TOP > 人物を探す > トミー・リー・ジョーンズ

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2019年 まで合計48映画作品)

2002年

メン・イン・ブラック2

  • 2002年7月6日(土)
  • 出演(エージェントK 役)

地球で暮らすエイリアンを監視する最高機密機関“MIB”の活躍を描く人気作の続編。宇宙一凶悪な女エイリアンに挑む、クールな捜査官コンビ“K&J”の闘いを描く。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ウィル・スミス リップ・トーン ララ・フリン・ボイル
2000年

英雄の条件

  • 2000年8月12日(土)
  • 出演(Col. Hayes 'Hodge' Hodges 役)

 全米ヒットを記録したサスペンス大作。2大実力派俳優S・L・ジャクソンとT・L・ジョーンズの迫真の演技が生み出す、緊迫感あふれる軍事裁判シーンが圧倒的な迫力!

監督
ウィリアム・フリードキン
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ サミュエル・L・ジャクソン ガイ・ピアース ベン・キングズレー

スペース・カウボーイ

  • 2000年11月3日(金)
  • 出演(William Hawkins 役)

 C・イーストウッド監督・主演のアドベンチャー・ドラマ。70歳になる男たちが老体にムチ打って宇宙への夢に挑む姿を、ドラマティックに描いた痛快作。渋さが魅力のベテラン男優陣の共演も話題だ。

監督
クリント・イーストウッド
出演キャスト
クリント・イーストウッド トミー・リー・ジョーンズ ドナルド・サザーランド ジェームズ・ガーナー

ダブル・ジョパディー

  • 2000年3月4日(土)
  • 出演(Travis 役)

アメリカ合衆国憲法修正第5条、”何人も同一の犯罪で二度有罪にはならない”という法律をストーリーの鍵に用いたサスペンス・スリラー。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
アシュレイ・ジャッド トミー・リー・ジョーンズ ベンジャミン・ウェアー アナベス・ギッシュ
1998年

追跡者(1998)

  • 1998年6月13日(土)
  • 出演(Chief Deputy Marshal Samuel Gerard 役)

連邦保安官と逃亡者の追走劇を描くサスペンス・アクション。ヒット作「逃亡者」(93)の続編的作品で、同作でアカデミー助演男優賞を受賞したトミー・リー・ジョーンズがジェラード連邦保安官役で再登板、主演を張った。監督は「エグゼクティブ デシジョン」のスチュアート・ベアード。製作は「マッド・シティ」のアーノルドとアンのコペルソン夫妻。製作総指揮・キャラクター創作は「逃亡者」(オリジナルのテレビシリーズも)のロイ・ハギンズと同作の映画化を企画したキース・パリッシュ。脚本は本作がデビューとなるジョン・ポーグ。撮影は「ディアボロス 悪魔の扉」のアンジェイ・バートコウィアク。音楽は「エグゼクティブ デシジョン」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「逃亡者」のマー・アーマド。編集は「ゴールデンアイ」のテリー・ローリングス。共演は「ザ・ファン」のウェズリー・スナイプス、「ショート・カッツ」のロバート・ダウニー・Jr.、「トリコロール 赤の愛」のイレーヌ・ジャコブ、「キルトに綴る愛」のケイト・ネリガンほか。

監督
スチュアート・ベアード
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ウェズリー・スナイプス ロバート・ダウニー・Jr. ジョー・パントリアーノ
1997年

メン・イン・ブラック

  • 1997年12月6日(土)
  • 出演(K 役)

