映画-Movie Walker > 人物を探す > タリー・マーシャル

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1933年 まで合計77映画作品)

1923年

そら行け!

  • 1923年
  • 出演(Erza_Sprowl 役)

フィル・ゴールドストーン社からトルーアート社へ移ったリチャード・タルマッジの第1回作品で、ウィリアム・K・ハワードの監督、アイリーン・パーシー、ジョージ・ニコルズ等が対手役である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
リチャード・タルマッジ アイリーン・パーシー ジョージ・ニコルズ タリー・マーシャル

混線婿君

  • 1923年
  • 出演(John_Ingram 役)

エドワード・ポールトン氏原作の舞台劇に基づきF・マッグルー・ウィリス氏が脚色し、ジョン・マクダーモット氏が監督したもの。主役は「荒れ狂う猛将」「黄金の誘惑」等に出演したオーエン・ムーア氏と「バヴー」「悪魔(1921)」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢でその他に「人魚は踊る」等出演のシド・チャップリン氏「固唾を呑んで」等出演のタリー・マーシャル氏等が出演している。

監督
ジョン・マクダーモット
出演キャスト
オーエン・ムーア シドニー・チャップリン シルヴィア・ブリーマー タリー・マーシャル

女は曲者

  • 1923年
  • 出演(Adam_Patch 役)

スコット・フィッツジェラルド原著の小説「美しく、呪はれしもの」に基づき、オルガ・ブリンツロウが脚色し、「唖も語る」と同じくウィリアム・A・サイターが監督した。主役は「結婚とは」出演のマリー・プレヴォーと「天空征服」「唖も語る」等出演のケネス・ハーラン「結婚とは」等出演のハリー・マイヤースで、その他良い役割である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
マリー・プレヴォー ケネス・ハーラン ハリー・マイヤース タリー・マーシャル
1922年

見捨てられた女

  • 1922年
  • 出演(The_Squire 役)

リチャード・タルマッジ作品を発売していたフィル・ゴールドストーン社から発売された映画で、ベシー・ラヴ嬢が主役を演じている。相手役はタリー・マーシャル氏とウィリアム・スコット氏。原作はピアース・キングスリー氏作の舞台劇で、グレイス・ミラー・ホワイトー・ホワイト女史によって書物にも書かれた程有名なものである。

監督
ウィリアム・K・ハワード A・ケレーヤ
出演キャスト
ベッシー・ラブ バーバラ・テナント ユーラリー・ジェンセン ウィリアム・スコット

ペンロッド

  • 1922年
  • 出演(Mr._Schofield 役)

「クラレンス」「危険なる処女時代」等の原作者ブース・ターキントンの原作になる少年劇で、マーシャル・ニーランが「豪勇ボッブ」「人生の姿」に続いて製作したもの。主役は「豪勇ボッブ」「鳥人獣人」等出演の雀斑バリー君で、その他クララ・ホートン、マージョリー・ドウ等の美しいところや、ユ社の喜劇でお馴染みのベビー・ペギー・ジェーン、老巧なところでクレア・マクドウェル、タリー・マーシャル等、なかなか立派な役割である。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ウェズリー・バリー タリー・マーシャル クレア・マクドウェル マージョリー・ドゥ

転手古舞

  • 1922年
  • 出演(Amos_Camby 役)

アール・ディア・ビッガース氏の「ジョン・ヘンリー譚」中の1節を映画化した喜劇で、エドワード・ホートン氏が主演し東洋人役で知られたタリー・マーシャル氏が助演し、「一騎当千の男」其他出演のエセル・グレイ・テリー嬢が相手役を勤めている。監督はジェス・ロビンス氏。

監督
ジェス・ロビンス
出演キャスト
エドワード・ホートン エセル・グレイ・テリー タリー・マーシャル ジョン・ステップリング

紅涙の女

  • 1922年
  • 出演(The_Store_Manager 役)

チャールズ・E・ブラニー原作の舞台劇に基づき、エドワード・ルサンが脚色及び監督をした社会劇で、主役は「バヴー」「跫音」等出演のエステル・テイラー、「愚なる妻」出演のメイ・ブッシュ、「烈風豪雨の夜」「ロビン・フッド(1922)」等出演のウォーレス・ビアリー等で、新進のウィリアム・スコットや、「冬の胡蝶」等出演のジェームズ・モリソン等も重要な役を演じる。

監督
エドワード・ルサン
出演キャスト
エステル・テイラー メイ・ブッシュ ウォーレス・ビアリー ウィリアム・スコット

結婚は失敗か

  • 1922年
  • 出演(Amos_Saxby 役)

未封切の「ふるさとの家」等同様ジェームズ・クルーズ氏の監督作品で、オスカー・ブラメンソール氏グスタヴ・カデルベルグ氏合作の戯曲「開いた扉」 The Open Doorから取ったレオ・ディトリッヒスタイン氏の譚りに更にウォルター・ウッズ氏が映画脚色を行ったものである。ライラ・リー嬢ロイス・ウィルソン嬢ザス・ピッツ嬢・タリー・マーシャル氏アドルフ・マンジュウ氏ウォルター・ハイアース等の例によって素晴らしい顔振れである。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ ライラ・リー ロイス・ウィルソン ウォルター・ハイアース

男の誓

  • 1922年
  • 出演(Samuel_McAllister 役)

リリアン・ベネット・トムンプソンの原作を、「或る愚者有りき」「巌窟王(1922)」等と同じくバーナード・マッコンヴィルが脚色、エメット・フリンが監督したもので、主役は「苦役二十年」「沈黙の価値」等と同じくウィリアム・ファーナムで、対手役にはパラマウントのスターなるロイス・ウィルソンが扮し、悪役として有名なロバート・マッキム、フレッド・コーラーも出演する。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ウィリアム・ファーナム ロイス・ウィルソン ロバート・マッキム ハーディー・カークランド

生命を弄ぶ男

  • 1922年
  • 出演(Timothy_Lamb 役)

ハンプトン・デル・ルースが原作及び監督をしたアメリカン・リリージング社の映画で、「アダムズ・リブ」「魂は帰り行く」その他で近頃売り出しのミルトン・シルスや性格俳優のヘンリー・B・ウォルソール、「恐怖の一夜」「新三銃士」等出演のアルタ・アレン、「ロジタ(1923)」「結婚とは」等出演のアイリーン・リッチ等という良い役割である。

監督
ハンプトン・デル・ルース
出演キャスト
アルタ・アレン ミルトン・シルス ヘンリー・B・ウォルソール タリー・マーシャル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
決算!忠臣蔵
決算!忠臣蔵

堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ

アナと雪の女王2
アナと雪の女王2

2014年に日本公開されたディズニーの人気アニメーション『アナと雪の女王』の続編

アイリッシュマン
アイリッシュマン

マーティン・スコセッシ監督×ロバート・デ・ニーロ主演、実在した殺し屋の半生を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > タリー・マーシャル