TOP > 人物を探す > シルヴィオ・オルランド

年代別 映画作品( 1992年 ~ 2015年 まで合計10映画作品)

2013年

恋するローマ 元カレ元カノ

  • 2013年1月12日(土)
  • 出演(ルカ 役)

ローマを舞台に、様々な境遇の6組のカップルが織りなす恋愛模様を描いたラブコメディ。出演は「人生、ここにあり」のクラウディオ・ビジオ、「ボローニャの夕暮れ」でカンヌ国際映画祭男優賞を受賞したシルビオ・オルランド、「副王家の一族」のクリスティーナ・カポトンディ、「題名のない子守唄」のクラウディア・ジェリーニ。

監督
ファウスト・ブリッツィ
出演キャスト
クラウディオ・ビジオ シルヴィオ・オルランド クラウディア・ジェリーニ クリスティーナ・カポトンディ

もうひとつの世界

  • 2013年6月29日(土)
  • 出演(エルネスト 役)

若い修道女、10代の家出少女、若い警察官など見知らぬ4人の人生が、公園に捨てられた赤ん坊をきっかけに交錯し、心を通い合わせてゆく様子を描いたドラマ。出演は「ローマ法王の休日」のマルゲリータ・ブイ、「ボローニャの夕暮れ」のシルヴィオ・オルランド。監督は「映画のようには愛せない」のジュゼッペ・ピッチョーニ。

監督
ジュゼッペ・ピッチョーニ
出演キャスト
マルゲリータ・ブイ シルヴィオ・オルランド カロリーナ・フレスキ マリア・クリスティーナ・ミネルバ
2010年

ボローニャの夕暮れ

  • 2010年6月26日(土)
  • 出演(ミケーレ・カサーリ 役)

第2次大戦期のイタリア・ボローニャを舞台に、とある家族の姿を描き出す人間ドラマ。女子高生殺害事件の疑いをかけられた少女と彼女を献身的に支える父親の絆をつづる。

監督
プピ・アヴァティ
出演キャスト
シルヴィオ・オルランド フランチェスカ・ネーリ アルバ・ロルヴァケル セレーナ・グランディ
2015年

夫婦の危機

  • 2015年6月27日(土)
  • 出演(ブルーノ・ボノーモ 役)

元敏腕映画プロデューサーが、若い女性の脚本を映画化しようとしたことをきっかけに騒動が巻き起こる様子を通じて、家庭や仕事、イタリア政治の危機を描くコメディ。監督は「息子の部屋」のナンニ・モレッティ。出演は「恋するローマ、元カレ・元カノ」のシルヴィオ・オルランド、「ローマ法王の休日」のマルゲリータ・ブイ。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
シルヴィオ・オルランド マルゲリータ・ブイ ジャスミン・トリンカ エリオ・デ・カピターニ
2006年

トリノ、24時からの恋人たち

  • 2006年9月2日(土)
  • 出演(語り手 役)

イタリアで大ヒットを記録した恋愛映画。孤独な映画マニア、彼の前に現れた女とその恋人。彼らが織り成す恋物語を古典映画へのオマージュをちりばめて活写する。

監督
ダヴィデ・フェラーリオ
出演キャスト
ジョルジョ・パゾッティ フランチェスカ・イナウディ ファビオ・トロイアーノ フランチェスカ・ピコッツァ
2004年

炎の戦線エル・アラメイン

  • 2004年1月17日(土)
  • 出演(The general 役)

第二次世界大戦の激戦地、エル・アラメインを舞台にしたリアルな戦争ドラマ。当時の記録や生存者の証言をもとに、炎暑の砂漠地帯における壮絶で過酷な戦いを克明につづる。

監督
エンゾ・モンテレオーネ
出演キャスト
パオロ・ブリグリア ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ エミリオ・ソルフリッツィ ルチアーノ・スカルパ

ぼくの瞳の光

  • 2004年6月19日(土)
  • 出演(Saverio Donati 役)

イタリア映画祭で過去3年間に上映された作品から、傑作3本を特集する<チャオ!チネマ・イタリアーノ>。ひたむきに生きる人々の交流を描く「ぼくの瞳の光」などを上映。

監督
ジュゼッペ・ピッチォーニ
出演キャスト
ルイジ・ロ・カーショ Sandra Ceccarelli シルヴィオ・オルランド バルバラ・ヴァレンテ
2002年

息子の部屋

  • 2002年1月19日(土)
  • 出演(Oscar 役)

2001年カンヌ映画祭パルムドール(最高賞)に輝く感動の人間ドラマ。悲しみのどん底から再生へ向かう家族の姿を、静かな日常生活の中に鮮烈に描き出す珠玉作だ。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ ラウラ・モランテ ジャスミン・トリンカ ジュゼッペ・サンフェリーチェ
1999年

ナンニ・モレッティのエイプリル

  • 1999年10月2日(土)
  • 出演(Silvio 役)

妻の出産・育児と自分の仕事との葛藤をドキュメンタリー風に描いたコメディ。監督・脚本・製作・主演は「親愛なる日記」のナンニ・モレッティ。撮影は「雨上がりの駅で」のジュゼッペ・ランチ。美術は「親愛なる日記」のマルタ・マッフッチ。編集はアンジェロ・ニコリニ。録音はアレッサンドロ・ツォノン。衣裳はヴァレンティーナ・タヴィアー二。共演は「ニルヴァーナ」のシルヴィオ・オルランドほか。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ シルヴィオ・オルランド シルヴィア・ノーノ ピエトロ・モレッティ
1992年

赤いシュート

  • 1992年10月24日(土)
  • 出演(Allenatore_squadra_Michele 役)

交通事故で記憶を失った若き共産党指導者が、自己を再発見していく姿を描いた人間ドラマ。監督・製作・脚本は「僕のビアンカ」のナンニ・モレッティ、製作はアンジェロ・バルバガッロ、撮影は「太陽は夜も輝く」のジュゼッペ・ランチ、音楽は「ボイス・オブ・ムーン」のニコラ・ピオヴァーニが担当。なお劇中、モレッティ監督の初期8ミリ短編La Sconfittaと、テレビ・オンエアの形でデイヴィッド・リーン監督の「ドクトル・ジバゴ」が挿入されている。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ナンニ・モレッティ シルヴィオ・オルランド マリエッラ・ヴァレンティーニ アーシア・アルジェント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > シルヴィオ・オルランド