映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1954年 まで合計78映画作品)

1927年

アンクル・トムス・ケヴィン

  • 1927年公開
  • 出演(Marks 役)

ハリエット・ビーチャー・ストウ女史の世界に名高い小説「アンクル・トムス・ケヴィン」の映画化。ハリー・ポラードが映画向きに一度書き直したものを基に、ハーヴェイ・シュウとA・P・ヤンガーが撮影台本を作り、「加州目指して」「鵜の目鷹の目」と同じくポラードが監督。一昔前のアメリカ映画の花形として人気者だったマーガリータ・フィッシャーが、久々に復帰してエリザに扮し、トムにはジェームズ・B・ロウが抜擢された。共演に「ある男の過去」のアーサー・エドモンド・カリュー、「君が為め命捧げん」のジョージ・シーグマン、映画初出演のヴァージニア・グレイ。その他ユーラリー・ジェンセン、ルシアン・リトルフィールド、モナ・レイ、ジャック・モワー、ジョン・ローシュ、ディック・サザーランドが総出演する。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
マーガリータ・フィッシャー アーサー・エドモンド・カリュー ジョージ・シーグマン ジェームズ・B・ロウ

おい待てタクシー!

  • 1927年公開
  • 出演(Jimmy_Walters 役)

ジョージ・ウェストン氏の原作をレイモンド・キャノン氏が脚色し「混線脱線スターは誰だ」と同じくメルヴィル・ブラウン氏が監督したもので、主役は「天下の大評判」「鵜の目鷹の目」等主演のエドワード・エヴァレット・ホートン氏が勤め、対手役は「泰山鳴動鼠一匹」「南北珍勇腕比べ」等出演のマリアン・ニクソンが演じ、ウィリアム・V・モング氏ルシアン・リトルフィールド氏、バー・マッキントッシュ氏等も出演している。

監督
メルヴィル・ブラウン
出演キャスト
エドワード・エヴァレット・ホートン マリアン・ニクソン バー・マッキントッシュ ウィリアム・V・モング

狐と狸の腕比べ

  • 1927年公開
  • 出演(Habeas_Corpus_Lazarro 役)

マックス・マーシン氏作の舞台劇をチャールズ・ローグ氏が改作し、ジェームズ・オトノホー氏が脚色し、「法に追われて」「天下の大評判」等と同じくエドワード・レムル氏が監督したもので、主役は「駅馬車(1925)」「極楽突進」等出演のベティー・カンプソン嬢、「肉弾王」「霧の裏街」等出演のケネス・ハーラン氏が演じ、エディ・グリッボン氏、チェサレイ・グラヴィナ氏、ルシアン・リトルフィールド氏等が共演している。

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
ベティー・カンプソン ケネス・ハーラン エディ・グリッボン チェザーレ・グラヴィナ

デパート娘大学

  • 1927年公開
  • 出演(Pa_Johnson 役)

キャスリーン・ノーリス女史の小説を、アレン・マクニール氏とティム・ウィーラン氏とが映画向きに書き改め、それを更にホープ・ロアリング女史が実際用に脚色し、「ロイドの福の神」を監督したサム・テイラー氏が監督した「アンニー可愛や」「雀」に続くメアリー・ビャクフォード嬢主演の映画である。相手役は「青春の悦び」出演の新進チャールズ・ロジャース氏で、そのほかアヴォンヌ・テイラー嬢、ホバート・ボスウォース氏、カーメリタ・ジェラティ嬢、マック・スウェイン氏、ルシェン・リトルフィールド氏、ウィリアム・コートライト氏などが是れを助けて出演している。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
メアリー・ピックフォード チャールズ・ロジャース アヴォンヌ・テイラー ホバート・ボスウォース

独身者御発展

  • 1927年公開
  • 出演(Waddington 役)

流行の英国滑稽小説作家P・G・ウォードハウス氏作の小説を映画化したもので、レックス・テイラー氏が改作脚色し、「愉快な嘘吐き」「スキナーの夜会服」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したジユウエル作品主演のアンドレ・ベランジエ氏で「長駆闇を飛ぶ」出演の新進花形バーバラ・ケント嬢が相手役を勤め、ガートルード・アスター嬢、ルシエン・リッツルフィールド氏、ヴエラ・ルイス嬢、カーメリター・ジエラテイ嬢、ネッド・スパークス氏等が助演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
アンドレ・ド・ベランジェ バーバラ・ケント ルシアン・リトルフィールド ヴェラ・ルイス

