映画-Movie Walker > 人物を探す > マノエル・ド・オリヴェイラ

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2015年 まで合計22映画作品)

2015年

アンジェリカの微笑み

  • 2015年12月5日(土)公開
  • 監督、脚本

2015年に他界したマノエル・ド・オリヴェイラ監督が、半世紀以上温めた脚本を直し101歳の時に撮り上げた幻想譚。早世した女性の撮影のため青年がカメラを向けると、死んでいるはずの彼女に微笑みかけられ、その美しさの虜になる。オリヴェイラ監督の孫で「ブロンド少女は過激に美しく」「夜顔」など数々のオリヴェイラ作品に出演するリカルド・トレパが不思議な愛に没頭するユダヤ人青年を、魅惑の微笑みを浮かべる死んだ女性を「シルビアのいる街で」「女王フアナ」のピラール・ロペス・デ・アジャラが演じる。第63回カンヌ国際映画祭『ある視点』部門上映作品。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
リカルド・トレパ ピラール・ロペス・デ・アジャラ レオノール・シルヴェイラ ルイス・ミゲル・シントラ
2014年

家族の灯り

  • 2014年2月15日(土)公開
  • 監督、脚本

ポルトガルの作家ラウル・ブランダンの戯曲を基に「ブロンド少女は過激に美しく」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督が映画化。小さな港町を舞台に、失踪した息子の帰りを待ちわびる父と母、妻の姿を描く。出演は「楽園からの旅人」のマイケル・ロンズデール、「ブーベの恋人」のクラウディア・カルディナーレ、「突然炎のごとく」のジャンヌ・モロー、「永遠の語らい」のレオノール・シルヴェイラ、「ブロンド少女は過激に美しく」のリカルド・トレパ、「ノン、あるいは支配の空しい栄光」のルイス・ミゲル・シントラ。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
マイケル・ロンズデール クラウディア・カルディナーレ ジャンヌ・モロー レオノール・シルヴェイラ
2013年

春の劇

  • 2013年7月13日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、撮影、編集、録音

ポルトガルの山村クラリェで16世紀に書かれたテキストに基づいて上演されるキリスト受難劇を記録したドキュメンタリー。監督はマノエル・ド・オリヴェイラ。2010年9月17日より、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催された「ポルトガル映画祭2010 マノエル・ド・オリヴェイラとポルトガル映画の巨匠たち」にて日本初上映。2013年7月13日より、東京・ユーロスペースにて開催された「『熱波』(ミゲル・ゴメス監督作品)公開記念 ポルトガル映画の巨匠たち」にて上映。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ニコラウ・ヌネス・ダ・シルヴァ エルメリンダ・ピレシュ マリア・マダレーナ
2010年

カニバイシュ

  • 2010年9月19日(日)公開
  • 監督、脚本

三角関係にある子爵が開催した晩餐会での驚愕の展開を描くオペラ・ブッファ作品。監督はマノエル・ド・オリヴェイラ。出演はルイス・ミゲル・シントラ、レオノール・シルヴェイラ、ディオゴ・ドーリアほか。2010年9月17日より、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催された「ポルトガル映画祭 2010」にて上映。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ルイス・ミゲル・シントラ レオノール・シルヴェイラ ディオゴ・ドーリア

過去と現在 昔の恋、今の恋

  • 2010年9月18日(土)公開
  • 監督、脚本

事故死した最初の夫への想いを募らせ、現在の夫に心を開こうとしない妻を中心に、過去と現在、死者と生者の間を交差する奇妙な愛を描くドラマ。ヴィンセンテ・サンチェスの同名戯曲を「アニキ・ボボ」のマノエル・ド・オリヴェイラ監督が映画化。オリヴェイラ監督の「挫折した愛の四部作」の第一部。出演はマリア・ド・サイセット、マヌエラ・ド・フレイタス、ペドロ・ピニェイロほか。2010年9月17日より、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催された「ポルトガル映画祭 2010」にて上映。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
マリア・ド・サイセット マヌエラ・ド・フレイタス ペドロ・ピニェイロ

アニキ・ボボ

  • 2010年9月17日(金)公開
  • 監督、脚本

陽光降り注ぐポルトガルの港町を舞台に、同じ少女に恋した二人の少年を描くドラマ。ネオレアリズモの先駆的作品。監督はマノエル・ド・オリヴェイラで本作がデビュー作。出演はナシメント・フェルナンデス、フェルナンダ・マトス、オラシオ・シルヴァほか。2010年9月17日より、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催された「ポルトガル映画祭 2010」にて上映。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ナシメント・フェルナンデス フェルナンダ・マトス オラシオ・シルヴァ

コロンブス 永遠の海

  • 2010年5月1日(土)公開
  • 監督、出演(マヌエル・ルシアーノ 役)

大航海時代の偉人コロンブスの出生の謎を通して、ポルトガル人の海の彼方への憧れ、ロマンティシズムを描いた「アブラハム渓谷」のマノエル・デ・オリヴェイラ監督作品。監督本人と妻のマリア・イザベルが老夫婦を演じるほか、監督の孫であり「夜顔」のリカルド・トレパらが出演している。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
リカルド・トレパ レオノール・バルダック マノエル・ド・オリヴェイラ マリア・イザベル・ド・オリヴェイラ

ノン、あるいは支配の空しい栄光

  • 2010年4月17日(土)公開
  • 監督、脚本、編集

ポルトガルの詩人ルイス・ド・カモンイスの『ウス・ルジアダス』をベースに、各時代の英雄たちの戦いや死を通して、ポルトガルの栄光と敗北の歴史を描き出す。監督は、「夜顔」のマノエル・デ・オリヴェイラ。出演は、「階段通りの人々」のルイス・ミゲル・シントラ、「世界の始まりへの旅」のディオゴ・ドリア。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
ルイス・ミゲル・シントラ ディオゴ・ドリア ミゲル・ギレルメ ルイス・リュカ
2008年

それぞれのシネマ「唯一の出会い」

  • 2008年5月17日(土)公開
  • 監督

『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ
2007年

夜顔

  • 2007年12月15日(土)公開
  • 監督、脚本

ルイス・ブニュエル監督の名作「昼顔」の登場人物たちのその後を描く風変わりなドラマ。夫婦の友人アンリを前作同様、ミシェル・ピコリが演じているのが興味深い。

監督
マノエル・デ・オリヴェイラ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ ビュル・オジエ リカルド・トレパ レオノール・バルダック

関連ニュース

102歳の大巨匠が見出した新鋭ブロンド美女に注目
102歳の大巨匠が見出した新鋭ブロンド美女に注目(2010年10月3日)

少し前ならば『レオン』(94)のナタリー・ポートマン、最近では『つぐない』(07)のシアーシャ・ローナンなど、スクリーンのなかで鮮烈な印象を放つ少女たち。そんな…

御歳101歳!世界最高齢の映画監督が最新作で描きたかったこととは!?
御歳101歳!世界最高齢の映画監督が最新作で描きたかったこととは!?(2010年4月29日)

5月1日(土)から公開される『コロンブス 永遠の海』のマノエル・デ・オリヴェイラ監督はなんと、御歳101歳という世界最高齢の現役映画監督だ! 1908年生れのオ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マノエル・ド・オリヴェイラ