映画-Movie Walker > 人物を探す > ルネ・オーベルジョノワ

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1991年 まで合計9映画作品)

1991年

リトル・マーメイド

  • 1991年7月20日(土)公開
  • 出演(Louis 役)

アンデルセンの名作童話に材を得た、ウォルト・ディズニー・スタジオ28本目の長編アニメーション映画。監督・脚本は「オリビアちゃんの大冒険」のロン・クレメンツとジョン・マスカーが共同で担当。作曲は「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」のアラン・メンケン。作詞はプロデューサーも務めたハワード・アシュマン。両者が作り上げた7曲の歌のうち「アンダー・ザ・シー」が90年度アカデミー賞主題歌賞受賞。また同年同賞のオリジナル・スコア賞も本作が受賞している。声の出演は、ジョディ・ベンソン、サム・ライト、パット・キャロルほか。

監督
ジョン・マスカー ロン・クレメンツ
出演キャスト
ジョディ・ベンソン Cheistopher Daniel Barnes ケネス・マース サミュエル・E・ライト
1988年

ウォーカー(1987)

  • 1988年12月23日(金)公開
  • 出演(Major_Siegfried_Henningson 役)

19世紀中頃、アメリカの植民地政策の命によりニカラグアヘ遠征し、テロ統治によって独裁者となったウィリアム・ウォーカーの半生を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・R・プレスマン、製作はロレンツォ・オブライエンとアンヘル・フローレンス・マリーニ、監督は「シド・アンド・ナンシー」のアレックス・コックス、脚本はルディ・ワーリッツァー、撮影はデイヴィッド・ブリッジス、音楽はジョー・ストラマーが担当。出演は「アラモベイ」のエド・ハリス、「愛は静けさの中に」のマーリー・マトリンほか。

監督
アレックス・コックス
出演キャスト
エド・ハリス マーリー・マトリン リチャード・メイサー ルネ・オーベルジョノワ

ティーンバンパイヤ

  • 1988年4月9日(土)公開
  • 出演(Modoc 役)

美女の誘惑にあい、バンパイアになってしまった普通の少年の恐怖を描くボラー・コメデイ。エグゼクティヴ・プロデューサーはデニス・マーフィ、製作はスティーブン・フリードマン、監督はジミー・ヒューストン、脚本はダブ・マーフィ、撮影はジェームズ・バートル、音楽はスティーブ・ドーフが担当。出演はロバート・ショーン・レナードほか。

監督
ジミー・ヒューストン
出演キャスト
ロバート・ショーン・レナード シェリル・ポラック ルネ・オーベルジョノワ
1978年

アイズ(1978)

  • 1978年10月14日(土)公開
  • 出演(Donald_Phelps 役)

ニューヨークの華やかなファッション界を背景に著名な女流ファッション・カメラマンをめぐって起こる怪奇な連続殺人事件を描くサスペンス映画。製作総指揮はジャック・H・ハリス、製作は「スター誕生(1976)」のジョン・ピータース、監督は「サウス・ダコタの戦い」のアーヴィン・カーシュナー、脚本はジョン・カーペンターの原案を基に彼とデイビッド・ツェラグ・グッドマンが担当。撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はアーティ・ケーン、テーマ・ソングを歌うのはバーブラ・ストライサンド。編集はマイケル・カーン、衣裳はセオニ・V・アルドレッジ、製作デザインはジーン・キャラハンが各々担当。出演は「さすらいの航海」のフェイ・ダナウェイ、トミー・リー・ジョーンズ、ブラッド・ダリフ、ルネ・オーベルジョノワ、ポール・ジュリア、フランク・アドニス、リサ・テイラー、ダーレーン・フリューゲル、ローズ・グレゴリオ、ビル・ボッグス、スティーヴ・マラチャック、メッグ・マンディ、マリリン・メイヤースなど。

監督
アーヴィン・カーシュナー
出演キャスト
フェイ・ダナウェイ トミー・リー・ジョーンズ ブラッド・ドゥーリフ ルネ・オーベルジョノワ
1976年

キングコング(1976)

  • 1976年12月18日(土)公開
  • 出演(Bagley 役)

33年に製作された「キング・コング(1933)」の再映画化。南太平洋の孤島に棲息していたキングコングをめぐるスペクタクル映画。製作は「リップスティック」のディノ・デ・ラウレンティス、製作指揮はフェデリコ・デ・ラウレンティスとクリスチャン・フェリー、監督は「タワーリング・インフェルノ」のジョン・ギラーミン、脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はジョン・バリー、美術はマリオ・チアリとデール・ヘネシー、特殊効果は「大地震(1974)」のグレン・ロビンソンが各々担当。出演はジェシカ・ラング、ジェフ・ブリッジス、チャールズ・グローディン、ジョン・ランドルフ、ルネ・オーベルジョノワなど。

監督
ジョン・ギラーミン
出演キャスト
ジェシカ・ラング ジェフ・ブリッジス チャールズ・グローディン ジョン・ランドルフ

弾丸特急 ジェット・バス

  • 1976年12月4日(土)公開
  • 出演(Father_Kudos 役)

全長50メートル、重量75トンという原子力バスの処女運転で捲き起こるパニックを喜劇タッチで描く。製作指揮はマイケルとジュリア・フィリップス、監督はTV出身のジェームズ・フローリー、撮影は「ミッドウェイ」のハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽はデイヴィッド・シャイア、編集はエドワード・A・ワーシルカ・ジュニアが各々担当。出演はジョセフ・ボローニャ、ストッカード・チャニング、ジョン・ベック、ルネ・オーベルジョノワ、ネッド・ビーティ、ボブ・ディシー、ホセ・フェラーなど。

監督
ジェームズ・フローリー
出演キャスト
ジョセフ・ボローニャ ストッカード・チャニング ジョン・ベック ルネ・オーベルジョノワ
1974年

おかしな結婚

  • 1974年2月9日(土)公開
  • 出演(Twitchell 役)

男と女がたどる人生の哀感をコメディ・タッチで描く。製作はジュリアス・J・エプスタイン、監督は「サウンダー」のマーティン・リット、原作はピーター・デブリースの小説「魔法使いのミルク」。脚本はジュリアス・J・エプスタイン、撮影は海洋学者として有名なジャック・イブ・クーストーのドキュメンタリー出身のジョン・A・アロンゾ、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はフランク・ブラクトが各々担当。出演はウォルター・マッソー、テレビ番組「カーネギー・ホールのジュリーとキャロル」で認められた舞台女優キャロル・バーネット、ジェラルディン・ペイジ、バリー・ネルソン、ルネ・オーベルジョノワ、リー・H・モンゴメリー、ヘンリー・ジョーンズ、ケント・スミス、フィリップ・ボールネフ、ティモシー・ブラックなど。

監督
マーティン・リット
出演キャスト
ウォルター・マッソー キャロル・バーネット ジェラルディン・ペイジ バリー・ネルソン
1973年

空中大脱走

  • 1973年2月10日(土)公開
  • 出演(Halden_Brevik 役)

第2次世界大戦、連合軍対ドイツ軍の攻防が一段と激しさを増しつつあったとき、アルプスを背に断崖に守られたドイツ軍収容所からの大脱走を描いた戦争アクション。製作はハーブ・ベネット、監督はフィリップ・リーコック、原作・脚本はデイヴィッド・キッド、撮影はジャック・マータ、音楽はデイヴィッド・ローズが各々担当。出演はダグ・マクルーア、ルネ・オーベルジョヌア、リチャード・ベースハート、チャック・コナーズなど。

監督
フィリップ・リーコック
出演キャスト
ダク・マックルアー ルネ・オーベルジョノワ リチャード・ベイスハート チャック・コナーズ
1972年

ギャンブラー

  • 1972年4月8日(土)公開
  • 出演(Sheehan 役)

荒くれ男どもが集まる開拓期の炭鉱町を舞台に、賭博場を経営する伊達男のギャンブラーと、売春宿の女将を中心に男対男の戦いを描く。製作はデビッド・フォスターとミッチェル・ブロウアー、監督は「バード・シット BIRD★SHIT」のロバート・アルトマン、エドモンド・ノートンの小説「マッケイブ」をアルトマンとブライアン・マッケイが脚色した。撮影は「さすらいのカウボーイ」のヴィルモス・ジグモンド。音楽はレオナード・コーエン、編集はルー・ロンバードが各々担当。出演は「俺たちに明日はない」のウォーレン・ベイティ、「遥か群集を離れて」のジュリー・クリスティ、他にルネ・オーベルジョノワ、ヒュー・ミレース、シェリー・デュヴァルなど。

監督
ロバート・アルトマン
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ ジュリー・クリスティ ルネ・オーベルジョノワ ヒュー・ミレース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルネ・オーベルジョノワ