地球上のエイリアンの動きを監視する機密帰還の捜査官たちの活躍を描いたSFコメディ。史上最多といわれる250カットものSFXシーンとオフ・ビートなコメディ・センスが見どころ。60年代初頭から全米で噂が広まり始めた、UFOの目撃者の元に政府機関の男たちが訪れ、証言を撤回するように脅すという噂をモチーフにしたローウェル・カニンガムの同名コミックの映画化。監督には「ゲット・ショーティ」のバリー・ソネンフェルド、製作総指揮には「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のスティーヴン・スピルバーグが当たった。映画用原案・脚本は「ビルとテッドの大冒険」のエド・ソロモン、製作は「ツイスター」のウォルター・F・パークスとローリー・マクドナルド。撮影は「ゲット・ショーティ」のドン・ピーターマン、音楽は「マーズ・アタック!」のダニー・エルフマン、60年代風のレトロ未来世界調の美術は「バットマン リターンズ」「バードケージ」のボー・ウェルチ、編集はジム・ミラー、衣裳はメアリー・E・ヴォクト、視覚効果監修は第二班監督でもあるILMのエリック・ブレヴィクが手掛け、エイリアンのメイクアップ・エフェクトは「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」のリック・ベイカーが担当。主演は「ボルケーノ」のトミー・リー・ジョーンズと「インデペンデンス・デイ」のウィル・スミスで、ラップ・シンガーでもあるスミスは同名主題歌も歌い、全米第1位を記録。共演は「アンフォゲタブル」のリンダ・フィオレンティーノ、「フィーリング・ミネソタ」のヴィンセント・ドノフリオ、「キルトに綴る愛」のリップ・トーンほか。

監督
バリー・ソネンフェルド
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ウィル・スミス リンダ・フィオレンティーノ ヴィンセント・ドノフリオ

ボルケーノ

  • 1997年10月18日(土)
  • 出演(Mike Roark 役)

突如ロサンゼルスを見舞った火山活動による災害の恐怖とそれに立ち向かう人々の勇気を描いたパニック・スペクタクル大作。CGIとミニチュアで作られた災害描写が圧倒的な迫力。監督は「ボディガード」のミック・ジャクソン。脚本はこれが初の劇場用映画となるジェローム・アームストロングの原案を、彼とビリー・レイが脚色。製作は「ジュース」のニール・H・モリッツと「めぐり逢い」(94)のアンドリュー・Z・デイヴィス、製作総指揮は「フリー・ウィリー」シリーズのローレン・シュラー・ドナー。撮影は「ウェインズ・ワールド」のテオ・ヴァン・デ・サンド、音楽は「イレイザー」のアラン・シルヴェストリ、美術は「ダイ・ハード1、2」「スピード」のジャクソン・デゴヴィア、編集は「暴走特急」「イレイザー」のマイケル・トロニックとドン・ブロシュ、衣裳は「ザ・クロウ」のカーステン・エヴァーバーグ。特殊視覚効果監修は「ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合」のマット・ベック、特殊メカニカル効果コーディネーターは「エスケープ・フロム・L.A.」のマーティ・ブレシンほかが担当。主演は「タイ・カップ」のトミー・リー・ジョーンズ。共演は「陪審員」のアン・ヘッチ、「めぐり逢えたら」のギャビー・ホフマン、「青いドレスの女」のドン・チードル、「クイック&デッド」のキース・デイヴィッド、「ジェネレーションズ/STAR TREK」のジャクリーン・キム、「トゥームストーン」のジョン・コルベット、「ファーゴ」のジョン・キャロル・リンチほか。

監督
ミック・ジャクソン
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ アン・ヘッシュ ギャビー・ホフマン ドン・チードル
1995年

バットマン・フォーエヴァー

  • 1995年6月17日(土)
  • 出演(Two-Face/Harvey Dent 役)

ボブ・ケインが生んだアメコミのダーク・ヒーロー、バットマン(DCコミックス刊)のスタッフ・キャストをリニューアルした映画版シリーズ第3弾。架空の町ゴッサム・シティを舞台にヒーロー、バットマンと邪悪な怪人たちとの闘いをスピーディに描く。監督は前2作のティム・バートンに代わり「依頼人」のジョエル・シューマカーが登板。製作はバートンとピーター・マクレガー・スコット、脚本はリー・バッチラー、ジャネット・スコット・バッチラー、アキヴァ・ゴールドマン、撮影は「ペリカン文書」のスティーブン・ゴールドブラット、美術は「フォーリング・ダウン」のバーバラ・リング、編集は「逃亡者(1993)」のデニス・ヴァークラー、音楽は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のエリオット・ゴールデンサル、特殊視覚効果は「スター・ウォーズ」のジョン・ダイクストラ、特殊メイクは「ウルフ」のリック・ベイカーらがそれぞれ担当。主役のバットマンには前2作のマイケル・キートンに代わって、「トゥームストーン」のヴァル・キルマー、また今回シリーズ初登場のバットマンの相棒ロビン役には「三銃士(1993)」のクリス・オドネルがそれぞれ起用された。対する悪役の怪人はリドラーに「マスク(1994)」のジム・キャリー、トゥー・フェイスに「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のトミー・リー・ジョーンズがそれぞれ扮し怪演をみせるほか、「冷たい月を抱く女」のニコール・キッドマンが妖艶な女性精神科医役で華を添える。

