TOP > 人物を探す > レイ・ウォーカー

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1937年 まで合計7映画作品)

1937年

命を賭ける男(1937)

  • 1937年
  • 出演(Maxie 役)

「第二の女」「襤褸と宝石」のゲイル・パトリック、「シスコ・キッド(1935)」「特高警察」のリカルド・コルテス、「将軍暁に死す」「女罠」のエイキム・タミロフが共演する映画で、オリヴァ・H・Pギャレットの原作を「歌へ陽気に」のウォーレス・スミスと「親分はお人好し」のイヴ・グリーンが協力脚色し、「呪われた女」「少年G戦線」のエドワード・ルドウィグが監督に当たり「呪われた女」のレオン・シャムロイが撮影したもの。助演者は「ローズ・ボール」のトム・ブラウン、「巌窟王(1934)」のルイス・カルハーン、新進のジューン・マーテル、ドロシー・ピーターソン、ラルフ・ハロルド、ジャック・ラルー等の面々である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
ゲイル・パトリック リカルド・コルテス エイキム・タミロフ トム・ブラウン
1936年

麗人遁走曲

  • 1936年
  • 出演(Freddie 役)

「一九三七年の大放送」のマーサ・レイ及びシャーリー・ロスが「放送豪華版」のロバート・カミングス、「一九三七年の大放送」のルイ・ダブロンを相手に主演する映画で、デイヴィッド・ガースの原作を「暗黒街全滅」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「名馬物語」のジョージ・アーチェンボードが監督に当たり、「美しき野獣」のジョージ・クレメンスが撮影した。助演は「ルムバ」のモンロー・オーズリー、新顔のヴィルマ・フランシス及びエリザベス・ラッセル、「情無用ッ」のエドワード・プロフィー等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
マーサ・レイ シャーリー・ロス ロバート・カミングス モンロー・オーズリー

大都会の歓呼

  • 1936年
  • 出演(Eddie_Bell 役)

「カリアンテ」「カジノ・ド・パリ」のフィル・リーガンが舞台俳優として名あるウォルター・C・ケリーおよび「狂恋のつばさ」「ポーリンの冒険」のエヴァリン・ナップと共に主演する映画で、シドニー・サザーランドとウォーレス・サリバン合作のオリジナルをオリーブ・クーパー、ベン・ライアンおよびスタンリー・ローが協力脚色し、「空中散歩」「町一番のちゃっかり娘」のジョセフ・サントリーが監督に当たり、「霧の天国「紳士ギャング」のミルトン・クラスナーがレジー・ラニングと協力撮影したもの。助演者は「ハリウッドスター合戦」のレイ・ウォーカー、「情無用ッ」のウォーレン・ハイマー、「虎鮫島脱獄」のJ・M・ケリガン、「ローズ・マリイ(1936)」のハーマン・ビング、「フランケンシュタインの花嫁」のメアリー・ゴードン、「Gメン」のレイモンド・ハットン等である。

監督
ジョセフ・サントリー
出演キャスト
フィル・リーガン ウォルター・C・ケリー エヴァリン・ナップ レイ・ウォーカー
1935年

迷優ナポレオン

  • 1935年
  • 出演(Doc 役)

「百万弗小僧」「シュヴァリエの巴里っ子」のアン・サザーンが主演する映画でジーン・タウンとグレアム・ベイカーが書き卸し、「舗道の雨」のガートルード・パーセルがベニー・ルービンと協力して脚色し、「紐育→桑港」「からくり珍裁判」のエドワード・バゼルが監督に当たり、「歌の翼」「その夜の真心」のジョセフ・ウォーカーが撮影したもの。「花嫁は泣きました」のジャック・ヘイリー、「罪じゃないわよ」のロジャー・プライアを初め、「歌の翼」のサーストン・ホール、「海を嫌う船長」のイネズ・コートニー、ヴィクター・キリアン、レイ・ウォーカー等が出演する。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
アン・サザーン ジャック・ヘイリー ロジャー・プライア サーストン・ホール
1934年

ベビイお目見得

  • 1934年
  • 出演(Larry_Scott 役)

「歓呼の嵐」「可愛いマーカちゃん」出演のシャーリー・テンプルが主演する映画でジェームズ・P・ジャッジの原作を「戦争と母性」のフィリップ・クラインと小エドワード・E・パラモアが共同脚色し、「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督し「友情の曲線」のL・ウィリアム・オコネルが撮影した。テンプルを囲って「水兵上陸」「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「断崖の砲火」のクレア・トレヴァーが共演するほか、「米国の暴露」のアラン・ダインハート、「世界大洪水」のラルフ・ハロルド、レイ・ウォーカー、ドロシー・リベーア等が助演している。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジェームズ・ダン クレア・トレヴァー アラン・ダインハート

三日姫君

  • 1934年
  • 出演(Dan_Kirk 役)

B・P・シュールバーグが製作した映画で「舗道」「路傍」と同じくシルヴィヤ・シドニーの主演作品であり、同じくマリオン・ガーリングが監督したものである。原作はクラレンス・バディントン・ケランドの小説で、それを「美人探し」「路傍」のサム・ヘルマンが「我等は楽しく地獄へ行く」のエドウィン・ジャスタス・メイヤーと共に改作し、そして「力と栄光」のプレストン・スタージェスが「路傍」「ゆりかごの唄」のフランク・パートスと協力して撮影台本を書いた。対手役は「妾は天使じゃない」「七月の肌着」のケーリー・グラントで、その他「妾は天使じゃない」のエドワード・アーノルド、「暗黒街の顔役(1932)」のヴィンス・バーネット、「シナラ」のヘンリー・スティーブンソン、エドガー・ノートン、等が出演している。撮影は「三角の月」「路傍」のレオン・シャムロイの担任である。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
シルヴィア・シドニー Princess Catterina ケイリー・グラント エドワード・アーノルド

放送ビルディング

  • 1934年
  • 出演(Cliff_Miller 役)

「かぼちゃ太夫」のジョー・モリソンが「坊やはおやすみ」「青春罪あり」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズを相手に主演する映画で、リビー・ブロックの原作を「紅唇罪あり」のキャスリン・スコラが「ブラウンの爆裂珍艦隊」のポール・ジェラード・スミスと協力して脚色し「銀鼠流線型」「嫌疑者」のラルフ・マーフィーが監督に当たり、「女装陸戦隊」「かぼちゃ太夫」のベン・F・レイノルズが撮影した。助演者は「コンゴ」のコンラッド・ネーゲル、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、ゲイル・パトリック、トビー・ウィングその他である。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
ジョー・モリソン ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ コンラッド・ネーゲル アーリン・ジャッジ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > レイ・ウォーカー