映画-Movie Walker > 人物を探す > シン・フイオン

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2015年 まで合計9映画作品)

2013年

影なきリベンジャー 極限探偵C+

  • 2013年5月3日(金)
  • 出演

「コールド・ウォー 香港警察 二つの正義」のアーロン・クォックが、タイの中華街を舞台に殺人事件を追う探偵を演じるミステリーシリーズ第1弾。「the EYE アイ」のオキサンド&ダニー・パン兄弟が製作、兄オキサイドが監督・脚本を務めている。他の出演は、「バレット・ヒート 消えた銃弾」のリウ・カイチー。

監督
オキサイド・パン
出演キャスト
アーロン・クォック リウ・カイチー ラウ・スーミン シン・フイオン
1997年

恋する天使

  • 1997年3月29日(土)
  • 出演(Father Robin 役)

敬虔だが恋多き神父と夜の女が織りなす恋の鞘当てを描いたラヴ・コメディ。監督・脚本は80年代以降の香港ニュー・ウェーヴ・シーンを支えた才人ツイ・ハーク。主演コンビは「金玉満堂/決戦!炎の料理人」でもツイ・ハークと組んだレスリー・チャンとアニタ・ユンで、「君さえいれば/金枝玉葉」などでも息のあったところを見せた二人のかけ合いが絶妙。撮影はアーサー・ウォンと「天使の涙」などウォン・カーウァイ作品でおなじみの名手クリストファー・ドイル。音楽は「ペディキャブ・ドライバー」のローウェル・ロー。共演は「つきせぬ想い」でアニタ・ユンと共演したラウ・チェンワン、「金玉満堂」で悪の料理人を演じたツイ・ハーク作品の常連ホン・ヤンヤンほか。

監督
ツイ・ハーク
出演キャスト
レスリー・チャン アニタ・ユン ラウ・チンワン ション・シンシン

エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス

  • 1997年3月29日(土)
  • 出演(ヤクザ 役)

猛毒病原菌“エボラ菌”に感染した犯罪者が香港中を徘徊し、特殊な免疫のある本人は知らないままに、周囲をパニックに陥れる姿を猟奇趣味たっぷりに描いた、グロテスクな異色サスペンス。猟奇映画ブームを巻き起こした『八仙飯店人肉饅頭』(V)で一躍注目を集めた俳優アンソニー・ウォンと、監督のハーマン・ヤウが、香港の娯楽王バリー・ウォンの製作のもと、再びコンビを組んだ。共演は「恋する天使」のセン・フイオンほか。「スーパークレイジー極悪列伝」として2015年8月1日よりヒューマントラストシネマ渋谷にて上映された。

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンソニー・ウォン シン・フイオン ワン・イェンミン ロー・マン

欲望の街 古惑仔I 銅鑼湾(コーズウェイベイ)の疾風

  • 1997年1月25日(土)
  • 出演(友情出演 役)

香港の黒社会をクールに生き抜くチンピラ青年たちの活躍をスタイリッシュに描いた青春群像劇。ベストセラー漫画『古惑仔』(日本未発売)の映画化で、96年1月(旧正月)に公開されるや若年層の支持を受けて大ヒット、4月に第二弾「欲望の街 古惑仔II/台湾立志伝」、7月に第三弾『新・欲望の街 古惑仔疾風、再び』と半年間にシリーズ3作が製作されるほどの人気を集めた。監督・撮影・プロデュースは「男たちの挽歌4」など撮影監督としても活躍するアンドリュー・ラウで、『男たちの挽歌・外伝』(V、95)に次ぐ監督作となる。製作は「男たちの挽歌4」のバリー・ウォン。脚本は『夢中人』(V)などのマンフレッド・ウォンとシャーロン・ホイ、音楽はクラレンス・ホイ、美術はリー・ピックワン、編集は「男たちの挽歌4」のマー・コーがそれぞれ担当。出演は「男たちの挽歌4」『男たちの挽歌・外伝』(V)でラウと組んだチェン・イーキンをはじめ、アイドル・トリオ“風火海”のメンバーで「君さえいれば/金枝玉葉」のチャン・シウチョン、「ザ・ブレード」のマイケル・ツェーとジェイソン・チューと、人気アーティスト、ジャン・ラムの弟でDJとしても活躍するジェリー・ラムの五人組のほか、共演は「白髪魔女伝」のン・チャンユー、バイプレーヤーとして活躍するン・チーホン、ラム・ソーンイー、セン・フイオン、『酔拳3』(V)のサイモン・ヤム、人気アイドルのジジ・ライなど。

