映画-Movie Walker > 人物を探す > ルウ・ブレスロウ

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1952年 まで合計11映画作品)

1952年

腰抜けモロッコ騒動

  • 1952年9月3日(水)公開
  • 原作

「落日の決闘」のポール・ジョーンズが製作し、「腰抜け二挺拳銃」のノーマン・Z・マクロードが監督した。ボブ・ホープ(「腰抜け千両役者」)主演の喜劇映画、1951年作品。ストーリーと潤色はエドモンド・ベロイン(「腰抜け大捕物」)とルウ・ブレスロウ(「凸凹ハリウッドの巻」)、脚色はエドモンド・L・ハートマン(「腰抜け千両役者」)とジャック・シャー。撮影のヴィクター・ミルナーと作曲のヴィウター・ヤングは「絶海の嵐」と同じスタッフ。ホープの相手役は「サムソンとデリラ」のヘディ・ラマア、助演者は「ジャンヌ・ダーク」のフランシス・L・サリヴァン、アーノルド・モス、ジョン・アーチャー、ルイス・ヴァン・ルウテンら。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ボブ・ホープ ヘディ・ラマー フランシス・L・サリヴァン アーノルド・モス
1949年

凸凹ハリウッドの巻

  • 1949年12月公開
  • 脚本

「凸凹スパイ騒動」と同じくS・シルヴァン・サイモンが監督したバッド・アボット、ルー・コステロ喜劇で、嘗て此のチームのラジオのプロデューサーだったマーティン・A・ゴッシュが製作した1945年作品。原作は「凸凹空中の巻」のナット・ペリンが製作者ゴッシュと協力書きおろし、脚本もペリンが「女は要らねえ」のルー・ブレスロウと協力執筆した。撮影は「悪漢バスコム」のチャールズ・エドガー・シェーンバウムが監督した。

監督
S・シルヴァン・サイモン
出演キャスト
バッド・アボット ルー・コステロ フランセス・ラファーティ ロバート・スタントン
1936年

海底の巨人

  • 1936年当年公開
  • 脚色

「バーバリー・コースト」のブライアン・ドンレヴィ、「カジノ・ド・パリ」「カリアンテ」のグレンダ・ファレル、「悪魔島脱出」「脱線僧正」のノーマン・フォスターが共演する映画で、J・ロバート・ブレンとノーマン・ヒューストンが協力して書き卸し、「可愛いオディ」に協力したルウ・プレスラウ、エドワード・エリスキュの2人組が更にジョン・パトリックと共同して脚色し、「洋上魔」のアラン・ドワンが監督にあたり、「丘の彼方へ」のバーニー・マクギルが撮影した。助演者は新人ヘレン・ウッド、「海は桃色」のロバート・マクウェード、セオドア・フォン・エルツ等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ブライアン・ドンレヴィ グレンダ・ファレル ノーマン・フォスター ヘレン・ウッド

15処女街

  • 1936年当年公開
  • 脚色

「人妻日記」「ダンテの地獄篇(1935)」のクレア・トレヴァーと「情無用ッ」「メトロポリタン(1935)」のシーザー・ロメロが主役を演じる映画で、ポール・バーガーの原作を「海底の巨人」のルウ・ブレスロウ及びジョン・パトリックが更にデイヴィッド・シルヴァスタインと協力して脚色し、「海底の巨人」「洋上魔」のアラン・ドワンが監督に当たり、「テンプルの福の神」「灯台守」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」のロイド・ノーラン、「大学の人気者」のダグラス・フォーリー、「花咲く頃」のレスター・マシューズ、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「嵐の三色旗」のラルフ・ハロルド等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
クレア・トレヴァー セザール・ロメロ ダグラス・フォーリー ロイド・ノーラン

名なし児

  • 1936年当年公開
  • 脚色

「可愛いオディ」「あたいは街の人気者」と同様ジェーン・ウィザースが主役を勤める映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナンの原作を「可愛いオディ」に協力したルウ・ブレスラウとエドワード・エリスキュが更にポール・バーガーと共同して脚色し、「大空の地獄」「紐育の口笛」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「虎鮫島脱獄」「情無用ッ」のバート・グレノンが撮影している。助演俳優は「可愛いオディ」のジェーン・ダーウェル、「愛と光」のラルフ・モーガン、「黄金(1936)」のハリー・ケイリー、「紅雀」のセイラ・ヘイドゥン、子役ベティー・ジーン・ヘイニー及びジャッキー・モロウである。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジェーン・ウィザース ジェーン・ダーウェル ラルフ・モーガン セイラ・ヘイドゥン
1935年

