映画-Movie Walker > 人物を探す > ルーシー・ボーモン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1937年 まで合計16映画作品)

1937年

セイルムの娘

  • 1937年公開
  • 出演(Rebecca_Nurse 役)

「二国旗の下に」「花嫁の感情」のクローデット・コルベールと「テキサス決死隊(1936)」「丘の一本松」のフレッド・マクマレイが主演する映画で、「二国旗の下に」「カヴァルケード」のフランク・ロイドのパラマウントに於ける第1回監督作品である。原作は「コブラ・タンゴ」の脚色者ブラッドリー・キングが書き卸し、キング女史が自らウォルター・フェリス及びダーウォード・グリンステッドと協力脚色した。助演者は「風雲児アドヴァース」のゲイル・ソンダーガード、「僕の脱走記」のハーヴェイ・スティーブンス、「恋のページェンシー」のルイズ・ドレッサー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス及びベニー・バートレット、「この三人」のボニタ・グランヴィル、「丘の一本松」のビューラー・ボンティ、ヴァージニア・ワイドラー、ドナルド・ミーク、その他である。カメラは「花嫁の感情」のレオ・トーヴァーの担当である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
クローデット・コルベール フレッド・マクマレイ ハーヴェイ・スティーブンス ゲイル・ソンダーガード
1936年

悪魔の人形

  • 1936年公開
  • 出演(Mme._Lavond 役)

「噫初恋」「古城の妖鬼」のライオネル・バリモアが主演する映画で、エイブラハム・メリット作の小説に基いてトッド・ブラウニングがストーリーを書き、「肉弾鬼中隊(1934)」のギャレット・フォートが「古城の妖鬼」のガイ・エンドア及びエリッヒ・フォン・シュトロハイムと協力して脚色し、「古城の妖鬼」のトッド・ブラウニングが監督に当たり「ターザンの逆襲」のレナード・スミスが撮影した。助演俳優は「ターザンの逆襲」のモリーン・オサリヴァン、「孤児ダビド物語」のフランク・ロートンを始め、「脱線僧正」のロバート・グリーグ、「嵐の三色旗」のヘンリー・B・ウォルソール、ルーシー・ボーモン、グレイス・フォード等である。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ライオネル・バリモア モーリン・オサリヴァン フランク・ロートン ロバート・グリーグ
1931年

自由の魂(1931)

  • 1931年公開
  • 出演(Grandma_Ashe 役)

「仮染の唇」「結婚双紙」と同じくノーマ・セレト・ジョンの筆になる小説をベッキー・ガーディナーが改作し、「仮染の唇」「結婚双紙」のジョン・ミーハンが撮影台本に組み立て、これに基づいて「アンナ・クリスティ」「インスピレーション」のクラレンス・ブラウンが監督にあたったもので助演者は「私の殺した男」「キートンのエキストラ」のライオネル・バリモア、「無冠の帝王」「秘密の6」のクラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、「滅びゆく凱歌」のジェームズ・グリーソン、ルシー・ボーモンなど。カメラは「アンナ・クリスティ」「仮染の唇」のウィリアム・ダニエルスが担任。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ノーマ・シアラー レスリー・ハワード ライオネル・バリモア クラーク・ゲーブル

頓珍漢丸儲け

  • 1931年公開
  • 出演(Mrs._Talley 役)

「頓珍漢嫁探し」「頓珍漢外交ゼネヴァ」と同じくウィリアム・A・サイターが監督に当たったロバート・ウールジー、バート・ウィーラー主演映画で、ダグラス・マックリーンが書き下ろし「快走艇」「女性暴君」のラルフ・スペンスが脚色下。助演者は「頓珍漢嫁探し」「当たって砕けろ」のドロシー・リーを始め、ルーシー・ボーモン、ジェイソン・ロバーズ、デウィット・ジェニングス、チャールズ・ミドルトン等で、撮影はジャック・マッケンジーの担任である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ロバート・ウールジー バート・ウイーラー ドロシー・リー ルーシー・ボーモン
1929年

坊や

  • 1929年公開
  • 出演(Mother_Thorpe 役)

「シンギング・フール」のソニー・ボーイを演じて発声映画のジャッキー・クーガンといわれるデヴィー・リー君の主演映画で、レオン・ザードー氏の原作を「シンギング・フール」「母なれば」のC・グレアム・ベイカー氏が脚色し、「母よ愚かなれ」のアーチー・L・メイヨ氏が監督、「母なれば」「裁かれる魂」のベン・F・レイノルズ氏が撮影したもの。助演者は「シンギング・フール」「殿様専門娘」ベティー・ブロンソン嬢、「恋の勝馬」「マラソン結婚」のエドワード・エヴァレット・ホートン氏、「燃ゆる人魚」「海洋児クーガン」のガートルード・オルムステッド嬢等を始め、ジョン・マレイ氏、ルシー・ボーモン夫人、ジェッド・プラウティー氏等である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
デヴィー・リー ベティー・ブロンソン エドワード・エヴァレット・ホートン ガートルード・オルムステッド
1928年

