映画-Movie Walker > 人物を探す > モンタ・ベル

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1935年 まで合計15映画作品)

1926年

罪な殿方

  • 1926年当年公開
  • 原作

「女心を誰か知る」に続いて製作されたフーレンス・ヴィダー嬢第二回主演映画で監督として令名高きモンタ・ベル氏が原作を書きジーェムズ・アシユモア・クリールマン氏が脚色し、「姫君と給仕」「駄法螺大当たり」「三日伯爵」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督したものである。助演者は「女心を誰か知る」「六人の嫌疑者」等出演のクライブ・ブルック氏、「ハレムの貴婦人」「金髪か黒髪か」等出演のグレタ・ニッセン嬢を始め「不良老年」出演のフイリップ・ストレンジ氏、アンドレ・ベランジエー氏等である。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー クライヴ・ブルック グレタ・ニッセン フィリップ・ストレンジ
1925年

美人帝国

  • 1925年当年公開
  • 監督

コスモポロタン誌に連載されたアデラ・ロジャース・セント・ジョン女史作の物語を映画化したもので、アリス・D・G・ミラー女史が脚色し、「夜の女」「痴人哀楽」等と同じくモンタ・ベル氏が監督した。主役は「グリード」「ジョアンの嘆き」等出演のザス・ピッツ嬢が演じ、相手役は「相縁奇縁」「歌え!踊れ!(1926)」等出演のトム・ムーア氏と「陽気な巴里っ子」「爆笑七日間」等出演のリリアン・タッシュマン嬢が勤め、バーナード・ランドール氏が重要な役を演じているほか、ノーマ・シアラー嬢、コンラッド・ネーゲル氏、ジョージ・K・アーサー氏、ロイ・ダルシー氏、ドロシー・シーストローム嬢、ヘレナ・ダルジー嬢等が特に端役を勤め、またアン・ペニントン嬢も特別出演している。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ザス・ピッツ トム・ムーア アン・ペニントン リリアン・タッシュマン
1924年

妻君教育法

  • 1924年当年公開
  • 監督

モンク・ベル氏がワーナー・ブラザース社で製作した処女作品である。原作は恋愛小説家として名高いエリノア・グリン女史で、グラント・カーペンター氏が脚色した。「結婚哲学」で妙技を示したマリー・プレヴォー嬢、モント・ブルー氏、クレイトン・ヘール氏等競演し老巧なクロード・ギリングウォーター氏や花形のベティー・フランシスコ嬢、エドワード・アール氏等も出演しネリー・ブライ・ベイカー嬢も顔を見せている。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー クレイトン・ヘール ベティー・フランシスコ

痴人哀樂

  • 1924年当年公開
  • 監督、脚本

「縺れ行く情火」で一躍新進監督の名を獲たモンタ・ベル氏のメトロ・ゴールドウィンに於ける第一回作品で、氏がヘレン・R・マーティン女史の小説「でも紳士」を自ら脚色監督したものである。主役は「縺れ行く情火」「奔流恋を乗せて」等出演のノーマ・シアラー嬢「巌窟王(1922)」等主演のジョン・ギルバート氏、「真夏の狂乱」「受難のテス」等主演のコンラッド・ネーゲル氏等で、その他セネット喜劇に出ていたフィリス・ヘイヴァー嬢も重要な役を演じている。モンタ・ベル氏一流の細かい手法を見るべき映画であう。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
ジョン・ギルバート ノーマ・シアラー コンラッド・ネーゲル フィリス・ヘイヴァー

縺れ行く情火

  • 1924年当年公開
  • 監督

オーウェン・デイヴィス氏の原作になる舞台劇を現代化してダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、チャップリン氏の助監督からウォーナー社の監督の昇進したモンタ・ベル氏の第一回作品である。主役は「巴里の女性」で有名になったアドルフ・マンジュウ氏、今メトロ・ゴールドウィンで売り出しのノーマ・シアラー嬢、「ボー・ブラムメル」「楽園の毒草」等出演のカーメル・マイアース嬢「蜂雀」等出演のエドモンド・バーンズ氏等立派な顔ぶれである。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ ノーマ・シアラー アンナ・Q・ニルソン エドモンド・バーンズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > モンタ・ベル