映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・カーペンター

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2008年 まで合計27映画作品)

2008年

ハロウィン

  • 2008年10月25日(土)公開
  • オリジナル脚本

ジョン・カーペンター監督による1978年製作の同名傑作ホラーを“メタル界のカリスマ”ロブ・ゾンビ監督がリメイク。新たに創造した衝撃シーンとともに、怪物“ブギーマン”の恐怖を描く。

監督
ロブ・ゾンビ
出演キャスト
マルコム・マクダウェル タイラー・メイン デーグ・フェア シェリ・ムーン・ゾンビ
2007年

封印殺人映画

  • 2007年7月7日(土)公開
  • 出演(※本人出演 役)

「ハロウィン」「エルム街の悪夢」など、殺人鬼が次々と若者を血祭りにあげる“スラッシャームービー”。それらホラー作品の監督、俳優らにインタビューしたドキュメンタリー。

監督
ジェフ・マックイーン
出演キャスト
ジョン・カーペンター ウェス・クレイヴン ショーン・S・カニンガム トム・サヴィーニ
2006年

ザ・フォッグ

  • 2006年7月29日(土)公開
  • 製作、オリジナル脚本

ジョン・カーペンター監督による1979年の同名ホラーをリメイク。美しい港町を舞台に、濃い霧にまぎれて現れる亡霊たちの恐怖をおどろおどろしく描き出す。

監督
Rupert Wainwright
出演キャスト
トム・ウェリング マギー・グレイス セルマ・ブレア

アサルト13 要塞警察

  • 2006年2月18日(土)公開
  • オリジナル脚本

ジョン・カーペンター監督のデビュー作にして傑作と言われるアクション「要塞警察」のリメイク。謎の集団の襲撃された警察署での警官と犯罪者たちの必死の抵抗を描く。

監督
ジャン=フランソワ・リシェ
出演キャスト
イーサン・ホーク ローレンス・フィッシュバーン ジョン・レグイザモ マリア・ベロ
2002年

ハロウィン・レザレクション

  • 2002年11月2日(土)公開
  • 主題曲

前作「ハロウィンH2O」で息絶えたはずの殺人鬼マイケル・マイヤーズが復活。小型カメラの粗い粒子の映像を挿入し、マイケルの標的となった若者たちの惨劇を描く。

監督
リック・ローゼンタール
出演キャスト
ジェイミー・リー・カーティス ブラッド・ロレー バスタ・ライムス タイラ・バンクス

ハロウィンH20

  • 2002年5月11日(土)公開
  • テーマ曲

78年の名作ホラー「ハロウィン」の正統的な続編。夜の学園を舞台に、白いゴムマスクを被った殺人鬼の凶行を描く。人気若手俳優ジョシュ・ハートネットのデビュー作でもある。

監督
スティーヴ・マイナー
出演キャスト
ジェイミー・リー・カーティス ジョシュ・ハートネット アダム・アーキン ミシェル・ウィリアムズ
2001年

アメリカン・ナイトメア

  • 2001年9月29日(土)公開
  • 出演

ホラー映画の名作に込められているメッセージを検証したドキュメンタリー。ベトナム戦争や性革命など、アメリカの社会事象が映画に与えた影響を浮かび上がらせる。

監督
アダム・サイモン
出演キャスト
ウェス・クレイヴン ジョージ・A・ロメロ トビー・フーパー トム・サヴィーニ
1999年

ヴァンパイア 最期の聖戦

  • 1999年1月30日(土)公開
  • 監督、音楽

現代の米国を舞台に、吸血鬼ハンターと吸血鬼の死闘を描いたヴァイオレンス・ホラー。監督・音楽は「エスケープ・フロム・L.A.」のジョン・カーペンター。脚本はジョン・スティークレイの同名小説(集英社文庫刊)を「ダブルチーム」のドン・ジャコビーが執筆。製作は「光る眼」のサンディ・キング。製作総指揮は「バッドデイズ」のバー・ポッター。撮影のゲーリー・B・キッビ、衣裳のロビン・マイケル・ブッシュは「エスケープ・フロム・L.A.」に続く参加。美術は「沈黙のジェラシー」のトーマス・A・ウォルシュ。特殊メイクは「ウィシュマスター」のKNBエフェクツ・グループ。出演は「コンタクト」のジェームズ・ウッズ、「トゥリーズ・ラウンジ」のダニエル・ボールドウィン、「バックビート」のシェリル・リー、「ハードジャッカー」のトーマス・イアン・グリフィス、「リトル・オデッサ」のマクシミリアン・シェルほか。

監督
ジョン・カーペンター
出演キャスト
ジェームズ・ウッズ ダニエル・ボールドウィン シェリル・リー トーマス・イアン・グリフィス
1996年

エスケープ・フロム・L.A.

