映画-Movie Walker > 人物を探す > 松任谷由実

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2010年 まで合計10映画作品)

2010年

アトランティス(2010年再公開版)

  • 2010年9月4日(土)公開
  • 字幕

海を彩る生命たちの姿をとらえた自然ドキュメンタリー。監督は、「アデル/ファラオと復活の秘薬」のリュック・ベッソン。バハマのマダライルカ、ニューカレドニアのアオマダラウミヘビ、ガラパゴス諸島のウミイグアナ、フロリダのアメリカマナティらの生態を、「ニキータ」のエリック・セラの音楽と共に描いていく。

監督
リュック・ベッソン
2004年

天国の本屋 恋火

  • 2004年5月29日(土)公開
  • 主題歌

天国と地上を結ぶ愛の奇跡を描いたファンタジー。監督は「深呼吸の必要」の篠原哲雄。松久淳と田中渉による2篇の原作『天国の本屋』『天国の本屋 恋火』を基に、狗飼恭子と篠原監督が共同で脚色。撮影を「星に願いを。」の上野彰吾が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「eiko」の玉山鉄二。

監督
篠原哲雄
出演キャスト
竹内結子 玉山鉄二 原田芳雄 香川照之
1997年

時をかける少女(1997)

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 主題歌

ひとりの少女と、未来からやってきた青年との淡い恋を描いた青春ファンタジー。かつて大林宣彦監督、原田知世主演で映画化された筒井康隆原作のジュブナイル小説を、大林版の製作者でもあった角川春樹が、「REX 恐竜物語」以来4年ぶりの映画界復帰第1作として自らの製作・監督によりリメイクした。脚本は「日本一短い「母」への手紙」の伊藤亮二と「あした」の桂千穂、角川の共同。撮影を「義務と演技」の仙元誠三が担当している。主演はともに新人の中本奈奈と中村俊介。

監督
角川春樹
出演キャスト
中本奈奈 中村俊介 倍賞美津子 久我美子
1996年

Pipi とべないホタル

  • 1996年3月23日(土)公開
  • 主題歌

飛ぶことのできないホタルと仲間たちの友情と冒険を描いた長篇アニメーション。監督は「花の季節」の中田新一。小学校教諭時代にクラスの壁新聞のために執筆したという小沢昭巳の原作を、テレビ・ドラマ『国語入試問題必勝法』の加藤宏美が脚色している。文部省選定。

監督
中田新一
出演キャスト
藤田淑子 松本保典 山口勝平 岩田光央
1995年

キャンプで逢いましょう

  • 1995年10月7日(土)公開

昨今のアウトドア・ブームを背景に、素直な心を忘れていた都会派OLが、キャンプ場で出会ったマイペースの自然派青年との交流を通じて少しずつ自分を取り戻し、新しい恋に目覚めていく様を描いたラブ・ストーリー。監督は「修羅がゆく」の和泉聖治。原作はタレント・田中律子の同名エッセイ。ストーリー原案はOV 『魔王街/サディスティック・シティ』の香川まさひと。脚色は「NINKU 忍空」の橋本裕志。主演は「ひめゆりの塔(1995)」の後藤久美子。共演は「800_TWO_LAP_RUNNERS」の野村祐人、「ゴジラVSキングギドラ」の中川安奈など。松任谷由実が映画音楽として初めて新曲を書き下ろしたほか、ヒット曲の数々が挿入曲として使用されている。

監督
和泉聖治
出演キャスト
後藤久美子 野村祐人 中川安奈 西岡徳馬
1992年

アトランティス

  • 1992年10月3日(土)公開
  • 字幕

海の生物たちの生態を写したドキュメンタリー。監督は「ニキータ」のリュック・ベッソン、撮影は「グレート・ブルー」などの水中カメラマンのクリスチャン・ペトロン、潜水監督は「グレート・ブルー」でも潜水監督を務めたジャン・マルク・ブール、音楽は「ニキータ」のエリック・セラが担当。

監督
リュック・ベッソン
1991年

波の数だけ抱きしめて

  • 1991年8月31日(土)公開
  • 音楽

1982年の湘南を舞台に、ミニFM局の運営にかける若者たちの青春模様を描く。脚本は「病院へ行こう」の一色伸幸が執筆。監督は「彼女が水着にきがえたら」の馬場康夫。撮影は同作の長谷川元吉がそれぞれ担当。

監督
馬場康夫
出演キャスト
中山美穂 織田裕二 別所哲也 松下由樹
1987年

私をスキーに連れてって

  • 1987年11月21日(土)公開
  • 挿入歌

スキーはプロ級だが都会では冴えないサラリーマンの青年が恋に仕事に目覚め、自立していく姿を描く。ホイチョイ・プロダクションの原作をもとに「恐怖のヤッチャン」の一色伸幸が脚本執筆。馬場和夫の第一回監督作品で、撮影は「おニャン子・ザ・ムービー 危機イッパツ!」の長谷川元吉が担当。

監督
馬場康夫
出演キャスト
原田知世 三上博史 原田貴和子 沖田浩之
1984年

さよならジュピター

  • 1984年3月17日(土)公開
  • 主題歌

ブラックホールの太陽系接近による大惨事を阻止するために努力する人々を描くSF映画。脚本・総監督は作家の小松左京(同名ノヴェライゼイションも執筆)、監督はこれが第一作になる橋本幸治、特技監督は「大空のサムライ」の川北紘一、撮影は原一民がそれぞれ担当。

監督
橋本幸治
出演キャスト
三浦友和 ディアンヌ・ダンジェリー 小野みゆき レイチェル・ヒューゲット
1981年

ねらわれた学園(1981)

  • 1981年7月11日(土)公開
  • 作詞、主題歌

平穏な学園を支配しようとする超能力を持った女生徒に立ち向う同じ力を持った少女の活躍を描く。眉村卓の同名の小説の映画化で、脚本は「水戸黄門(1978)」の葉村彰子、監督は「金田一耕助の冒険」の大林宣彦、撮影は「オレンジロード急行」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
薬師丸ひろ子 高柳良一 長谷川真砂美 手塚真

関連ニュース

『RAILWAYS』第2弾の音楽はニック・ウッドが担当!サントラも発売決定
『RAILWAYS』第2弾の音楽はニック・ウッドが担当!サントラも発売決定(2011年9月22日)

三浦友和&余貴美子出演×松任谷由実主題歌『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』(11月19日富山先行公開、12月3日全国公開)。本作の音楽を、キリンの…

松任谷由実が『RAILWAYS』第2弾も主題歌を担当!「大人の愛を綴っています」
松任谷由実が『RAILWAYS』第2弾も主題歌を担当!「大人の愛を綴っています」(2011年7月26日)

人生を鉄道になぞらえながら、鉄道にまつわる人々の人生の1コマに光を当てたドラマを描く『RAILWAYS』シリーズの第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人…

『RAILWAYS』第2弾主題歌は前作に引き続き松任谷由実! 塚本高史らの出演も発表
『RAILWAYS』第2弾主題歌は前作に引き続き松任谷由実! 塚本高史らの出演も発表(2011年7月2日)

人生を鉄道になぞらえながら、鉄道にまつわる人々の人生の1コマに光を当てたドラマを描く『RAILWAYS』シリーズの第2弾『RAILWAYS 愛を伝えられない大人…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松任谷由実