映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・J・ポラード

年代別 映画作品( 1962年 ~ 2004年 まで合計16映画作品)

2004年

マーダー・ライド・ショー

  • 2004年8月14日(土)
  • 出演(Stucky 役)

ハード・ロック界のカリスマ、ロブ・ゾンビの初監督作。痛みと恐怖を崇拝する殺人一家に遭遇した若者たちの惨劇を、悪趣味テイストを満載して描く猟奇的ホラー。

監督
ロブ・ゾンビ
出演キャスト
シド・ヘイグ ビル・モズリー シェリ・ムーン カレン・ブラック
1994年

アリゾナ・ドリーム

  • 1994年7月30日(土)
  • 出演(Fabian 役)

不毛の地アリゾナを舞台に奇妙な登場人物たちが織りなす、一風変わった人間喜劇。「パパは、出張中!」「ジプシーのとき」などで知られる旧ユーゴスラヴィア、サラエボ出身のエミール・クストリッツァ監督が初めてアメリカを舞台に選び、異邦人の目から見たアメリカン・ドリームとその夢の墓場を、不思議な浮遊感覚で描いている。脚本はクストリッツァがニューヨークのコロンビア大学映画学科で講師をしていた時、生徒のひとりとして彼に提出したデイヴィッド・アトキンスのオリジナル。製作は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」「デリカテッセン」のクローディー・オサール。撮影は、監督とは処女作『ドリー・ベルを覚えている?』以来のコンビ、ヴィルコ・フィラチ、音楽は「ジプシーのとき」に続き、旧ユーゴの人気ロックグループ“ホワイト・ボタン”のゴラン・ブレゴヴィッチ。主題歌は彼とイギー・ポップの共作で、イギーが歌う『イン・ザ・デス・カー』。出演は「シザーハンズ」「妹の恋人」のジョニー・デップ、「スーパーガール」のフェイ・ダナウェイ、「ミスティック・ピザ」のリリ・テイラー、「愛と精霊の家」のヴィンセント・ギャロ、そしてディーン・マーティンとの底抜けコンビで50年代に一世を風靡した喜劇俳優のジェリー・ルイスら。

監督
エミール・クストリッツァ
出演キャスト
ジョニー・デップ ジェリー・ルイス フェイ・ダナウェイ リリ・テイラー
1990年

ダークエンジェル(1990)

  • 1990年8月18日(土)
  • 出演(Boner 役)

麻薬強奪事件を追ううちに、エイリアンと遭遇し戦うことになる刑事を描くSFアクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはマーク・デーモンとデイヴィット・サンダース、監督は「アクション・ジャンクソン 大都会最前線」のクレイグ・R・バクスリー、脚本はジョナサン・タイドールとレオナルド・マース・ジュニア、撮影は「ザ・フライ」のマーク・アーウィン、音楽はヤン・ハマーが担当。

監督
クレイグ・R・バクスリー
出演キャスト
ドルフ・ラングレン ブライアン・ベンベン ベッツィ・ブラントリー マシアス・ヒューズ

デッドフォール

  • 1990年3月3日(土)
  • 出演(Owen 役)

ロサンゼルスの対照的なふたりの敏腕刑事の活躍を描くアクション映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・マクドナルド、製作はジョン・ピータースとピーター・グーバー、監督は「暴走機関車」のアンドレイ・コンチャロフスキー、脚本はランディ・フェルドマン、撮影はドナルド・ソーリン、音楽はハロルド・フォルターメイヤーが担当。出演はシルヴェスター・スタローン、カート・ラッセルほか。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
シルヴェスター・スタローン カート・ラッセル テリー・ハッチャー ジャック・パランス
1991年

ホワイ・ミー?

  • 1991年6月28日(金)
  • 出演(Ralph 役)

ビザンチン帝国の秘宝であるルビーを盗んだ泥棒2人組が追われて繰り広げるてんやわんやのコメディー。エグゼクティヴ・プロデューサーはアーヴィン・ヤブランス、製作はマージョリー・イスラエル、監督は「For Better or for Worse」のジーン・クインターノ。ドナルド・E・ウェストレイクが自らの原作を基にレオナルド・マース・ジュニアと共同で脚本を執筆。撮影はピーター・デミング、音楽をフィル・マーシャルが担当。出演はクリストファー・ランバート、クリストファー・ロイドほか。

監督
ジーン・クインターノ
出演キャスト
クリストファー・ランバート クリストファー・ロイド キム・グライスト J・T・ウォルシュ
1989年

長く熱い夜(1988)

  • 1989年4月29日(土)
  • 出演

父と息子と謎の女の三角関係が、思わぬ殺人事件にまでエスカレートしていくまでを描くショッキング・サスペンス。原案・監督・脚本はダグ・キャンベル、撮影はチュイ・エリゾント、音楽はデイヴィッド・ウォリンスキーがそれぞれ担当。

監督
ダグ・キャンベル
出演キャスト
マイクル・ボウエン レイ・ワイズ クレア・レン マイケル・J・ポラード

アメリカン・ゴシック

  • 1989年2月25日(土)
  • 出演

「ヘルハウス」「小さな目撃者」などで知られるジョン・ハウによるブラック・コメディ・ホラー。出演に、ロッド・スタイガー、マイケル・J・ポラードなど。

監督
ジョン・ハフ
出演キャスト
ロッド・スタイガー イヴォンヌ・デ・カーロ サラ・トーゴフ マイケル・J・ポラード
1988年

3人のゴースト

  • 1988年12月17日(土)
  • 出演(Herman 役)

“視聴率の鬼”であるテレビ局の若きエリート社長が、クリスマスの夜に彼のもとに姿を現わした3人のゴーストを通して、本当に大切なものに目覚めてゆく姿を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴ・ロス、製作・監督は「リーサル・ウェポン」のリチャード・ドナー、共同製作はアート・リンソン、脚本はミッチ・グレイザーとマイケル・オドノヒュー、撮影はマイケル・チャップマン、音楽はダニー・エルフマンが担当。出演はビル・マーレイ、カレン・アレンほか。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
ビル・マーレイ カレン・アレン ジョン・フォーサイス ジョン・グローヴァー

アメリカン・ウェイ

  • 1988年2月13日(土)
  • 出演(Tesla 役)

現代アメリカを構成するありとあらゆる事象を次から次にコケにしてしまう海賊放送局の活躍を描くブラックコメディ。エグゼキュティブ・プロデューサーはキース・ケーヴル、製作はローリー・ケラーとポール・コーワン、監督はモーリス・フィリップスで本作品デビュー作になる。脚本はスコット・ロバーツ、撮影はジョン・メトカーフ、音楽はブライアン・ベネットが担当。出演はデニス・ホッパーほか。

監督
モーリス・フィリップス
出演キャスト
デニス・ホッパー マイケル・J・ポラード ユージン・リピンスキ ジェームズ・オーブリー
1987年

愛しのロクサーヌ

  • 1987年12月19日(土)
  • 出演(Andy 役)

人並はずれた大きな鼻をもつ消防署長が美人天文学者に恋をするというラヴ・ストーリー。製作はマイケル・ラックミルとダニエル・メルニック、エグゼクテイヴ・プロデューサーは主演・脚本も兼ねるスティーヴ・マーティン、監督は「プレンティ」のフレッド・スケピシ。原作はエドモンド・ロスタン(「シラノ・ド・ベルジュラック」)、撮影はイアン・べーカー、音楽はブルース・スミートン、編集はジョン・スコットが担当。出演はスティーヴ・マーティンとダリル・ハンナほか。

監督
フレッド・スケピシ
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ダリル・ハンナ Shelley Purall ジョン・カペロス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マイケル・J・ポラード