映画-Movie Walker > 人物を探す > サスキア・リーヴス

年代別 映画作品( 1998年 ~ 2017年 まで合計8映画作品)

2017年

プライム・ターゲット

  • 2017年7月17日(月)
  • 出演(President 役)

「ロフト.」および同作品のハリウッドリメイク版「パーフェクト・ルーム」を手がけたベルギー人監督エリク・ヴァン・ローイによるスリラー。特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017』にて上映。

監督
エリク・ヴァン・ローイ
出演キャスト
ケーン・デ・ボーウ サスキア・リーヴス アダム・ゴドリー ネイサン・ウィレイ
2014年

記憶探偵と鍵のかかった少女

  • 2014年9月27日(土)
  • 出演(ミシェル・グリーン 役)

他人の記憶に潜入できる特殊な力を持った探偵が、その力を駆使して事件解決に挑むサスペンス・スリラー。自室に引きこもってしまった原因を探ろうとする両親の依頼により、その娘の記憶に潜入した記憶探偵が意外な事実にたどりつく。ヒロイン、アナを演じるのは女優で映画監督も務めるヴェラ・ファーミガの妹タイッサ・ファーミガ。

監督
ホルヘ・ドラド
出演キャスト
マーク・ストロング タイッサ・ファーミガ ブライアン・コックス サスキア・リーヴス
2004年

テッセラクト

  • 2004年6月19日(土)
  • 出演(Rosa 役)

「the EYE【アイ】」の鬼才、オキサイド・パン監督最新作。タイのさびれたホテルで交錯する複雑な人間模様と衝撃の結末を、斬新な映像でスリリングに描きだす。

監督
オキサイド・パン
出演キャスト
ジョナサン・リース・マイヤーズ サスキア・リーヴス アレクサンダー・レンデル レナ・クリステンセン
2000年

GO!GO!L.A.

  • 2000年2月26日(土)
  • 出演(Joy 役)

ロサンゼルスのショウビズ界を舞台にしたイギリス人青年のラヴ・ストーリー。監督はアキ・カウリスマキの実兄で「アマゾン」のミカ・カウリスマキ。脚本はリチャード・レイナーの『Los Angels without a Map』を基にミカ・カウリスマキ、リチャード・レイナーが執筆。製作は「バタフライ・キス」のジュリー・ベインズとサラ・ダニエル。製作総指揮は「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」のディーパック・ネイヤー。撮影は「ドーベルマン」のミシェル・アマチュー。音楽は「フィフス・エレメント」のセバスチャン・コルテラ。美術は「マイ・フレンド・メモリー」のキャロライン・ハナニア。編集は「アンダー・ザ・スキン」のエワ・J・リンド。衣裳は「スネーク・アイズ」のヤスミン・エイブラハム。出演は「バッファロー'66」のヴィンセント・ギャロ、「愛のトリートメント」のジュリー・デルピー、「アイズ ワイド シャット」のヴィネッサ・ショウほか。

監督
ミカ・カウリスマキ
出演キャスト
ヴィンセント・ギャロ ジュリー・デルピー デヴィッド・テナント ヴィネッサ・ショウ
1998年

HEARTハート

  • 1998年
  • 出演(Maria Ann McCardle 役)

事故死した少年の心臓を移植された男と少年の母親の鬼気迫る愛憎劇を描いたサスペンス。脚本はテレビシリーズ『心理探偵フィッツ』(NHK衛星放送にて放映)「司祭」などで知られるジミー・マクガヴァンで、監督には『心理探偵フィッツ』などのテレビの演出で活躍したチャールズ・マクドゥガルが登板。製作のニコラ・シンドラー、編集のエドワード・マンセルは『心理探偵フィツツ』に参加。製作総指揮はピッパ・クロス、ガブ・ニール。撮影はジュリアン・コート。音楽はステイーヴン・ウォーベック。音楽監修はボブ・ラスト。衣裳はジェームズ・キースト。出演は『心理探偵フィッツ』「エリザベス」のクリストファー・エクルストン、「バタフライ・キス」のサスキア・リーヴス、「ツイン・タウン」のリス・エヴァンズほか。

監督
チャールズ・マクドゥガル
出演キャスト
クリストファー・エクルストン サスキア・リーヴス リス・エヴァンス ケイト・ハーディー

バタフライ・キス

  • 1998年5月2日(土)
  • 出演(Miriam 役)

連続殺人を重ねていく女性と、彼女に付き添っていく女性の旅を描いた愛と救済の物語。監督は「GO NOW」「日蔭のふたり」の新鋭マイケル・ウィンターボトム。製作はジュリー・ベインズ。脚本はフランク・コトレル・ボイス。撮影はシェイマス・マクガーヴィ。音楽はジョン・ハールで、ビョーク、クランベリーズ、シャンプー、PJハーヴェイらの曲が使用されている。編集はトレヴァー・ウェイト。出演は「パルプ・フィクション」のアマンダ・プラマー、「橋の上の貴婦人」のサスキア・リーヴス、「レイニング・ストーンズ」のリッキー・トムリンソン、「遠い声、静かな暮らし」のフリーダ・ドウイほか。

監督
マイケル・ウィンターボトム
出演キャスト
アマンダ・プラマー サスキア・リーヴス カシー・ジェイミースン デス・マッカリア
1992年

橋の上の貴婦人

  • 1992年8月15日(土)
  • 出演(Isobel 役)

青年画家と美しい実業家夫人との恋とその破局を描くラヴ・ストーリー。イギリスの印象派画家フィリップ・ウィルソン・スティアの代表作『橋』にインスパイアされて書かれたマギー・ヘミングウェイの処女小説(邦題『橋の上の貴婦人』文芸春秋刊)の映画化で、本作がデビュー作となるシド・マカートニーが監督、製作はリン・ゴールビー、撮影はデイヴィッド・タッターソル、音楽はリチャード・G・ミッチェルが担当。

監督
シド・マカートニー
出演キャスト
サスキア・リーヴス デイヴィッド・オハラ ジョス・アクランド ローズマリー・ハリス

クローズ・マイ・アイズ

  • 1992年8月22日(土)
  • 出演(Natalie 役)

親の離婚ではなればなれに育った姉と弟が、久しぶりの再会でお互いに魅かれ合い、苦悩する姿を描いたドラマ。監督・脚本は「ヒドゥン・シティー」のスティーブン・ポリアコフ、製作はテレーズ・ピッカード、撮影はヴィトルド・ストック、音楽は「シルビーの帰郷」のマイケル・ギブスが担当。

監督
スティーブン・ポリアコフ
出演キャスト
アラン・リックマン クライヴ・オーウェン サスキア・リーヴス カール・ジョンソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > サスキア・リーヴス