監督
ジョエル・シュマッカー
出演キャスト
ヴァル・キルマー トミー・リー・ジョーンズ ジム・キャリー ニコール・キッドマン

タイ・カップ

  • 1995年9月2日(土)
  • 出演(Ty Cobb 役)

大リーグ史上伝説の名打者、タイラス・カッブの矛盾に満ちた生涯を描く異色の伝記映画。監督・脚本は「さよならゲーム」「ハードプレイ」とスポーツ映画を得意とするロン・シェルトン。製作はシェルトンとコンビのデイヴィッド・レスター、エクゼクティヴ・プロデューサーは「ボーイズ・オン・ザ・サイド」のベテラン、アーノン・ミルチャン。撮影は「フォーエヴァー・ヤング 時を超えた告白」のラッセル・ボイド、音楽は「バットマン・フォーエヴァー」のエリオット・ゴールデンサル、美術はアーミン・ガンツとスコット・T・リトナーが担当。主演は「ブルースカイ(1994)」のトミー・リー・ジョーンズ。共演は「バットマン(1989)」「ミストレス」のロバート・ウール、「わかれ路(1994)」のロリータ・ダヴィドヴィッチほか。

監督
ロン・シェルトン
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ロバート・ウール ロリータ・ダヴィドヴィッチ ルー・マイヤーズ

ブルースカイ(1994)

  • 1995年6月24日(土)
  • 出演(Hank Marshall 役)

情緒不安定な軍人の妻と彼女を愛する夫の心理的葛藤を、米軍の機密事項を背景に描いた異色の家族ドラマ。90年に撮影されたが、監督の死や製作会社の倒産などが重なりアメリカでも4年間オクラ入りとなっていた。監督はこれが遺作となった、「長距離ランナーの孤独」「ホテル・ニューハンプシャー」のトニー・リチャードソン。テレビ畑で活躍する脚本家ラマ・ローリー・ステグナーの半自叙伝的な原案を、彼女と「ペギー・スーの結婚」のコンビ、アーレン・サーナーとジェリー・レイクトリングの共同で脚色。製作は「ウィンター・ピープル」のロバート・H・ソロ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「薔薇の素顔」のジョン・G・ウィルソン。撮影は『キャビン・ボーイ』(V)のスティーヴ・ヤコネッリ。音楽は「恋する人魚たち」のジャック・ニッチェ。美術はリチャードソン演出のテレビドラマ『オペラ座の怪人』も手掛けたティミアン・アルセイカー、編集は監督とは「ボーダー」以来のコンビ、ロバート・K・ランバートが担当。主演は本作で94年度アカデミー主演女優賞を受賞した「ナイト・アンド・ザ・シティ」のジェシカ・ラングと、「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のトミー・リー・ジョーンズ。共演は「三銃士(1993)」のクリス・オドネル、「トゥームストーン」のパワーズ・ブース、「ハードロック・ハイジャック」のエイミー・ロケインら。

監督
トニー・リチャードソン
出演キャスト
ジェシカ・ラング トミー・リー・ジョーンズ パワーズ・ブース キャリー・スノッドグレス

関連ニュース

『アド・アストラ』で来日したブラッド・ピット
ブラッド・ピットが語る俳優、プロデューサーとしての未来。憧れはデヴィッド・ボウイ 9月21日 09:30

ハリウッドのトップスターで、いまやオスカー作品賞受賞作を3作も手掛けた名プロデューサーでもあるブラッド・ピットが、製作も務めた最新主演映画『アド・アストラ』(公開中)で来日。本作で初めて宇宙飛行士役にトライし、ヘルメッ…

