映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マックヒュー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1929年 まで合計9映画作品)

1929年

恋の走馬燈

  • 1929年
  • 出演(His_Assistant 役)

「躍る青春」「気まぐれ女優」「乙女よ純なれ」と同じくウィリアム・サイター氏が監督したコリーン・ムーア情主演映画で、ムーア情最初の100パーセント発声映画である。「気まぐれ女優」「船頭さん可愛や」のトム・ジェー・ジェラティ氏が脚本及び脚色を書き下ろし、ムーア嬢附のカメラマン、シド・ヒコックス氏がヘンリー・フロイリッヒ氏と共同撮影した。助演者は「四人の息子(1928)」「艦隊入港」のジェームズ・ホール氏を始め、アギー・ヘリング嬢、クロード・ギリングウォーター氏、ロバート・ホーマンス氏、ベティー・フランシスコ嬢エドワード・アール氏等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
コリーン・ムーア ジェームズ・ホール クロード・ギリングウォーター ロバート・ホーマンス

輝く人生

  • 1929年
  • 出演(Shorty 役)

コロムビア専属の脚色者ドロシー・ハウエル女史のシナリオによったもので、「恋と山羊との話」「赤熱のスピード」と同じくジョセフ・ヘナベリー氏が監督した映画。主役を演ずるのは「感傷の秋」「世界の寵児」のベン・ライオン氏と「サブマリン」「タイグレス」のドロシー・レヴィア嬢とであるが、それを助けて「女の一生」「ショウ・ダウン」のフレッド・コーラー氏が重要な役を演ずるほか、ヘンリー・オットー氏、ジェーン・デリー嬢、等も出演している。キャメラは「サブマリン」「幻の街」と同じくジョセフ・ウォーカー氏。

監督
ジョセフ・ヘナベリー
出演キャスト
ベン・ライオン ドロシー・レヴィア フレッド・コーラー ヘンリー・オットー
1927年

喧嘩舞踏会

  • 1927年
  • 出演(Danny_Finnegan 役)

「愛馬の功名」「地獄極楽」と同じくジェームズ・ピー・ホーガン氏が監督した映画でマーレー及びマック両氏合作の舞台劇を脚色したものである。出演者は「処女時代」「懦夫奮起せば」のカレン・ランディ氏、かつてフート・ギブソン西部活劇に出演したブランシュ・メハフィー嬢、「海浜狂騒曲」のマック・スウェーン氏、チャールズ・マックヒュー氏、アギー・ヘリング嬢等である。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ブランシュ・メハフィー チャールズ・マックヒュー アギー・ヘリング Westcott B. Clark
1926年

娘弁護士

  • 1926年
  • 出演(J._J._Flannigan 役)

「花嫁万歳」「金色の舞」等と同じくロバート・Z・レナード氏の監督作品で、「故郷の土」「殴られる彼奴」等出演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画である。フレデリック及びファニーの両ハットンが合作した舞台劇に基づき、F・ヒュー・ハーバート氏が脚色している。シァラー嬢の相手役は「ミシガン小僧」「美人帝国」等出演のコンラッド・ネーゲル氏で、そのほか「踊る英雄」等出演のジョージ・K・アーサー氏、メアリー・マカリスター嬢、等も出演している。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ノーマ・シアラー コンラッド・ネーゲル ジョージ・K・アーサー メアリー・マカリスター
1925年

胡蝶春秋

  • 1925年
  • 出演(Mr._Shannon 役)

ルース・クロス女史作の小説に基いてホープ・ロアリング女史とルイス・D・ライトン氏とが脚色し「海の野獣」「涙の海路」等と同じくミラード・ウェッブ氏が監督したもので、主役は「涙の海路」「疾風乱れ髪」等出演のヘレン・チャドウィック嬢と「愁いの明星」「幸福の扇」等出演のハントリー・ゴードン氏が勤めリチャード・タッカー氏、フランク・カンポー氏、マーガレット・セドン嬢が助演している。

監督
ミラード・ウェッブ
出演キャスト
ヘレン・チャドウィック ハントリー・ゴードン リチャード・タッカー フランク・カンポー
1923年

女は曲者

  • 1923年
  • 出演(Shuttlesworth 役)

スコット・フィッツジェラルド原著の小説「美しく、呪はれしもの」に基づき、オルガ・ブリンツロウが脚色し、「唖も語る」と同じくウィリアム・A・サイターが監督した。主役は「結婚とは」出演のマリー・プレヴォーと「天空征服」「唖も語る」等出演のケネス・ハーラン「結婚とは」等出演のハリー・マイヤースで、その他良い役割である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
マリー・プレヴォー ケネス・ハーラン ハリー・マイヤース タリー・マーシャル

命を的に

  • 1923年
  • 出演(Old_Man_Turner 役)

リチャード・ハーディング・デイヴィス原作の「アンディー・マッギーのコーラス・ガール」“Andy McGee's Chorus Girlを、ユージーン・V・ルイスが脚色し、「豪傑ダン」「男の中の男」等と同じくウィリアム・A・ウェルマンが監督し、「豪傑ダン」「死線突破」等主演のチャールズ・ジョーンズの主演。対手は「豪傑ダン」と同じくマリアン・ニクソンである。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ マリアン・ニクソン ブルックス・ベネディクト Eileen O'Malley
1918年

山羊

  • 1918年
  • 出演(Mr._McCarthy 役)

喜歌劇から映画界に入ったフレッド・ストーン氏の処女作であり、又本邦に於る氏の御目見得映画である。撮影場の内部を背景とした喜劇で、フランセス・マリオン嬢原作、ドナルド・クリスプ氏の監督である。新顔のウィニフレッド・グリーンウッド嬢が氏の恋人に扮し、「山賊と牧師」「鷹の追跡」出演のリー・ミッチェル嬢や、感じの良いフィロ・マッカロー氏其他パ社の御歴歴レイモンド・ハットン氏、ノアー・ビーリー氏等も顔を見せる。

監督
ドナルド・クリスプ
出演キャスト
フレッド・ストーン ファニー・ミドグレイ チャールズ・マックヒュー リー・ミッチェル

名声と財産

  • 1918年
  • 出演(Judge_Quinn 役)

フォックスの花形で西部劇の名手トム・ミックス氏が五巻物で御目見得映画。監督は自然劇の老練家リン・F・レイノルズ氏対手はユ社映画で御馴染のキャスリーン・オコンナー嬢である。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
トム・ミックス キャスリーン・オコンナー ジョージ・ニコルズ チャールズ・マックヒュー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・マックヒュー