TOP > 人物を探す > F・マッグルー・ウィリス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計16映画作品)

1934年

名馬物語

  • 1934年
  • 脚本

「雨」「世界拳闘王」のウォルター・ヒューストンが主役を勤める映画で、レナード・H・ネーソン作の大衆小説にもとずき「スパイK14号」のアルバート・ウィリスと共同して脚色し「地方検事」「スパイK14号」のジョージ・アーチェンボードが監督に当たり、「肉弾鬼中隊(1934)」のハロルド・ウェンストロムが撮影した。助演俳優は「若草物語(1933)」「濡れた拳銃」のフランセス・ディーを始め、「恋の手ほどき(1933)」のミナ・ゴンベル、「ケンネル殺人事件」のフランク・コンロイ、ラルフ・レムレー、G・パット・コリンズ等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン フランセス・ディー ミナ・ゴンベル フランク・コンロイ
1933年

海軍士官候補生(1933)

  • 1933年
  • 脚色

「青春罪あり」「キング・コング(1933)」のブルース・キャボットが主役を演ずる映画で、原作脚色及び監督は昔鳴らした古強者のF・マクグルー・ウィリス及びクリスティー・キャバンヌが夫々当り、撮影は「裸女と蝿」「荒浪越えて」のアルフレッド・ギルクスが担当している。助演者は「幸運の悪魔」「熱血撮影隊」のベティー・ファーネスを始め、「歓呼の夜」のフランク・アルバートソン、「全米軍」のジョン・ダーロウ、「恋愛即興詩」のアーサー・レイク、「豚児売り出す」のパーネル・プラット、マーガレット・セドン、フローレンス・レイク等である。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
ブルース・キャボット ベティ・ファーネス フランク・アルバートソン アーサー・レイク
1931年

米国撃滅艦隊

  • 1931年
  • 台詞

「滅び行く凱歌」「ペインテッド・デザート」のビル・ボイドを助けて、「鉄青年」「暴露戦術」のロバート・アームストロング、「ビッグ・マネー」のジェームズ・グリースン、及び「三太郎大西洋横断」「熱愛四重奏」のジンジャー・ロジャースが共演する映画で、ハーバート・A・ジョーンズ中佐の「ミステリー・シップ」を、リュウ・リプトンが脚色し、「熱砂の騎士」のアルバート・S・ロージェルが監督、「支配する声」選手の後に娘あり」のソル・ポリートが撮影した。助演者は「峻峰の争闘」のハリー・バニスター、ベン・アレクサンダー等である。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ビル・ボイド ロバート・アームストロング ジェームズ・グリースン ジンジャー・ロジャース

命を売る男(1931)

  • 1931年
  • 脚色

「ドノヴァン・キッド」と同じくフレッド・ニブロが監督にあたったもので、オクタヴァス・ロイ・コーエンの原作に基づいて「彼女の用心棒」のウォルター・デレオンがF・マッグルー・ウィリスと共同脚色した。「幸運の悪魔」「怒号する天地(1932)」のビル・ボイドが主役を勤め、「天晴れ競馬で一つかみ」のジェームズ・グリースン、「地獄特急」のワーナー・オーランド、「船出の朝」のドロシイ・サバスチアン「満蒙龍騎隊」のザス・ピッツ、「シマロン(1931)」のウィリアム・コリアー・ジュニア、「地方検事」のラルフ・インス、「爆走する悪魔」のジェネヴァ・ミッチェル等で、撮影は「あめりか祭」「女性暴君」のハル・モーアが担当している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ビル・ボイド ジェームズ・グリースン ワーナー・オーランド ドロシー・セバスチャン
1930年

のんきな叔母さん

  • 1930年
  • 脚色、台詞

「女は真っ平(1931)」「陽気な中尉さん」のチャールズ・ラグルズが主演する映画で、かつて映画化されたことのあるブランドン・トーマス原作の小説及び舞台喜劇に基づいて、F・マッグルー・ウィリスが脚色して台詞を書き、クリスティー・フィルム社社長で喜劇映画界一方の覇者たるアル・E・クリスティーが監督、製作した。助演者は「おしゃれ牧場」「連隊の花形」のジューン・コリアー、「海行かば(1930)」のドリス・ロイド、「雷親爺」のハリウェル・ホップス、ヒュー・ウィリアムスらで、カメラはガス・ピーターソン担任。

