映画-Movie Walker > 人物を探す > パク・ジョンウォン

年代別 映画作品( 1994年 ~ 1997年 まで合計3映画作品)

1997年

永遠なる帝国

  • 1997年7月19日(土)公開
  • 監督、脚本

18世紀最後の年、朝鮮王朝の宮廷である朝起こった殺人事件を巡り、絶対権力の奪取を画策する改革派の国王、そして保守派の官僚たちとの間で静かに巻き起こる熾烈な権力闘争を一日という時間設定の中に描き込んだ、韓国版「薔薇の名前」とも評される歴史ミステリー。監督は「我らの歪んだ英雄」で国際的に注目された韓国の新鋭監督パク・ジョンウォンで、三年をかけて完成させた。韓国でベスト・セラーとなったイ・インファの同名小説の映画化。韓国の伝統音楽カヤグムの名手であるファン・ビョンギが音楽を担当。主演の国王は「祝祭」のアン・ソンギ。共演は、事件を調べる警察官僚に「風の丘を越えて」のキム・ミョンゴン、若きエリート書記官には映画出演2作目のチョ・ジェヒョン、その元妻サンアには若手実力派のキム・ヘス。韓国では大鐘賞の8部門(作品・監督・助演男優・撮影・照明・編集・録音・美術)を独占した。

監督
パク・ジョンウォン
出演キャスト
アン・ソンギ キム・ミョンゴン チョ・ジェヒョン チェ・ジョンウォン

われらの歪んだ英雄

  • 1997年6月14日(土)公開
  • 監督、脚本

都会から田舎の小学校に転校して来た少年が、クラスだけでなく担任教師までも牛耳る級長の絶対支配に抵抗していく孤独な戦いを描く。監督・脚本は『九老アリラン』でデビューしたパク・ジョンウォンで、本作が二作目にあたる。国際的には無名の朴監督だったが、権力と自由の葛藤を鋭くえぐった本作は、世界35ヶ国の映画祭に招待される快挙を遂げた。原作はイ・ムニョルの同名小説で、フランス、日本をはじめ世界11ヶ国で翻訳されている。製作はト・ドンファン。撮影はチョン・グァンソク。音楽はソン・ビョンジュン。美術はト・ヨンウ。編集はイ・キョンジャ。主演はコ・ジョンイルで、デビュー作「ひとりで廻る風車」で大鐘賞新人賞を受賞し、本作が二作目。級長役のホン・ギョンインはオーデションで選ばれた新人。92モントリオール世界映画祭最優秀製作者賞、ハワイ映画祭グランプリなどを受賞。

監督
パク・ジョンウォン
出演キャスト
コ・ジョンイル ホン・ギョンイン チェ・ミンシク シン・グ
1994年

九老アリラン

  • 1994年6月11日(土)公開
  • 監督

現代の韓国の労働問題を下敷きに、イデオロギーと人間愛の葛藤、社会の矛盾や不条理を、働く女性たちの群像を通して描いたヒューマン・ドラマ。韓国の人気作家・李文烈の小説を、人間を真摯に見つめる姿勢と抑制の効いたリアリズム演出で映画化した、林鐘元監督のデビュー作。製作は「馬鹿宣言」のパク・チョンチャン、脚本はパク・グァンウとイ・ハヨン、撮影は「ディープ・ブルー・ナイト」の鄭光石、音楽は「暗闇の子供たち」の金永東がそれぞれ担当。出演はオク・ソリ、ユン・ジヒョら若手女優陣。助演に「アダダ」「ホワイト・バッジ」の李慶栄ほか。

監督
パク・ジョンウォン
出演キャスト
オク・ソリ ユン・ジヒョ イ・ギョンヨン キム・ナヨン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パク・ジョンウォン