン監督と、ジャネット・ヤン。撮影はアミール・モクリ、音楽はレイチェル・ポートマン、美術はドナルド・グラハム・バートが担当。出演は舞台出身のミンナ・ウェン、「ベスト・キッド2」のタムリン・トミタ、「スラムダンス」のロザリンド・チャオ、「ラストエンペラー」のリサ・ルー、「心のままに…」のローレン・トム、「イヤー・オブ・ザ・ガン」のアンドリュー・マッカーシーほか。

監督
ウェイン・ワン
出演キャスト
キュウ・チン ツァイ・チン フランス・ニューエン リサ・ルー
1991年

イヤー・オブ・ザ・ガン

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 出演(David 役)

暗殺事件を扱った架空の小説が現実のものとなり、その背後に潜む罠と若きジャーナリストの姿を追う、マイケル・ミューショー原作の映画化。製作はエドワード・R・プレスマン、監督は「対決(1989)」のジョン・フランケンハイマー、脚本はデイヴィッド・アンブローズとジェイ・プレッソン・アレン、撮影はブラスコ・ジェラートが担当。出演はアンドリュー・マッカーシー、シャロン・ストーンほか。

監督
ジョン・フランケンハイマー
出演キャスト
アンドリュー・マッカーシー シャロン・ストーン ヴァレリア・ゴリノ ジョン・パンコウ

クリシーの静かな日々

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 出演(Joey 役)

ヘンリー・ミラーの自伝的短編の映画化で、1930年代半ばのパリを舞台に、ボヘミアンの性と愛を描いた文芸映画。

監督
クロード・シャブロル
出演キャスト
アンドリュー・マッカーシー ナイジェル・ヘイヴァース ステファニー・コッタ
1990年

想い出のジュエル

  • 1990年6月23日(土)公開
  • 出演(Larkin 役)

裕福な青年と年若き元人妻との儚い恋を描いたラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはアラン・マーシル、製作はディック・バーグ、監督は「勝利への旅立ち」のデイヴィッド・アンスポー、ラリー・ケトロンの戯曲を自身で脚色、撮影はフレッド・マーフィー、音楽はデイヴィツド・フォスターとパトリック・ウィリアムスが担当。出演はモリー・リングウォルド、アンドリュー・マッカーシーほか。

監督
デイヴィッド・アンスポー
出演キャスト
モリー・リングウォルド アンドリュー・マッカーシー パティ・ダーバンヴィル ベン・スティラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンドリュー・マッカーシー