TOP > 人物を探す > クリスチャン・ヴァンサン

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2017年 まで合計4映画作品)

2017年

アムール、愛の法廷

  • 2017年5月13日(土)
  • 監督、脚本

第72回ヴェネチア国際映画祭で男優賞と脚本賞を受賞したラブストーリー。厳格な裁判官ミシェルは、陪審員として現れた女医ディットと法廷で再会。ディットは、かつてミシェルが思いを寄せた相手だった。この再会が、冷徹なミシェルの行動を変えてゆく……。主演は「危険なプロット」のファブリス・ルキーニ。シセ・バベット・クヌッセン(「インフェルノ」)は、本作でセザール賞助演女優賞を受賞。監督・脚本は、「大統領の料理人」のクリスチャン・ヴァンサン。

監督
クリスチャン・ヴァンサン
出演キャスト
ファブリス・ルキーニ シセ・バベット・クヌッセン エヴァ・ラリエ コリンヌ・マシエロ
2013年

大統領の料理人

  • 2013年9月7日(土)
  • 監督、脚本

80〜90年代にかけてフランス大統領として活躍したフランソワ・ミッテラン。彼の専属シェフとして、女性として初めてエリゼ宮入りしたシェフ、ダニエル・デルプシュの実話を基にしたヒューマンドラマ。堅苦しい官邸の常識を、その腕前で変えていくヒロインの姿を描き出す。セザール賞の常連、カトリーヌ・フロが主人公を演じる。

監督
クリスチャン・ヴァンサン
出演キャスト
カトリーヌ・フロ ジャン・ドルメッソン イポリット・ジラルド アルチュール・デュポン
2000年

パリの確率

  • 2000年12月9日(土)
  • 脚本

 大人になりきれない青年が未来で自分の孫に会うという設定がユニーク。エッフェル塔が砂丘のなかに健在するなど、ユニークな映像も必見のタイムトラベル・ストーリー。

監督
セドリック・クラピッシュ
出演キャスト
ロマン・デュリス ジェラルディン・ペラス ジャン・ポール・ベルモンド ジュリー・ドパルデュー
1992年

恋愛小説ができるまで

  • 1992年2月29日(土)
  • 監督、脚本

恋愛小説を書くために恋を仕組んだ男が、やがて本当に恋に落ちる姿を描いたラヴ・ストーリー。監督はこれがデビュー作となるクリスチャン・ヴァンサン、製作はアラン・ロッカ、脚本はヴァンサンとジャン・ピエール・ロンサンの共同、撮影はロマン・ヴァンダン、音楽はジェイ・ゴットリーブが担当。

監督
クリスチャン・ヴァンサン
出演キャスト
ジュディット・アンリ ファブリス・ルキーニ モーリス・ガレル マリー・ブネル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > クリスチャン・ヴァンサン

ムービーウォーカー 上へ戻る