映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1954年 まで合計78映画作品)

1925年

厄介娘

  • 1925年当年公開
  • 出演(Jenkins 役)

アデレード・マシウス女史とマーサ・M・スタンレー女史原作の舞台劇に基づき、エドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「名家の秘密」「騒擾の巷」等と同じくウィリアムサイター氏が監督した。主役は「燻ゆる情炎」等出演のローララプラント嬢と、「女房征服」「叩け鉄扉を」等出演のパット・オマリー氏で、その他ウインダム・スタンディング氏、ヘッダ・ホッパー嬢・ウォルター・マリグレイル氏等が出演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ヘッダ・ホッパー パット・オマリー ウィンダム・スタンディング
1924年

愛?金?

  • 1924年当年公開
  • 出演(Stanley_Tillotson 役)

ギルバート・フランコー氏の小説からエドモンド・グールディング氏が脚色し「巖窟王(1922)」「或る愚者有りき」と同じくエメット・J・フリン氏が監督製作した社会劇で、主役は「豪勇ボッブ」「干潮」等出演のジェームズ・カークウッド氏と「ユーモレスク(1920)」「天界へ挑戦」等出演のアルマ・ルーベンス嬢で「結婚愛」「嫉妬の創痕」等出演のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢「虎狼の群」「スザンナ」等出演のウォルター・マッグレイル氏等が助演している。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド アルマ・ルーベンス ウォルター・マッグレイル J・ファーレル・マクドナルド

腕鳴り肉躍る

  • 1924年当年公開
  • 出演(Under_Sheriff 役)

クリントン・スタッグ氏とヴァージニア・ハドスン・ブライトマン女史の原作をドナルド・リー氏が脚色し「天下の名物男」「勇気凛々」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏が監督したもので「天下無敵(1924)」「猪突猛進」等出演のトム・ミックス氏が主演し対手は「スピードハッチ」「霊魂の呼ぶ声」等出演のルシー・フォックス嬢で、ミックス氏の愛犬デュークと愛馬トニーが出演する西部活劇である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
トム・ミックス ルシー・フォックス ジョージ・バンクロフト エドワード・ピール
1923年

剣劇の響

  • 1923年当年公開
  • 出演(Martin_Green 役)

ウォルター・ハイアースの第1回主演映画で、対手役には「異郷の露」「干潮」等主演のジャクリーン・ローガンが出演する。その他ジョージ・フォーセット、ロバート・マッキムを始め、御覧の通りの老巧俳優が共演している。監督はウェズリー・ラッグルズ。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ウォルター・ハイアース ジャクリーヌ・ローガン ジョージ・フォーセット ロバート・マッキム

恋に生きる者

  • 1923年当年公開
  • 出演(Samuel_Clein 役)

マデリーン・ルスヴェン女史の原作、ジョセフィン・ラヴェット女史の脚色で「富に群がる者」「ミニー」等と同じくマーシャル・ニーラン氏の監督したもの。主役は「愚か者の楽園」「土曜日の夜」等出演のコンラッド・ネーゲル氏「富に群がる者」「懐中懐かし」等に出演の最近死んだルシル・リクセン嬢で、その他にチャーリーの兄シドニー・チャップリン氏や「ターザン」で有名なエルモ・リンカーン氏等が共演する。シベリアを背景のロマンスである。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
コンラッド・ネーゲル ルシル・リクセン リチャード・トラヴァース キャスリーン・キー

パレス

  • 1923年当年公開
  • 出演(Adonis 役)

「ホワイト・シスター(1923)」の原作者たるアメリカの小説家マリオン・クローフォード氏の書いた小説を、ジューン・メイシス女史が脚色しフォックス社で「巌窟王(1922)」「或る愚者有りき」「ラスト・トレイル」等を監督したエメット・J・フリン氏が監督したもの。主役は「快男子ソーヤー」等出演のブランシュ・スウィート嬢「沈黙の命令」等のエドモンド・ロウ氏「虚栄の市(1923)」等のホバート・ボスウォース氏「南海の情火」等のポーリン・スターク嬢「ロビン・フッド(1922)」等のサム・ド・グラッス氏等である。十六世紀のスペイン王廷を背景にした壯大なロマンスである。

監督
エメット・J・フリン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート エドモンド・ロウ ホバート・ボスウォース ポーリン・スターク

フランス人形

  • 1923年当年公開
  • 出演(Butler 役)

「孔雀の路」「舞姫悲し」「舞踏王国」等と同じくロバート・Z・レナード氏の監督、メル・マレイ嬢主演の映画で、ポール・アルモン氏及びマーセル・ジェルビドン氏合作の舞台劇をエイ・メイ・タマス氏が英語に書き直したものに基づき、フランセス・マリオン女史が脚色したもの。マレイ氏の相手はオーヴィル・コールドウエル氏とロッド・ラ・ロック氏で、例の如くマレイ嬢得意の華やかなダンスを織り込んだ美しい映画である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
メイ・マレイ オーヴィル・コルドウェル ロッド・ラロック ローズ・ディオン
1922年

夫の商標

  • 1922年当年公開
  • 出演(Slithy_Winters 役)

クララ・S・ベランジャーの原作を、「旋風迅雷」と同じくサム・ウッドが監督した。「瞬間の瞬間」と同じくグロリア・スワンソンが主演し、相手としてリチャード・ウェイン、スチュアート・ホームズなどが出演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
グロリア・スワンソン リチャード・ウェイン スチュアート・ホームズ ルシアン・リトルフィールド

大陸を横断して

  • 1922年当年公開
  • 出演(Scott_Tyler 役)

バイロン・モーガンの原作および脚色になったものを、「若人よ純なれ」「離婚への道」などを監督したフィリップ・E・ローゼンが監督したもので、主役はウォーレス・リードとメアリー・マクラレンの2名花である。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
ウォーレス・リード メアリー・マクラレン セオドア・ロバーツ ベティー・フランシスコ

屠殺者(1922)

  • 1922年当年公開
  • 出演(Witniss 役)

「苦闘十二年」の原作者アリス・デュアー・ミラー女史の原作を、デミル映画の殆ど総てを脚色したジェニー・マクファーソン女史が脚色し、最近「人間苦」「土曜日の夜」等が紹介されたセシル・B・デミル氏が監督したパラマンウト映画である。主役は「沈黙の都」「何故妻を代へる」等のトーマス・ミーアン氏で、相手役は「土曜日の夜」「ハートの1」等のリートリス・ジョーイ嬢、及び「沈黙の都」「悩める花」等のロイス・ウィルソン嬢、その他ジョージ・フォーセット氏、ジュリア・フェイ嬢、カッスン・ファーガソン氏、レイモンド・ハットン氏、チャールズ・オーグル氏等パ社老練俳優多数出演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
トーマス・ミーアン リートリス・ジョーイ ロイス・ウィルソン ジョン・ミルターン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド