映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1954年 まで合計78映画作品)

1922年

模範市民

  • 1922年当年公開
  • 出演(The_Editor 役)

「子煩悩」「星の奇跡」等と等しくパ社トーマス・ミーアン氏主演映画である。米国の諧謔作家ジョージ・エイド氏が映画の為に作った最初の譚りを、氏及びウォルデマー・ヤング氏が脚色し、「子煩悩」「君を思えば」等同様アルフレッド・グリーン氏が監督したものである。相手役は売出しのロイス・ウィルソン嬢、其他老巧な人々が多数出演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
トーマス・ミーアン ロイス・ウィルソン ウィリアム・P・カールトン セオドア・ロバーツ

妖魔の歌

  • 1922年当年公開
  • 出演(Irishman 役)

「銃口に立つ女」「世界的選手」の脚色をしたJ・E・ナッシュが原作を書き、氏とフィリップ・ハーンとが共同して脚色したものを「逆巻く怒涛」「濃霧を衝いて」等と同じくアーヴィン・V・ウィラットが監督したもので、同様にドロシー・ダルトンの主演である。対手役は「濃霧を衝いて」に出演したデイヴィッド・パウエルと、「逆巻く怒涛」に出演したミッチェル・ルイスである。雪深き北国の物語である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ドロシー・ダルトン デイヴィッド・パウエル ミッチェル・ルイス エドワード・ブラディ
1921年

シーク

  • 1921年当年公開
  • 出演(Gaston 役)

エディス・M・ハル原作の小説を「瞬間の瞬間」などと同じくモント・M・カッタージョンが脚色し、「エヴリー・ウーマン」「海の狼(1920)」などを監督したジョージ・メルフォードが監督したもので、主役は「黙示録の騎手」で有名なルドルフ・ヴァレンティノと、近頃売り出しのアグネス・エイアースとである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
アグネス・エイアース ルドルフ・ヴァレンティノ アドルフ・マンジュウ ウォルター・ロング

嫁が欲しうてなりませぬ

  • 1921年当年公開
  • 出演(Minister 役)

「石油成金」「デブの当た年」「臆病探偵」等同様ロスコー・アーバックル氏主演のパラマンウト映画で原作はフランク・コンドン氏、脚色は右映画と同じウォルター・ウッズ氏、良い喜劇的気分を出す名手ジェームズ・クルーズ氏が「臆病探偵」同様監督した。「石油成金」「血と砂(1922)」等のライラ・リー嬢が相手役、人気者ブル・モンタナ君の顔を見える。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ロスコー・アーバックル ライラ・リー ルーラ・アンソン エドウィン・スティーヴンス
1920年

ジャック・ストロウ

  • 1920年当年公開
  • 出演(Sherlo 役)

W・サマセット・モーム原作の同名の舞台喜劇を、ウィリアム・C・デミルが監督したもので、主役は「暗中飛躍」などに出演のロバート・ワーウィックで、新顔のカロール・マッコマスが相手である。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
ロバート・ワーウィック カロール・マッコマス シルヴィア・アッシュトン チャールズ・オーグル

十三番目の次の男

  • 1920年当年公開
  • 出演(Winslow 役)

「俺は男だ」「成金風」等同様にパ社ロバート・ワーウィック氏主演映画でアンスティ・ガスリー氏の有名な舞台喜劇 The Man from Blanskey's をウォルター・ウッズ氏が脚色し、「ダグラス大王」等監督後当時パ社へ入社したばかりのジョセフ・ヘナベリー氏が監督した。相手役はビービー・ダニエルス嬢で「何故妻を代へる」で好評を得た常時の事。その他お馴染み連中が多数出演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ロバート・ワーウィック ビービー・ダニエルス ウォルター・ハイアース Robert Milasch

地獄の業火

  • 1920年当年公開
  • 出演(Bert_Vallance 役)

「運命の孤児」「別れても末に」等主演のアグネス・アイアース嬢のリアルアート社に於ける主演映画で、原作は英国匿名小説家「パン」氏で、「緑の誘惑」「少年の心」等と同様故ウィリアム・デスモンド・テイラー氏が監督したもの、脚色はテイラー物の例によりジュリア・クロフォード・アイヴァース女史。老巧セオドア・ロバーツ氏、「熱国の薔薇」等のミルトン・シルス氏等が共演しいる。

監督
ウィリアム・デスモンド・テイラー
出演キャスト
アグネス・エイアース Jrome Patrick セオドア・ロバーツ ヘレン・ダンバー

何故妻を代へる

  • 1920年当年公開
  • 出演(Butler 役)

セシル・B・デミルが「夫を変ゆるな」「男性と女性」に続いて製作した道徳劇で、オルガ・プリンツロー女史およびセイダ・コウアンの共同で脚色したものである。主役として「男性と女性」の時と同じくトーマス・ミーアンとグロリア・スワンソンが出演し、そのほかビービー・ダニエルス、セオドア・コスロフ、クラレンス・H・ゲルダートらの著名の人々が出演する。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
トーマス・ミーアン グロリア・スワンソン ビービー・ダニエルス セオドア・コスロフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド