映画-Movie Walker > 人物を探す > イザベラ・ロッセリーニ

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2017年 まで合計23映画作品)

2017年

さよなら、ぼくのモンスター

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演(声)(Buffy 役)

トラウマを抱える少年の葛藤をスタイリッシュな映像とともに描いた青春ドラマ。出演はドラマシリーズ『フォーリング スカイズ』のコナー・ジェサップほか。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』の一作。2017年10月7日よりアンコール上映。

監督
ステファン・ダン
出演キャスト
コナー・ジェサップ アーロン・エイブラムス イザベラ・ロッセリーニ
2016年

JOY

  • 2016年公開
  • 出演

ジェニファー・ローレンス主演、貧乏からアイデアひとつで億万長者になった実在の主婦を描いたサクセスストーリー。

監督
デヴィッド・O・ラッセル
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ブラッドリー・クーパー ロバート・デ・ニーロ イザベラ・ロッセリーニ

イングリッド・バーグマン〜愛に生きた女優〜

  • 2016年8月27日(土)公開
  • 出演

イングリッド・バーグマンの生誕100周年を記念し、2015年にカンヌ国際映画祭でプレミア上映されたドキュメンタリー作品。アカデミー賞に3度輝いた大女優である一方でスキャンダルを重ねた彼女の足跡を辿り、一人の女性としての姿を浮かび上がらせる。監督はウディ・アレン監督やラース・フォン・トリアー監督へのインタビューが日本でも刊行されたスティーグ・ビョークマン。イングリッド・バーグマンと同じくスウェーデン出身で、「リリーのすべて」で第88回アカデミー賞助演女優賞を獲得したアリシア・ヴィキャンデルがナレーションを担当している。劇場公開に先立ち、第28回東京国際映画祭パノラマ部門にて上映された(上映日:2015年10月26日、28日/映画祭題「イングリッド・バーグマン (仮題)」)。

監督
スティーグ・ビョークマン
出演キャスト
イザベラ・ロッセリーニ イングリッド・ロッセリーニ ロベルト・ロッセリーニ ピア・リンドストローム
2014年

複製された男

  • 2014年7月18日(金)公開
  • 出演(母親 役)

ノーベル文学賞受賞のポルトガル人作家、ジョゼ・サラマーゴの同名小説をジェイク・ギレンホール主演で映画化したミステリー。ある日見た映画の中に自分とそっくりな俳優を見つけた歴史教師が体験する、悪夢のような出来事が描かれる。監督はアカデミー賞外国語映画賞候補にもなった『灼熱の魂』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。

監督
ドゥニ・ビルヌーブ
出演キャスト
ジェイク・ギレンホール メラニー・ロラン サラ・ガドン イザベラ・ロッセリーニ

New York 結婚狂騒曲

  • 2014年1月18日(土)公開
  • 出演(ボールベッカー夫人 役)

ニューヨークを舞台に、ラジオの女性パーソナリティーと2人の男性との三角関係を描くラブ・コメディ。監督は、「プラクティカル・マジック」のグリフィン・ダン。出演は、「キル・ビル」のユマ・サーマン、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、ドラマ『スーパーナチュラル』のジェフリー・ディーン・モーガン。

監督
グリフィン・ダン
出演キャスト
ユマ・サーマン コリン・ファース ジェフリー・ディーン・モーガン サム・シェパード
2012年

チキンとプラム あるバイオリン弾き、最後の夢

  • 2012年11月10日(土)公開
  • 出演(パルヴィーン 役)

自伝的コミックを映画化し、カンヌ国際映画祭審査員賞に輝いた『ペルセポリス』のマルジャン・サトラピが、自作を初めて実写映画化したせつないラブストーリー。バイオリンを壊されて死ぬ決意をした天才音楽家が、自身の人生を振り返る様を幻想的な映像とともにつづる。主演は『潜水服は蝶の夢を見る』のマチュー・アマルリック。

監督
マルジャン・サトラピ ヴァンサン・パロノー
出演キャスト
マチュー・アマルリック マリア・デ・メディロス イザベラ・ロッセリーニ キアラ・マストロヤンニ

最高の人生をあなたと

  • 2012年2月4日(土)公開
  • 出演(メアリー 役)

結婚30年を経て、孫も生まれた夫婦が60歳を前に立ち止まって人生を見つめ直す姿をほろ苦く描いたドラマ。出演は「ブルーベルベット」のイザベラ・ロッセリーニ、「ロビン・フッド」のウィリアム・ハート。ギリシアの名匠コスタ=ガヴラスを父に持つ「ぜんぶ、フィデルのせい」のジュリー・ガヴラス監督の長編第2作。

監督
ジュリー・ガヴラス
出演キャスト
イザベラ・ロッセリーニ ウィリアム・ハート ドリーン・マントル ケイト・アシュフィールド
2003年

CAPA in Love&War

  • 2003年6月7日(土)公開
  • 出演(Herself 役)

20世紀最大の報道写真家として知られるロバート・キャパ。40歳で戦場で命を落としたキャパの写真の数々と、複数の関係者のインタビューから、彼の知られざる一面を紹介するドキュメンタリー。

監督
アン・メイクピース
出演キャスト
イザベラ・ロッセリーニ スティーヴン・スピルバーグ アンリ・カルティエ・ブレッソン

ふたりのトスカーナ

  • 2003年2月15日(土)公開
  • 出演(Katshen 役)

本国イタリアをはじめ、各国の映画祭で高い評価を得た珠玉の人間ドラマ。孤児となった幼い姉妹の、田舎での新生活と戦争の悲劇を、姉の視点をとおして描く感動作だ。

監督
アンドレア・フラッツィ アントニオ・フラッツィ
出演キャスト
イザベラ・ロッセリーニ ジェローン・クラッペ ヴェロニカ・ニッコライ ラーラ・カンポリ
1997年

フューネラル

  • 1997年5月24日(土)公開
  • 出演(Clara 役)

マフィア三兄弟の三男の葬式をめぐり、兄弟がたどる“血”の宿命の悲劇を描いたシリアス・ドラマ。監督は「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」「アディクション」のニューヨーク・インディーズ派の鬼才アベル・フェラーラ。製作は「バッド・ルーテナント」のメアリー・ケーン、製作総指揮はマイケル・チェンバーズとパトリック・パンツァレラ。アソシエイト・プロデューサーは「アディクション」のラッセル・シモンズと同作に続いて本作でもヒロインもつとめるアナベラ・シオラ、ジェイ・キャノルドの共同。共同製作はランドール・サブサワ。脚本のニコラス・セント・ジョン、撮影のケン・ケルシュ、音楽のジョー・デリアはデビュー作以来フェラーラを支えてきた常連スタッフ。美術はチャールズ・M・ラゴーラ、編集は「アディクション」のメイイン・ロ、ビル・パンコウの共同、衣裳は「アディクション」のメリンダ・エセルマン。出演は「キング・オブ・ニューヨーク」「アディクション」でフェラーラと組んだクリストファー・ウォーケン、「トゥルー・ロマンス」のクリス・ペン、「グッドフェローズ」のヴィンセント・ギャロ、「最高の恋人」「アディクション」のアナベラ・シオラ、「シェフとギャルソン,リストランテの夜」のイザベラ・ロッセリーニ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。96年ヴェネチア映画祭助演男優賞受賞(クリス・ペン)。

監督
アベル・フェラーラ
出演キャスト
クリストファー・ウォーケン クリス・ペン ヴィンセント・ギャロ アナベラ・シオラ

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イザベラ・ロッセリーニ