猫とカナリヤ

  • 1927年公開
  • 出演(The_Doctor 役)

ドイツに於いて「裏町の怪老窟」を作って一挙に名声を高めたパウル・レニの渡米後第一回監督作品で戦慄に満ちた探偵劇である。原作はジョン・ウイラードの舞台劇で数年前米英両国に於いて好評を得たもの。それをアルフレッド・A・コーンが映画脚色した。主役は「恋愛保険」「混線脱線スターは誰だ」等出演のローラ・ラ・プラントで、「赤ん坊万歳」「爆笑七日間」等出演のクレイトン・ヘール、「禁断の果実」[武士道華やかなりし頃」出演のフォーレスト・スタンリイ氏が共演し、タリイ・マーシャル、ガートルード・アスター、アーサー・エドモンド・カリュー、マーサ・マトックス、ジョージ・シーグマン、ルシアン・リトルフィールド等が助演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント クレイトン・ヘール フォレスト・スタンレー タリー・マーシャル
1926年

イバニエズの激流

  • 1926年公開
  • 出演(Cupido 役)

「明眸罪あり」に先んじて製作されたグレタ・ガルボ嬢渡米第一回主演映画で、原作も同じくビセンテ・ブラスコ・イバニエス氏作の小説で、ドロシー・ファーナム女史が脚色し「美人帝国」「夜の女」等と同じくモンタ・ベル氏が監督したものである。「サタンの嘆き」「猫の寝巻」等出演のリカルド・コルテス氏がガルボ嬢と共演し、ガートルード・オルムステッド嬢、アーサー・エドモンド・ケリユウ氏、マーサ・マトックス嬢、エドワード・コネリー氏、タリー・マーシャル氏等が助演している。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
リカルド・コルテス グレタ・ガルボ ガートルード・オルムステッド エドワード・コネリー

霧の裏街

  • 1926年公開
  • 出演(Hank 役)

「散り行く花」の原作者として名高いトマス・バーク氏作の小説を映画化したものでウイニフレッド・ダン女史が脚色の任に当たり、「おお母よ」「ステラ・マリス」等と同じくチャールズ・ブレイビン氏が監督した。主役は、「恋は異なもの」「おお母よ」等主演のコリーン・ムーア嬢で、相手役は「疾風武者」「肉弾王」等主演のケネス・ハーラン氏が演じ、タリイ・マーシャル氏、グラデイス・ブロックエル嬢、ワーナー・オーランド氏、ジユランヌ・ジョンストン嬢、ジョン・フィリップ・コルブ氏、ルシアン・リトルフィールド氏等が助演する。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
コリーン・ムーア ケネス・ハーラン タリー・マーシャル グラディス・ブロックウェル
1925年

曠野の志士

  • 1925年公開
  • 出演(Kentucky_Rose 役)

ユナイテッド・アーチスト社におけるウィリアム・S・ハート氏第1回作品でサ タデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたるハル・G・エヴァーツ氏作の小説に基づいてC・ガードナー・サリヴァン氏が脚色し「職業婦人」「義賊ラッフルズ」等と同じくキング・バゴット氏が監督したもの「二挺拳銃」「断腸の笛」等出演のウィリアム・S・ハート氏の相手役には「アラビアの恋」「怒涛万里」等出演のバーバラ・ベッドフォード嬢が演じルシアン・リトルフィールド氏、J・ゴードン・ラッセル氏等が助演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート バーバラ・ベッドフォード ルシアン・リトルフィールド J・ゴードン・ラッセル

豪気堂々

  • 1925年公開
  • 出演(Joe_Lake 役)

ゼーン・グレイ氏の原作で、「天地震撼」の続編である。前者と同じくリン・F・レイノルズ氏の監督、トム・ミックス氏の主演であって、相手役はアン・コーンウォール嬢、キャロル・ハロウェイ嬢、ジョージ・バンクロフト氏その他である。ヨセミテ・ヴァレイの壮大な自然を背景とした西部活劇である。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
トム・ミックス アン・コーンウォール ジョージ・バンクロフト ルシアン・リトルフィールド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド