映画-Movie Walker > 人物を探す > スコット・ブラディ

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1984年 まで合計15映画作品)

1984年

グレムリン

  • 1984年12月8日(土)公開
  • 出演(Sheriff 役)

クリスマス・プレゼントのペットが異常繁殖して町中が大混乱になるというデザスター・コメディ。製作はマイケル・フィネル。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。監督は「トワイライトゾーン」第三話のジョー・ダンテ。脚本は「俺達の明日」のクリス・コロンバス、撮影はダンテ作品常連のジョン・ホラ、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。グレムリン創造はクリス・ウェイラス、特殊効果監修はボブ・マクドナルド・シニア。出演はザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ、ホイト・アクストン、フランセス・リー・マッケインなど。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
ザック・ギャリガン ホイト・アクストン フランセス・L・マッケイン フィービー・ケイツ
1979年

チャイナ・シンドローム

  • 1979年9月15日(土)公開
  • 出演(Herman_De_Young 役)

テレビ局の女性キャスターが、原子力発電所を取材中に原子炉事故を目撃したことを発端とする、明日にも起こりうる悪夢を描くサスペンス・アクション映画。製作総指揮はブルース・ギルバート、製作はマイケル・ダグラス、監督は「ペーパー・チェイス」のジョームズ・プリッジズ、脚本はマイク・グレイ、T・S・クック、ジェームズ・ブリッジズ、撮影はジェームズ・クレイブ、音楽はスティーブン・ビショップ、編集はデイヴィッド・ローリンズが各々担当。出演はジェーン・フォンダ、ジャック・レモン、マイケル・ダグラス、スコット・ブラディ、ジェームズ・ハンプトン、ピーター・ドーナット、ウィルフォード・プリムリー、リチャード・ハード、ダニエル・バルデス、スタン・ボーマン、ジェームズ・カレン、ドナルド・ホットンなど。

監督
ジェームズ・ブリッジス
出演キャスト
ジェーン・フォンダ ジャック・レモン マイケル・ダグラス スコット・ブラディ
1972年

バンクジャック

  • 1972年10月7日(土)公開
  • 出演(Sarge 役)

警戒厳重な大銀行の金庫から巨額の札束を盗みだす男と女を描くサスペンス編。製作はM・J・フランコヴィッチ、監督・脚本はリチャード・ブルックス、撮影はペトラス・シュロンプ、音楽はクインシー・ジョーンズ、編集はジョージ・グレンヴィルが各々担当。出演はウォーレン・ベイティ、ゴールディ・ホーン、ゲルト・フレーベ、ロバート・ウェバー、スコット・ブラディなど。

監督
リチャード・ブルックス
出演キャスト
ウォーレン・ベイティ ゴールディ・ホーン ゲルト・フレーベ ロバート・ウェバー
1965年

黒い拍車

  • 1965年9月14日公開
  • 出演(Tanner 役)

スティーヴ・フィッシャーのシナリオを「西部の愚連隊」のR・G・スプリングスティーンが監督した西部劇アクション。撮影はラルフ・ウールジー、音楽はジミー・ハスケルが担当した。出演は「西部の愚連隊」のロリー・カルホーン、「荒野の決闘」のリンダ・ダーネル、「青春物語」のテリー・ムーア、「大砂塵」のスコット・ブラディ、「ハタリ!」のブルース・キャボット。ほかに、ロン・チャニー、リチャード・アーレンなど。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
ロリー・カルホーン テリー・ムーア リンダ・ダーネル スコット・ブラディ
1964年

荒野の駅馬車

  • 1964年10月21日公開
  • 出演(Sam_Swope 役)

チャールズ・ウォレスのオリジナル・シナリオを「早射ちロジャース」のウィリアム・F・クラクストンが演出した西部劇。撮影は「底抜けオットあぶない」のW・ウォーレス・ケリー、音楽はポール・ダンラップが担当した。出演は「戦略空軍命令」のバリー・サリヴァン、「腰抜けM・P」のマリリン・マクスウェル、スコット・ブラディ、ロン・チャニーほか。製作はA・C・ライルズ。

