映画-Movie Walker > 人物を探す > ステファニー・コッタ

年代別 映画作品( 1991年 ~ 1993年 まで合計2映画作品)

1993年

シャルロット・ゲンズブール 愛されすぎて

  • 1993年3月20日(土)公開
  • 出演

二人の男の間で恋に悩む若い女性ジャーナリストの姿を描く恋愛ドラマ。監督・脚本は「ピストルと少年」のジャック・ドワイヨン。「突然炎のごとく」などの原作者として知られるアンリ・ピエール・ロシェが書き残していたメモをもとにした恋愛劇となっている。製作はアラン・サルド。エグゼクティヴ・プロデューサーはクリスティーヌ・ゴズラン。撮影はクリストフ・ポロックが担当。主演は、ドワイヨン監督の内縁の妻ジェーン・バーキンの娘で「愛を止めないで」のシャルロット・ゲンズブール。「愛と宿命の泉」のクロード・ベリの息子で「サンドイッチの年」のトマ・ラングマン、「愛のあとに」のイヴァン・アタルらが共演。

監督
ジャック・ドワイヨン
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール イヴァン・アタル トマ・ラングマン ステファニー・コッタ
1991年

クリシーの静かな日々

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 出演(Colette 役)

ヘンリー・ミラーの自伝的短編の映画化で、1930年代半ばのパリを舞台に、ボヘミアンの性と愛を描いた文芸映画。

監督
クロード・シャブロル
出演キャスト
アンドリュー・マッカーシー ナイジェル・ヘイヴァース ステファニー・コッタ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ステファニー・コッタ