監督
アル・E・クリスティー
出演キャスト
チャールズ・ラグルズ ジューン・コリアー ヒュー・ウィリアムズ ドリス・ロイド
1929年

私のあなた

  • 1929年
  • 脚色

「歓楽地帯」「恋と休暇」「楽天奇術師」等出演のジャック・マルホール氏のスター昇進第一回主演映画で、マーガレット・メイヨ女史とソールズベリー・フィールド氏とが合作した舞台喜劇に基いて「恋と休暇」「美人売約済」のユフ・マッグルー・ウィリス氏が脚色し「高速度娘」「熱血ボクシング手」のアルフレッド・サンテル氏が監督し、「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ポリート氏が撮影した。助演者は「ニューヨーク狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢を始め、「私のパパさん」「断想悲曲」のアーマンド・カリス氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢及び「ダミー」「結婚行進曲」ののザス・ピッツ嬢。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ジャック・マルホール パッシー・ルス・ミラー アーマンド・カリス ガートルード・アスター

恋と休暇

  • 1929年
  • 脚色

「笑う門には福来る」「スピード花嫁」と同じくドロシー・マッケール嬢ジャック・マルホール氏共演喜劇で「煩悩」の原作者ケニオン・ニコルソン氏がトマス・バロウス氏と合作した舞台劇を「のんきなおばさん」のエフ・マッグルウ・ウィル氏が脚色し「彼とお姫様」「歟太捕物記」のウィリアム・ボーディン氏が監督した。キャメラは「高速度娘ジャズの巻」「躍る青春」のシッド・ヒッコックス氏が担任した。助演者としてはガートルード・アスター嬢、エディ・グリッボン氏が活躍している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ジャック・マルホール ガートルード・アスター ジェームズ・フィンレイソン
1927年

美人売約濟

  • 1927年
  • 脚本

「奥様お耳拜借」「特制鋼鉄人形」等出演のマリー・プレヴォー嬢が主演する映画で「霹靂の巨弾の下に」「歓楽の不夜城」等と同じくE・メイソン・ホッパー氏が監督した。プレヴォー嬢の相手役は「楽園に帰る(1928)」「恋と挙闘」等出演のチャールズ・レイ氏で、そのほか「艶争奪戦」のハリー・マイヤース氏、「浮気は御法度」のサリー・ランド嬢、フランクリン・パングボーン氏、デル・ヘンダーソン氏、フリッツィ・リッジウェイ嬢等が助演する。

監督
E・メイソン・ホッパー
出演キャスト
マリー・プレヴォー チャールズ・レイ ハリー・マイヤース サリー・ランド

寝台車の女

  • 1927年
  • 脚色

「破戒」「美人売約済」のマリー・プレヴォー嬢が主演する映画でウィルソン・コリソン氏の原作から「恋と休暇」「美人売約済」のF・マッグルー・ウィリス氏が脚色並びに撮影台本を執筆し「桃色曲芸団」「我侭女房」のアール・C・ケントン氏が監督し「難破船」「ラッシュ・アワー」のデューウィ・リグリー氏が撮影した。主演者の他に「三週間」「金髪騒動」のハリソン・フォード氏、「歓楽地帯」「ダイアモンド強奪事件」のキャスリン・マクガイア嬢、「美人売約済」「幻の街」のハリー・マイヤース氏、フランクリン・パングボーン氏、エセル・ウェールス夫人等が助演している。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
マリー・プレヴォー ハリソン・フォード フランクリン・パングボーン キャスリン・マクガイア
1926年

素晴らしい果報者

  • 1926年
  • 脚色

アル及びチャールズ・クリスティー氏の制作した喜劇で、E・J・ラス氏の小説に基づきオーウェン・デイヴィス氏が戯曲化した舞台の当たり狂言を映画にしたものである。「のんきな叔母さん」と同じく脚色にはF・マッグルー・ウィリス氏、監督にはスコット・シドニー氏が夫々にその任に当たっている。「浮気は御法度」のハリソン・フォード氏、「肉体の道」のフィリス・ヘイヴァー嬢、「凸凹サーカスの巻」のチェスター・コンクリン氏とマック・スウェイン氏、「アンニー・ローリー」のホバート・ボスウォース氏、その他クリスティー喜劇の花形ヴェラ・ステッドマン嬢、チャールズ・ジェラード氏、クラレンス・バートン氏、等共演の賑かな顔触れである。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ハリソン・フォード フィリス・ヘイヴァー チェスター・コンクリン マック・スウェイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > F・マッグルー・ウィリス

ムービーウォーカー 上へ戻る