TOP > 映画監督・俳優を探す > F・マッグルー・ウィリス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計16映画作品)

1924年

離婚希望

  • 1924年
  • 脚色

「固唾を呑んで」に続いてアル・クリスチー氏が制作し、ビ・ディー・シー社から発売した第2回長編喜劇活劇で、原作はハーバート・ホール・ウィンスロウ氏とエミル・ナイトレイ氏合作になる舞台劇「君の妻は何をして居るね?」である。脚色はF・マッグルー・ウィリス氏、監督は「固唾を呑んで」と同じくスコット・シドニー氏で、主役は「アダムとエヴァ」「負けじ魂」主演のT・ロイ・バーンズ氏、「独身倶楽部」「結婚とは」等のハリー・マイヤース氏「燃ゆる砂」「ヤング・ラジャー」のワンダ・ホウリー嬢「バヴー」のシルヴィア・ブリーマー嬢「固唾を呑んで」のタリー・マーシャル氏、その他の人々である。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ ハリー・マイヤース ワンダ・ホウリー シルヴィア・ブリーマー
1923年

混線婿君

  • 1923年
  • 脚色

エドワード・ポールトン氏原作の舞台劇に基づきF・マッグルー・ウィリス氏が脚色し、ジョン・マクダーモット氏が監督したもの。主役は「荒れ狂う猛将」「黄金の誘惑」等に出演したオーエン・ムーア氏と「バヴー」「悪魔(1921)」等出演のシルヴィア・ブリーマー嬢でその他に「人魚は踊る」等出演のシド・チャップリン氏「固唾を呑んで」等出演のタリー・マーシャル氏等が出演している。

監督
ジョン・マクダーモット
出演キャスト
オーエン・ムーア シドニー・チャップリン シルヴィア・ブリーマー タリー・マーシャル

消え行く燈明

  • 1923年
  • 脚色

現代英文学を語るものでキプリングの名を知らないものはない。この映画は氏の原作になった小説に基づいたもので、マッグルー・ウィリスとジャック・カニンガムが脚色し、「シーク」「妻欺くなかれ」等と同じくジョージ・メルフォードが監督した。主役は「冬来りなば」で名声を挙げたパーシー・マーモントと「干潮」「一時間六十仙」「剣劇の響」等出演のジャクリーン・ローガンで、「涙の街」「有閑階級」等出演のシグリッド・ホルムキストや、先日死んだデイヴィッド・トーレンスが共演している。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
ジャクリーヌ・ローガン パーシー・マーモント デイヴィッド・トーレンス シグリッド・ホルムキスト
1920年

幻の旋律

  • 1920年
  • 原作

モンロー氏最後のユ社映画で、亦恐くはこの映画によって当分氏の出演劇には接せない事になろう。イタリアを背景にし恋と復讐の珍らしい劇筋で、予てユ社映画で御馴染みのダグラス・ジェラード氏の監督である。

監督
ダグラス・ジェラード
出演キャスト
Montroe Slisbury J・バーニー・シェリー Ray Gallagher チャールズ・ウェスト
1919年

勝負の果

  • 1919年
  • 脚本

ジョージ・エルウッド・ジェンクスの原作を、F・マッグルー・ウィリスが脚色し、ジェス・D・ハンプトンが監督した西部劇で時代は1849年頃である。ウォーレン・ケリガン氏とロイス・ウィルソンの共演になり、ジャック・リチャードソンらが敵役を承っている。

監督
ジェス・D・ハンプトン
出演キャスト
ジャック・ウォーレン・ケリガン ロイス・ウィルソン Alfred Whitman ジャック・リチャードソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > F・マッグルー・ウィリス

ムービーウォーカー 上へ戻る