映画-Movie Walker > 人物を探す > イーサン・ホーク

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2019年 まで合計34映画作品)

2019年

真実

『万引き家族』で第71回カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞した是枝裕和監督が、全編フランスで撮影した自身初の国際共同製作映画。国民的大女優の母が自伝本を出版したことをきっかけに、娘との間に隠された心の闇が暴かれていく。主演はフランス映画界の至宝とも呼ばれる名女優カトリーヌ・ドヌーヴ。その娘役をジュリエット・ビノシュ、娘婿役をイーサン・ホークが務める。

監督
是枝裕和
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ ジュリエット・ビノシュ イーサン・ホーク リュディヴィーヌ・サニエ
2018年

リグレッション

  • 2018年9月15日(土)公開
  • 出演(Bruce Kenner 役)

スペインの鬼才アレハンドロ・アメナーバル監督が、80年代にアメリカで起きた悪魔崇拝者による事件を基に描くサスペンス・スリラー。父親からの虐待を告発した少女の取り調べを始めた刑事が、事件の裏に潜む巨大な闇の存在に迫っていく姿がつづられる。刑事をイーサン・ホーク、被害者の少女をエマ・ワトソンが演じる。

監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演キャスト
イーサン・ホーク エマ・ワトソン デヴィッド・シューリス デヴィッド・デンシック

リチャード・リンクレイター 職業:映画監督

  • 2018年7月14日(土)公開
  • 出演

「ビフォア」シリーズや「6才のボクが、大人になるまで。」などで高い評価を受け、「スクール・オブ・ロック」といったコメディ映画やアニメ「ウェイキング・ライフ」など、幅広いジャンルの作品を手がける映画監督リチャード・リンクレイターの足跡をたどるドキュメンタリー。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018および特集『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2018』にて上映。

監督
ルイス・ブラック カレン・バーンスタイン
出演キャスト
リチャード・リンクレイター ジャック・ブラック イーサン・ホーク マシュー・マコノヒー

リミット・オブ・アサシン

  • 2018年6月16日(土)公開
  • 出演

スタントマンから転身したブライアン・スムルツが監督、イーサン・ホークが息を吹き返す殺し屋を演じたSFアクション。24時間の期限付きで蘇生させられたトラヴィスは、家族も命も失ってもなお自分は組織にとって捨て駒に過ぎないと悟り、復讐を仕かける。「ジョン・ウィック」シリーズのベイジル・イヴァニク、「ヴァレリアン 千の惑星の救世主 」のマーク・ギャオやグレゴリー・ウェノンらが製作として参加。共演は「LOOPER/ルーパー」のシュイ・チン、「ブレードランナー」のルトガー・ハウアーほか。

監督
ブライアン・シュメルツ
出演キャスト
イーサン・ホーク ルトガー・ハウアー シュイ・チン リーアム・カニンガム

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

  • 2018年3月3日(土)公開
  • 出演(エベレット・ルイス 役)

色彩豊かで素朴なタッチの絵柄で人気の女性画家、モード・ルイス。カナダで最も有名な画家と言われる彼女の半生を描く、サリー・ホーキンス主演の人間ドラマ。孤独だった男女が出会い、夫婦の絆と確かな幸せを手に入れようとする姿がつづられる。無骨だが、妻を懸命に支えようとするモードの夫をイーサン・ホークが演じる。

監督
アシュリング・ウォルシュ
出演キャスト
サリー・ホーキンス イーサン・ホーク カリ・マチェット ガブリエル・ローズ
2016年

ブルーに生まれついて

  • 2016年11月26日(土)公開
  • 出演(Chet Baker 役)

1950年代に興隆したウエストコースト・ジャズシーンで一時代を築いたトランペッター、チェット・ベイカーの転落と再生を綴る伝記ドラマ。一世を風靡したチェットは、やがて麻薬に溺れトラブルを頻発。どん底の彼を変えたのは、ある女性との出会いだった。短編「The Deaths of Chet Baker」(未)でチェットの死を追ったロバート・バドロー監督が、再び彼の人物像に迫る。主演は「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク。6ヶ月に及びトランペットを集中トレーニングし撮影に臨んだ。また、名曲『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』の歌も披露する。劇場公開に先駆け、第28回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映された(上映日:2015年10月24日、26日、28日)。

監督
ロバート・バドロー
出演キャスト
イーサン・ホーク カルメン・イジョゴ カラム・キース・レニー スティーヴン・マクハティ

シーモアさんと、大人のための人生入門

  • 2016年10月1日(土)公開
  • 監督

俳優のイーサン・ホークが自ら監督を務め、89歳のピアノ教師、シーモア・バーンスタインの魅力に迫るドキュメンタリー。一流のピアニストとして活躍しながらも、50歳で現役を引退、その後をピアノ教師として生きたシーモアの波乱の生涯が明らかになる。数々の経験を重ねて辿り着いたシーモアの温かくシンプルな生き方は、今を生きる人々に大切なことを教えてくれる。

監督
イーサン・ホーク
出演キャスト
シーモア・バーンスタイン マイケル・キンメルマン アンドリュー・ハーヴェイ ジョセフ・スミス
2015年

アナーキー

  • 2015年6月13日(土)公開
  • 出演(ヤーキモー 役)

「ハムレット」のマイケル・アルメレイダ監督が、再びシェイクスピアの戯曲を映画化。『シンベリン』を基に舞台を現代に移し、ギャングと警察の抗争が激化する中、運命に翻弄される男女の姿を描く。出演は「6才のボクが、大人になるまで。」のイーサン・ホーク、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のエド・ハリス、「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン。

監督
マイケル・アルメレイダ
出演キャスト
イーサン・ホーク エド・ハリス ミラ・ジョヴォヴィッチ ジョン・レグイザモ
2013年

クロッシング・デイ

  • 2013年2月23日(土)公開
  • 出演(ポーリー 役)

「ラストキャッスル」や数々のテレビドラマに出演したブライアン・グッドマンが、最悪の治安と言われるアメリカ・サウスボストンで育った自らの生い立ちを描いた犯罪ドラマ。脚本・出演も担当した本作が初監督作品となる。出演は「キッズ・オールライト」で第83回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマーク・ラファロ、「トレーニング・デイ」で第74回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされたイーサン・ホークといった実力派二人が、暗黒街から抜け出せない幼馴染み同士を演じる。ほか、「ガリバー旅行記」のアマンダ・ピート、「ミスティック・リバー」のウィル・ライマンらが出演。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2013』にて上映。一般公開2013年2月23日。

監督
ブライアン・グッドマン
出演キャスト
マーク・ラファロ イーサン・ホーク アマンダ・ピート ウィル・ライマン
2008年

その土曜日、7時58分

  • 2008年10月11日(土)公開
  • 出演(ハンク・ハンソン 役)

「セルピコ」などの巨匠シドニー・ルメットが手がけた犯罪劇。思わぬ誤算によって破滅していく兄弟とその両親の運命を、人間の心の闇を鋭くえぐりながら映し出す。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
フィリップ・シーモア・ホフマン イーサン・ホーク マリサ・トメイ アルバート・フィニー

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イーサン・ホーク