  • 1996年11月23日(土)公開
  • 監督、脚本、音楽、キャラクター創作

大地震で陸の孤島と化した近未来のL.A.を舞台に、世界を震撼させる新兵器奪還の密命を帯びて送り込まれたアンチ・ヒーロー、スネーク・プリスケンの活躍を描いたSFアクション。「光る眼」のジョン・カーペンター監督、「フィッシャー・キング」などのデブラ・ヒル製作、「エグゼクティブ デシジョン」のカート・ラッセル主演のトリオが81年に発表した傑作「ニューヨーク1997」の実に15年ぶりの続編で、製作費は700万ドルから5千万ドルへと大幅にアッブ。製作はデブラ・ヒルと主演のカート・ラッセルで、脚本はカーペンターはじめ3人の共同。撮影は「マウス・オブ・マッドネス」「光る眼」とカーペンターと連続して組むゲイリー・B・キッビ。音楽は、全18作の映画中これが自ら手がけた15本目となるカーペンターと、「透明人間」で組んだシャーリー・ウォーカー。美術は「ブレードランナー」のローレンス・G・ポール、編集はエドワード・A・ワーシルカ。視覚効果監修はキンバリー・K・ネルソン、特殊効果コーディネーターはマーティ・ブレシン、特殊メイクはリック・ベイカーが担当。共演は「勇気あるもの」のクリフ・ロバートソン、「コロンブス」のジョージ・コラフェイス、「壁の中に誰かがいる」のA・J・ランガー、「デンバーに死す時」のスティーヴ・ブシェーミ、「イージー・ライダー」のピーター・フォンダ、「コンゴ」のブルース・キャンベル、「フォー・ルームス」のヴァレリア・ゴリノ、カーペンター演出のTVドラマ『ボディ・バッグス』(V)のステイシー・キーチほか多彩な顔ぶれ。

監督
ジョン・カーペンター
出演キャスト
カート・ラッセル A・J・ランガー スティーヴ・ブシェーミ ジョージ・コラフェイス
1995年

光る眼

  • 1995年10月28日(土)公開
  • 監督、音楽

謎の生命体との接触によって生まれた奇怪な子供たちの恐怖を描いたSFホラー。原作は英国の作家ジョン・ウィンダムの小説『呪われた村』(邦訳・ハヤカワSF文庫刊)で、60年の同名映画(テレビ放映のみ、ウルフ・リラ監督)に次ぐ二度目の映画化。監督は前作「マウス・オブ・マッドネス」はじめ、SFホラーでは「遊星からの物体X」「ゼイリブ」などを手がけたホラー映画界の重鎮ジョン・カーペンター。製作は監督の夫人でもある「マウス・オブ・マッドネス」のサンディ・キングとマイケル・プレジャー、エグゼクティヴ・プロデューサーはテッド・ヴァーノン、ジェフ・ゴードン、アンドレ・ブレイ、脚色はデイヴィッド・ヒメルスタイン、撮影は「マウス・オブ・マッドネス」のゲイリー・B・キッビ、音楽はカーペンター自身とブリティッシュ・ロックの重鎮グループ、キンクスのメンバーのデイヴ・デイヴィス、編集はエドワード・A・ワーシルカ・ジュニア、美術はロジャー・マウス、SFXはブルース・ニコルソンがそれぞれ担当。出演は「スーパーマン」シリーズのクリストファー・リーヴ、「マージョリーの告白」のカースティ・アレイ、「クロコダイル・ダンディー」のリンダ・コズラウスキー、「スター・ウォーズ」シリーズのマーク・ハミルなど。そのほか、「ザ・デンジャラス 地獄の銃弾」などB級アクションのヒーロー、マイケル・パレがゲスト的に出演している。

監督
ジョン・カーペンター
出演キャスト
クリストファー・リーヴ カースティ・アレイ リンダ・コズラウスキー マイケル・パレ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・カーペンター