TOP > 映画監督・俳優を探す > ビル・ボイド

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1933年 まで合計7映画作品)

1933年

若き隼

  • 1933年
  • 出演(Manton 役)

「永遠の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが「スター悩殺」「犯罪都市(1931)」のメイ・クラークと「失踪者三万人」「犯罪都市(1931)」パット・オブライエンを相手に主演する映画で、ハウストン・プランチの原作を「世界大洪水」のジョン・グッドリッチと「怪盗往来」のマルコム・スチュアート・ボイランが共同脚色し、「幸運の悪魔」のラルフ・インスが監督にあたり、「春ひらく(1931)」「沈黙(1931)」のチャールズ・ロシャーが撮影した。助演者は「六月十三日の夜」のヘレン・ウェーア、「ケンネル殺人事件」のロバート・マクウェード、「海の荒鷲(1933)」のロロー・ロイド等である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ビル・ボイド メイ・クラーク パット・オブライエン ロバート・マクウェード

幸運の悪魔

  • 1933年
  • 出演(Skipper 役)

「怒号する天地(1932)」「米国撃滅艦隊」のビル・ボイドが主演する映画で、ケイシー・ロビンソンとボッブ・ローズが書き下ろした原作を、「武装ラグビー」のベン・マークソンとアグネス・クリスティン・ジョンストンが共同脚色し、俳優だったラルフ・インスが監督に当たり、「山荘の殺人」「独立守備隊」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。助演者は「雨」「暴風の処女」のウィリアム・ガーガン、「キング・コング(1933)」「青春罪あり」のブルース・キャボット、新人ドロシー・ウィルソン、「シマロン(1931)」のロスコー・エイツ、「南海の劫火(1932)」のクレイトン・チェニー、「三角の月」のウィリアム・ベイクウェル、その他である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ビル・ボイド ドロシー・ウィルソン ウィリアム・ガーガン ブルース・キャボット
1932年

怒号する天地(1932)

  • 1932年
  • 出演(Buck_Gannon 役)

「米国撃滅艦隊」と同じくアルバート・S・ロージェルが監督し、ビル・ボイドとジンジャー・ロジャースが共演する映画で「惨劇の波止場」のマリオン・ジャクスンとドン・ライアンが共同執筆した原作を「空中大曲芸団」「陽気な後家さん」のジェームズ・シーモアが脚色し、「討伐隊」「アリゾナ・ギャング」のテッド・マッコードが撮影した。助演者は「白馬王国」「テキサス無頼漢」のフレッド・コーラー、「ミラクルマン(1932)」「大飛行船」のホバート・ボスウォース、「希望の星」「マデロンの悲劇」のマリー・プレヴォー、「ハア・マン」「アイスクリーム艦隊」のハリー・スウィート、チャールズ・セロン、エドガー・ケネディ等である。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ビル・ボイド ジンジャー・ロジャース フレッド・コーラー ホバート・ボスウォース
1931年

滅びゆく凱歌

  • 1931年
  • 出演(Bill 役)

ホレース・ジャクスン及びジェームズ・グリースン両氏がストーリーを組み立て脚色したものによって「船出の朝」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「海の荒鷲(1933)」「赤ちゃん母さん」のノーバート・ブロディンが撮影した映画で、主なる出演者は「脱走兵物語」「非常警戒」のビル・ボイド、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、ラッセル・グリースン、新進マリオン・シリング、「毒瓦斬」のリシー・アルナ、ルー・コディー、フレッド・スコット、メアリー・カー、ウェード・ボトラー、セオドア・フォン・エルツなどである。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ビル・ボイド ザス・ピッツ ルー・コディ マリオン・シリング

ペインテッド・デザート(1931)

  • 1931年
  • 出演(Bill_Holbrook 役)

「非常警戒」「脱走兵物語」と同じくビル・ボイド主演映画で「波乗り越えて」「脱走兵物語」のハワード・ヒギンが監督したもの。原作脚色はヒギンとトム・バッキンガムとの共同担任で、エドワード・スナイダーが撮影した。助演者は「ハア・マン」「猫は這い寄る」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、沈黙映画時代のスターたりしウィリアム・ファーナム、「最後の一人」「海の復讐」のJ・ファーレル・マクドナルド、舞台劇から映画入りしたクラーク・ゲーブル、チャールズ・セロン、ウィリアム・ウォーリング、エドモンド・ブリーズ、アル・セント・ジョン、ウェード・ボトラー等である。

監督
ハワード・ヒギン
出演キャスト
ビル・ボイド ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ ウィリアム・ファーナム J・ファーレル・マクドナルド

米国撃滅艦隊

  • 1931年
  • 出演(Baltimore 役)

「滅び行く凱歌」「ペインテッド・デザート」のビル・ボイドを助けて、「鉄青年」「暴露戦術」のロバート・アームストロング、「ビッグ・マネー」のジェームズ・グリースン、及び「三太郎大西洋横断」「熱愛四重奏」のジンジャー・ロジャースが共演する映画で、ハーバート・A・ジョーンズ中佐の「ミステリー・シップ」を、リュウ・リプトンが脚色し、「熱砂の騎士」のアルバート・S・ロージェルが監督、「支配する声」選手の後に娘あり」のソル・ポリートが撮影した。助演者は「峻峰の争闘」のハリー・バニスター、ベン・アレクサンダー等である。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ビル・ボイド ロバート・アームストロング ジェームズ・グリースン ジンジャー・ロジャース

命を売る男(1931)

  • 1931年
  • 出演(Alan_Beckwith 役)

「ドノヴァン・キッド」と同じくフレッド・ニブロが監督にあたったもので、オクタヴァス・ロイ・コーエンの原作に基づいて「彼女の用心棒」のウォルター・デレオンがF・マッグルー・ウィリスと共同脚色した。「幸運の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが主役を勤め、「天晴れ競馬で一つかみ」のジェームズ・グリースン、「地獄特急」のワーナー・オーランド、「船出の朝」のドロシイ・サバスチアン「満蒙龍騎隊」のザス・ピッツ、「シマロン(1931)」のウィリアム・コリアー・ジュニア、「地方検事」のラルフ・インス、「爆走する悪魔」のジェネヴァ・ミッチェル等で、撮影は「あめりか祭」「女性暴君」のハル・モーアが担当している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ビル・ボイド ジェームズ・グリースン ワーナー・オーランド ドロシー・セバスチャン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ビル・ボイド

ムービーウォーカー 上へ戻る