監督
アンドリュー・ラウ
出演キャスト
イーキン・チェン ジョーダン・チャン ジェリー・ラム マイケル・ツェー
2015年

八仙飯店之人肉饅頭

  • 2015年8月1日(土)
  • 出演

マカオで実際に起こった猟奇殺人事件を基にしたスプラッターホラー。海岸からバラバラ死体が発見され、ウォンという男が逮捕された。彼は雇い主一家を殺し、バラバラにして饅頭の具に混ぜて客に食わせていたと自供し始めた。2016年8月1日より開催された特集上映『III級片(スーパークレイジー)極悪列伝』にて劇場初公開された。【スタッフ&キャスト】監督:ハーマン・ヤウ 製作・出演:ダニー・リー 出演:アンソニー・ウォン/ラウ・スーミン/クァン・ボーウァイ/ハグマン・ウォン

監督
ハーマン・ヤウ
出演キャスト
アンソニー・ウォン ダニー・リー ラウ・スーミン クァン・ボーウァイ
1994年

真説エロティック・ゴーストストーリー

  • 1994年1月31日(月)
  • 出演

中国古典を題材にした怪談話を、エロティックに味付けしたアクション映画。シリーズ第3作だが、日本ではこの作品のみが劇場公開された(他はビデオ発売)。監督はガイ・ライ、脚本はコウ・ユンヤッで、SFXは日本から佐川和夫が参加している。出演は陳寶蓮、成奎安のほか、日本のAV女優、大友梨奈、丹沢亜紀が出演している。

監督
ガイ・ライ
出演キャスト
チャン・ポーリン シン・フイオン 黄徳斌 チー・チンウェン

仁義なき抗争

  • 1994年10月22日(土)
  • 出演(マディ 役)

「暗黒英雄伝」ほか日本でも公開作品が目白押しのアンディ・ラウ関係作品の1編。最近アジアへの進出が噂される日本のヤクザと香港映画おなじみの黒社会の物語を組み合わせた香港ノワールである。主演はアンディ・ラウではなく、監督もつとめているチャーリー・チャン、アレックス・マンの2人の人気中年俳優で、アンディはもっぱら狂言回し的な役どころである。共演は「九龍帝王 ゴッド・オブ・クーロン」のン・マンタッ、「ゴッド・ギャンブラー」のセン・フイオン、レジーナ・ケント、スーザン・シウら。またプロデューサーとして知られるアラン・タンが友情出演している。

監督
チャーリー・チャン
出演キャスト
アンディ・ラウ アレックス・マン チャーリー・チャン レリー・ユー
1990年

狼 男たちの挽歌・最終章

  • 1990年1月13日(土)
  • 出演(Johnny 役)

ひとりの女性を傷つけたことで、本来の人間性に目覚めてゆくある殺し屋の姿を描いた香港ノワール。製作はツイ・ハーク、監督・脚本は「男たちの挽歌II」のジョン・ウー、撮影はウォン・ウィン・ハンとピーター・パオ、音楽はローウェル・ローが担当。出演はチョウ・ユンファ、ダニー・リーほか。

監督
ジョン・ウー
出演キャスト
チョウ・ユンファ ダニー・リー サリー・イップ チュウ・コン
1988年

愛と復讐の挽歌

  • 1988年2月11日(木)
  • 出演

愛する者を失った2人の男がかつての仲間を敵に回して繰り広げる戦いを描く香港ノワール。エクゼキュティヴ・プロデューサー・製作はジョニー・マック、共同製作にヒョン・ワセン。監督は本作品がデビューのテイラー・ウォン。脚本は蕭若元と文雋、撮影は林亞杜と古國華、音楽は陳永亮が担当。出演は「男たちの挽歌」のチョウ・ユンファ、アレックス・マン、アンディ・ラウ、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のカリーナ・ラウなど。

監督
テイラー・ウォン
出演キャスト
チョウ・ユンファ アレックス・マン アンディ・ラウ ダニー・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シン・フイオン