映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1954年 まで合計78映画作品)

1929年

恋と山羊との話

  • 1929年公開
  • 出演(Plinge 役)

「夜遊び三羽烏」「赤熱のスピード」等と同じくレジナルド・デニー氏の主演する映画で、「赤熱のスピード」と同じくジョセフ・ヘナベリー氏が監督した映画。原作はJ・E・ラス氏作の物語「悪魔か病気だった時」で、それをアール・スネル氏とグラディス・レーマン女史とが映画向きに改作した。デニー氏の対手役は「空中カウボーイ」のオリーヴ・ハスブルーク嬢で、その他「愉快な嘘つき」のオーティス・ハーラン氏、「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシアン・リトルフィールド氏、等の人々も出演している。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
レジナルド・デニー オリーヴ・ハスブルーク オーティス・ハーラン ルシアン・リトルフィールド

これぞ天国

  • 1929年公開
  • 出演(Frank_Chase 役)

「目覚め」と同じくサミュエル・ゴールドウィン提供のヴィルマ・バンキー嬢主演映画である。「デパート娘大学」「ショウ・ダウン」を脚色したホープ・ロアリング女史の脚本により「感激の泉」「運命(1928)」と同じくアルフレッド・サンテル氏が監督した。バンキー嬢の相手役は「女の一生」「カナリヤ殺人事件」のジェームズ・ホール氏であるが、そのほかに「恋と山羊との話」のルシアン・リトルフィールド氏、フリッツィ・リッジウェイ嬢等も出演している。キャメラは「港の女」「海のロマンス」「目覚め」と同じくジョージ・バーンズ氏。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ヴィルマ・バンキー ジェームズ・ホール フリッツィ・リッジウェイ ルシアン・リトルフィールド

七つの鍵

  • 1929年公開
  • 出演(Thomas_Hayden 役)

パラマウントを去ってR・K・Oに入社したリチャード・ディックス氏の第1回主演映画で、アール・ディア・ビッガース氏の原作小説とジョージ・M・コーハン氏がアダプトした舞台劇とを基として「ストリート・ガール」と同じくジェーン・マーフィン女史が台本を執筆し、「虹晴」「炭坑」のレジナルド・バーカー氏が監督、「コンサート」「愛の医者」のエドワード・クロンジェガー氏が撮影したもの。助演者は「愛の医者」「コンサート」のミリアム・シーガー嬢を始め、「愛の曳綱」のルシアン・リトルフィールド氏、「闇を行く」のマーガレット・リヴィングストン嬢、カールトン・メイシー氏、クロフォード・ケント氏、デヴィット・ジェニングス氏、ネラ・ウォーカー嬢、ジョセフ・アレン氏等である。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
リチャード・ディックス ミリアム・シーガー クロフォード・ケント ネラ・ウォーカー

モダン出世鏡

  • 1929年公開
  • 出演(Silas_Cooper 役)

ジョージ・エイド氏の原作を「夜の囁き」「無償の罪」と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督したもので主演者は「懐しのアリゾナ」「闇より光へ」のエドモンド・ロウ氏と「輝く天国」「大河の奇賊」のロイス・モーラン嬢でアルバート・ハート氏、ジェームズ・フォード氏、ルシェン・リットルフィールド氏、シャーマン・ロス氏その他が助演している。カメラは「四人の悪魔」「ファジル」のL・ウィリアム・オコンネル氏が担当。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ロイス・モラン アルバート・ハート ルシアン・リトルフィールド
1928年

彼とお姫様

  • 1928年公開
  • 出演(Uncle_Joe 役)

「最後の栄冠」と同じくメアリー・アスター嬢ロイド・ヒューズ氏共演映画で「カナディアン」「与太成功記」「与太捕物記」のウィリアム・ボーデェン氏が監督したもの。ジュリエット・ウィルバー・トンプキンス女史の原作をアデレード・ヒールブロン女史が脚色した。助演者は「浮気天国」「男見るべからず」のルイズ・ファゼンダ嬢、「棚からぼた餅」「与太捕物記」のルシアン・リトルフィールド氏、「アンクル・トムス・ケヴィン」のヴァージニア・グレイ嬢等である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
メアリー・アスター ロイド・ヒューズ ルイズ・ファゼンダ ヴァージニア・グレイ