可愛いオディ

  • 1935年当年公開
  • 脚色

「あたいは街の人気者」「輝く瞳」のジェーン・ウィザースが主役を演じる映画で「女は要らねえ」のルー・ブレスラウがエドワード・エリスキュと協力して書き下ろした台本により「あたいは街の人気者」と同じくルイス・サイラーが監督に当たった。助演者は「歓楽の女王」のピンキー・トムリン、「ホワイト・パレード」のジェーン・ダーウェル新人のリタ・カンシノ、「東への道」のラッセル・シンプソン、ジョージ・ジヴォー、フランシス・フォード等で、撮影は「輝く瞳」のアーサー・ミラーの担当である。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
ジェーン・ウィザース ピンキー・トムリン リタ・カンシノ ジェーン・ダーウェル
1934年

女は要らねえ

  • 1934年当年公開
  • 脚色

「謎の真空管」「藪睨み武勇伝」と同じくエドナンド・ロウ、ヴィクター・マクラグレン共演喜劇で、ジョン・マイクル・ストロング作の小説に基づき「僕の自叙伝」のデルマー・デイヴスがグラント・リーンハウツと共にストーリーを書き、「めりけん音頭」のルー・プレスローと共同してデーヴィスが脚色し、「恩讐」「魔の海底」のアルバート・S・ロージェルが監督にあたった。助演者は「白馬王国」のサリー・プレーン、「第1年」のミナ・ゴンベル、ハロルド・ヒューバー、J・P・マッゴワン等。撮影は「白い肉体」「鷲と鷹(1933)」のハリー・フィッシュベックと「唄へ!踊れ!(1933)」「深夜の紳士」のテオドル・スパークールの共同担当。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴィクター・マクラグレン サリー・ブレーン ミナ・ゴンベル
1933年

世界拳闘王

  • 1933年当年公開
  • 脚色

「エスキモー(1934)」「キューバの恋歌」のW・S・ヴァン・ダイクが監督に当たった映画で「カイロの一夜」「ジンギスカンの仮面」のマーナ・ローイが重量ボクシング家マックス・ベーヤを相手役として主演するもの。「シナラ」のフランセス・メリオンが書き下ろした原作を「紅塵」のジョン・リー・メインと「自由の魂」のジョン・ミーハルが共同して脚色している。助演者は「独裁大統領」「ヘル・ビロウ」のウォルター・ヒューストン、「相寄る魂」のオットー・クルーガーを始め、「肉体」のヴィンス・バーネット、「グランド・ホテル」のロバート・マクウェード等で、撮影でレスター・ホワイトの担当。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
マーナ・ローイ マックス・ベア プリモ・カルネラ ジャック・デンプシー

めりけん音頭

  • 1933年当年公開
  • 脚色

「暗夜行路」「一千万ドルの醜聞」と同じくハリー・ジョーブラウンが監督したチャールズ・R・ロジャース作品。「麦畑を荒す者」の原作者二ナ・ウィルコックス・プトナムの原案によりジャック・マッゴワン、S・J・ペレルマン、ルウ・ブレスロウが共同脚色し、「キャバレエの鍵穴」と同じくマック・ゴードンとハリー・レヴェルが作詞作曲した。撮影は「麦畑を荒す者」「暗夜行路」のミルトン・クラスナーの担当。主なる出演者は「唄へ!踊れ!(1933)」「鷲と鷹(1933)」のジャック・オーキー、「青春倶楽部(1930)」のジャック・ヘイリー、「四十二番街」のジンジャー・ロジャース、「六百万交響楽」のグレゴリー・ラトフ、「暗夜行路」のルー・コディ、子役ジュリー・タッカー等で、ラジオの人気歌手ピックンス3姉妹も出演。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ジャック・オーキー ジャック・ヘイリー ジンジャー・ロジャース グレゴリー・ラトフ
1932年

武装ラグビー

  • 1932年当年公開
  • 脚色

「曠原の伊達男」「狂へる銀翼」のアルフレッド・ワーカーが監督した映画で、主役は「巴里の丑満時」「悪魔の富籤」のヴィクター・マクラグレンが勤め、「大西洋横断」「沈黙の証人」のグレタ・ニッセン、「キング・オブ・ジャズ」のネル・オデイ、「街の狼」「鉄窓の女」のアラン・ダインハート、「恋を食べる女」「夫を殺すまで」のアーサー・ビアスン「虎鮫」のヴィンス・バーネット、マージェリー・ビービ、エスター・ハワード、アイヴァン・リノウ、スタンリー・フィールズ等が助演している。ジョエル・セイヤーの原作をベン・マークソンとルウ・ブレスロウが共同して脚色に当たったもので、撮影は「反逆者」「春ひらく(1930)」のL・ウィリアム・オコンネルが担当である。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン グレタ・ニッセン ネル・オデイ アーサー・ピアソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルウ・ブレスロウ