悪魔(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Mrs._Wells 役)

「レヴュー時代」のチャールズ・デラニー氏と「ギャング・ワー」のオリーヴ・ボーデン嬢との共演映画で、エドワード・ミーガー氏の原作からスチュアート・アンソニー氏が撮影台本を作りレノード・ホフマン氏が監督したもの。主演者の他にルーシー・ボーモン嬢、ルイ・ナトー氏、クラレンス・バートン氏等が助演している。

監督
レノード・ホフマン
出演キャスト
チャールズ・デラニー ルーシー・ボーモン オリーヴ・ボーデン ルイ・ナトー

狂言成金

  • 1928年公開
  • 出演(Grandma_Jones 役)

「弱虫運動療法」「笑う門には福来る」等主演のジャック・マルホール氏の主演喜劇でジョージ・S・カウフマン氏作の舞台劇に基づいてアデレイド・ヒールプロン女史が台本を作製し「喧嘩友達」「弱虫運動療法」等と同じくリチャード・ウォーレス氏が監督したものである。相手役は「ファゲル」「漂泊人」主演のグレタ・ニッセン嬢で、「与太成功記」「想い叶うて」主演緒サム・ハーディ氏、「長屋騒動パリの巻」「お転婆キキー(1926)」のガートルード・アスター嬢、「昼閑夫人」のウィリアム・デマレスト氏、ルーシー・ボーモン夫人、バート・ウッドラフ氏等が助演している。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
ジャック・マルホール グレタ・ニッセン サム・ハーディ ウィリアム・デマレスト
1927年

復活(1927)

  • 1927年公開
  • 出演(Aunt_Sophya 役)

トルストイの有名な小説『復活』を映画化したもので、エドウイン・カリュー氏がト翁の嗣子カウント・イリヤ・トルストイ伯爵と共同で改作し更にファイニス・フォックス氏で脚色した台本によって、「謎の刺青」「街のマドンナ」等と同じくエドウイン・カリュー氏が監督製作した。主役は「夜のニューヨーク」「霊魂の叫び」等出演のロッド・ラ・ロック氏と「謎の刺青」出演のドロレス・デル・リオ嬢とで、マーク・マクダーモット氏、ルイシ・ポーモン嬢、クラリッサ・セルウイン嬢、及びトルストイ伯が助演している。

監督
エドウィン・カリュー
出演キャスト
ロッド・ラロック ドロレス・デル・リオ マーク・マクダーモット ルーシー・ボーモン

我れ若し王者なりせば

  • 1927年公開
  • 出演(Villon's_Mother 役)

15世紀のフランス詩人フランソワ・ヴイロンのロマンチックな生涯を映画化したもので、パウル・ベルン氏が脚色し、「風薫る島」「女性の敵」等と同じくアラン・クロスランド氏が監督した。主役は「海の野獣」「ボー・ブラムメル」等出演のジョン・バリモア氏が演じ相手女優は「株屋町の突実男」出演のマーセリン・デイ嬢が抜擢されて勤め、「芸術家気質」「カリガリ博士」等出演のコンラッド・ファイト氏、「第四の戒律」出演のヘンリイ・ヴイクター氏が共演するほか、ローソン・バット氏、ルシイー・ボーモン嬢、マック・スウエイン氏、スリム・サマーヴィル氏等が助演している。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ジョン・バリモア コンラート・ファイト マーセリン・デイ ローソン・バット
1926年

イバニエズの激流

  • 1926年公開
  • 出演(Dona_Pepa 役)

「明眸罪あり」に先んじて製作されたグレタ・ガルボ嬢渡米第一回主演映画で、原作も同じくビセンテ・ブラスコ・イバニエス氏作の小説で、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「美人帝国」「夜の女」等と同じくモンタ・ベル氏が監督したものである。「サタンの嘆き」「猫の寝巻」等出演のリカルド・コルテス氏がガルボ嬢と共演し、ガートルード・オルムステッド嬢、アーサー・エドモンド・ケリユウ氏、マーサ・マトックス嬢、エドワード・コネリー氏、タリー・マーシャル氏等が助演している。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
リカルド・コルテス グレタ・ガルボ ガートルード・オルムステッド エドワード・コネリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルーシー・ボーモン