棚からぼた餅

  • 1928年公開
  • 出演(Ed_Burnes 役)

「浮気天国」に次ぐチャーリー・マレイ氏主演映画で同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。ハリー・レオン・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーをハーヴェイ・シュウ氏が改作し、ハワード・J・グリーン氏と共同脚色した。助演者は「情炎夜曲」出演のロレッタヤング嬢、「踊子気質」「恋せよ乙女」のラリー・ケント氏を始め、ハーヴェイ・クラーク氏Littlefield氏等である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
チャーリー・マレイ ロレッタ・ヤング ラリー・ケント ルシアン・リトルフィールド

母ぞよく知る

  • 1928年公開
  • 出演(Pa_Quail 役)

幾多その著作が映画化され、既に映画ではお馴染みになっているエドナ・ファーバー女史の小説の映画化で、「三人水兵恋行脚」と同じく脚色者マリオン・オース女史、監督者ジョン・ジー・プライスウトン氏の組み合わせによって作られた映画である。主役を演ずるのは「気まぐれ娘」「離婚結婚」のマッジ・ベラミー嬢、「空中サーカス」のルイズ・ドレッサー嬢、「空行かば」「栄光」のバリー・ノートン氏、の三人で、そのほか子役のドウン・オディ嬢やアルバート・グラン氏、等も出演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ルイズ・ドレッサー バリー・ノートン アルバート・グラン

ハロルド・ティーン

  • 1928年公開
  • 出演(Dad_Jenks 役)

カール・エドの有名な学生漫画「ハロルド・ティーン」を映画化したもので主役ハロルドには数多のユニヴァーサル短編喜劇及び「曲者待った」に主演したアーサー・レイクが特に招待されて扮した。「怪我騒動」「気まぐれ女優」を脚色したトム・ジェラティーが台本を執筆し「高速度娘ジャズの巻」「万事円満」のマーヴィン・ルロイ氏が監督「ウィリーリバー」「愛欲の絆」のアーネスト・ホーラーが撮影したもの。助演者は「君恋し」「青春狂想曲」のメアリー・ブライアン「高速度娘蕾の巻」「同ジャズの巻」等のアリス・ホワイトを始め、ジャック・ダフィー、ルシアン・リトルフィールド、ジャック・イーガン、ウィリアム・ベイクウェル等。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アーサー・レイク メアリー・ブライアン ルシアン・リトルフィールド ジャック・ダフィー

与太捕物記

  • 1928年公開
  • 出演(Andy_McIntosh 役)

「棚からぼた餅」「浮気天国」等と同じくチャールズ・マレイ氏主演の劇で、ジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した物語をヴァーノン・スミス氏が脚色し、「与太成功記」「長屋騒動パリの巻」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもの。助演者は「棚からぼた餅」「アンクル・トムス・ケヴィン」のルシェン・リツルフィールド氏、「馬鹿騒ぎ」「感激の泉」のドリス・ドーソン嬢、「足で蹴る恋」「燃ゆる復讐」のチャールズ・デラニー氏等でエド・プレンディー氏、アギー・ヘリング嬢、ヨーラ・ダヴリル嬢も出演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
チャールズ・マレイ ルシアン・リトルフィールド チャールズ・デラニー ドリス・ドーソン

老番人

  • 1928年公開
  • 出演(Dan_Cassey 役)

「クリスティナ」「大河の奇賊」のウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので、「バット」「ウィンダミヤ夫人の扇」のジュリエン・ジョセフソン氏が執筆した原作によりソニア・レヴィーン女史が脚色した。撮影は「クリスティナ」のルシエン・アンドリオ氏が担当した。主役は「キング・オブ・キングス(1927)」「村の医者」のルドルフ・シルドクラウト氏で、「母ぞよく知る」「人生サーカス」のルイズ・ドレッサー嬢、「市俄古」のロバート・エディソン氏、「ウィリー・リバー」のルイ・ナトー氏、「オグレス」の」ミルトン・ホームズ氏等が助演している。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ルドルフ・シルドクラウト ルイズ・ドレッサー ミルトン・ホームズ Linda Landi
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルシアン・リトルフィールド