監督
ウィリアム・F・クラクストン
出演キャスト
バリー・サリバン マリリン・マックスウェル スコット・ブラディ ロン・チャニー
1959年

殴り込み海兵隊

  • 1959年10月17日公開
  • 出演(1st Lt. Frank_Davis 役)

朝鮮戦線のアメリカ海兵隊の苦闘を描いた戦争映画。レスター・A・サンソムと“底抜けシリーズ”のエルウッド・ウルマンのオリジナル・ストーリーをウルマンが脚色し、「アリゾナの勇者」のR・G・スプリングスティーンが監督した。撮影は「羨望鏡を上げろ」のカール・ガスリー、音楽はマーリン・スカイルズが担当。出演は「大襲撃(1957)」のスコット・ブラディ、他にエレイン・エドワーズ、ロバート・ブレーク、ゴードン・ジョーンズら。製作レスター・A・サンソム。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
スコット・ブラディ エレイン・エドワーズ ロバート・ブレーク ウェイン・ヘフレイ

大襲撃(1957)

  • 1959年10月3日公開
  • 出演(Jonathan_Adams 役)

「群盗の宿」「テキサスから来た男」などを過去に作っているカート・ニューマンが監督した西部劇である。モーリス・ジェラティとミルトン・クリムス共同の書き下ろしシナリオによる。白人画家とインディアンの娘の結びつきを中心とするアクション・ドラマが展開される。撮影はカール・ストラッス。音楽をエドワード・L・アルパーソン・ジュニアが担当している。出演するのは「烙印なき男」のスコット・ブラディ、「夜の人々(1954)」のリタ・ガムの他、ロリー・ネルソン、ネヴィル・ブランド、アリソン・ヘイズ、テッド・デ・コルシア、ライス・ウィリアムズ、メイ・クラークら。製作はエドワード・L・アルパーソン・ジュニア。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
スコット・ブラディ リタ・ガム ネヴィル・ブランド ロリー・ネルソン

絞首台三歩前

  • 1959年1月14日公開
  • 出演

(内容不明)

監督
ジョン・ギリング
出演キャスト
スコット・ブラディ メリー・キャッスル
1958年

早射ち拳銃王

  • 1958年9月18日公開
  • 出演

家畜業者と牧場主のトラブルを描くリーガルスコープ西部劇。オリジナルは70分だが、日本では44分の短縮版で公開。監督はエドワード・バーンズ、製作はバーナード・グラッサー、原作はL・L・フォアマン、脚本はエドワード・バーンズとドン・マーティン、撮影はブライドン・ベイカー、音楽はレス・バクスターが担当。出演はスコット・ブラディ、メイラ・パワーズ、ビル・ウィリアムズ、バートン・マクレーンほか

監督
エドワード・バーンズ
出演キャスト
スコット・ブラディ メイラ・パワーズ ビル・ウィリアムズ バートン・マクレーン
1957年

命知らずの男

  • 1957年1月3日公開
  • 出演(Bill_Anderson 役)

西部開拓史に馳せたカンサス襲撃隊のジェイムス兄弟とキット・ダルトンを主人公にした西部劇。「砂漠部隊」のテッド・リッチモンドが製作、「アリゾナの襲撃」のレイ・エンライトが監督を担当。脚本は「ウィンチェスター銃'73」のロバート・L・リチャーズ、撮影はアーヴィング・グラスバーグ、音楽は「全艦発進せよ」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「地獄の戦線」のオーディ・マーフィ、「裏切りの町角」のトニー・カーティス、「暴力団(1955)」のブライアン・ドンレヴィ、「緑に誓う」のマーゲリット・チャップマンなど。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
オーディ・マーフィ トニー・カーティス リチャード・ロング ブライアン・ドンレヴィ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スコット・ブラディ