主演にしてプロデューサーのブラッド・ピットが本作のテーマを少しだけ明かす!
ブラッド・ピット激白!『アド・アストラ』と名作『地獄の黙示録』との意外な共通点とは? 9月16日 12:00

日本でも絶大な人気を誇る世界的ハリウッドスターのブラッド・ピットと「メン・イン・ブラック」シリーズや日本のCMでもお馴染みのトミー・リー・ジョーンズをはじめとする豪華キャスト陣が共演する『アド・アストラ』が9月20日(金…

ブラッド・ピットが来日決定!!
ブラッド・ピット、12回目の来日が緊急決定!最新作『アド・アストラ』がヴェネチアで大旋風 9月2日 05:00

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(公開中)での好演も記憶に新しいブラッド・ピットが、自ら製作も務めた主演最新作『アド・アストラ』(9月20日公開)。現在開催されている第76回ヴェネチア国際映画祭でついに世…

最新ティザーポスタービジュアルが解禁!
壮大な宇宙の旅と重厚なドラマに期待大!ブラピ主演&製作の『アド・アストラ』最新ポスターが到着 7月17日 07:00

ブラッド・ピット主演、製作の本格スペース・アドベンチャー『アド・アストラ』が9月20日(金)より公開となる。このたび、壮大な宇宙の旅と重厚なドラマを予感させるティザーポスタービジュアルが解禁された。 世界的俳優ブラッド…

ブラピ設立の制作会社プランBが放つスペース・アドベンチャー作が日本でも公開決定
ブラピとトミー・リー・ジョーンズが初共演!『アド・アストラ』予告編&ポスター到着 6月21日 05:00

クエンティン・タランティーノ監督の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(8月30日公開)も控えるブラッド・ピットが主演と製作を務め、『ノーカントリー』(07)や「メン・イン・ブラック」シリーズ、日本の缶…

パンチありすぎ…!『MIB』のエイリアンたちが個性的!
クリクリおめめが超キュート!『MIB』最新作が個性的エイリアンの玉手箱 6月13日 13:30

地球に生息するエイリアンを監視する組織「MIB」の奮闘を描く大ヒットシリーズの最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が、6月14日(金)より公開される。エージェントたちの活躍や心踊るガジェットなど見どころ満載…

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』海外版ポスターが到着
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』予告、ポスター、場面写真が一挙解禁! 4月25日 16:05

黒スーツとサングラスに身を包み、地球上に生息するエイリアンが犯罪や侵略行為を行わないよう監視、取り締まる最高機密機関「メン・イン・ブラック(MIB)」。彼らの活躍をウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで描いて…

MIB最新作から新予告&ポスター&場面写真が到着
お馴染みの武器もスタイリッシュに進化!? 『MIB』最新作から新予告が到着 2月7日 09:00

黒いスーツとサングラスに身を包み、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする秘密組織MIBエージェントの活躍を描いた「メン・イン・ブラック」シリーズ。ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで大ヒッ…

意外にも初来日のロブ・ライナー監督。最新作『記者たち』に込めた想いを熱弁!
名作を生みだす秘訣とは?ロブ・ライナー監督が渾身の社会派ドラマをひっさげて初来日! 1月31日 20:30

『スタンド・バイ・ミー』(86)や『恋人たちの予感』(89)など、時代を超えて愛され続ける名作・傑作を世に送り出してきたロブ・ライナー監督の最新作『記者たち〜衝撃と畏怖の真実〜』が3月29日(金)の公開に先がけ、31日に…

『マイティ・ソー バトルロイヤル』のコンビが、ド派手な銃を掲げクールにキメる!
新たなコンビがエイリアンから地球を守る!『メン・イン・ブラック:インターナショナル』予告編解禁 12月21日 00:25

黒いサングラスと黒いスーツをトレードマークに、地球上に潜伏するエイリアンの監視・取り締まりを任務とする秘密組織MIBエージェントの活躍を描いた大人気シリーズ「メン・イン・ブラック」。これまでウィル・スミスとトミー・リー・…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > トミー・リー・ジョーンズ

ムービーウォーカー 上へ戻る