映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴ・マーティン

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2016年 まで合計24映画作品)

2016年

ビリー・リンの永遠の一日

  • 2016年当年公開
  • 出演

ベン・ファウンテンの小説をアン・リー監督が映画化。イラク戦争での勇姿がメディアに取り上げられ一躍“英雄”となった19歳のビリー。凱旋ツアーのため一時帰国、アメフトのハーフタイムイベントに参加した彼は、現実と戦争の記憶が交差する感覚に陥る。主人公ビリー役に新人のジョー・アルウィンが抜擢。共演は「アクトレス 女たちの舞台」のクリステン・スチュワート、「世界にひとつのプレイブック」のクリス・タッカー、「PAN ネバーランド、夢のはじまり」のギャレット・ヘドランド、「ワイルド・スピード」シリーズのヴィン・ディーゼル、「ピンクパンサー」シリーズのスティーヴ・マーティン。

監督
アン・リー
出演キャスト
ジョー・アルウィン クリステン・スチュワート クリス・タッカー ギャレット・ヘドランド
2009年

ピンクパンサー2

  • 2009年4月11日(土)公開
  • 脚本、出演(クルーゾー警部 役)

スティーブ・マーチン主演による爆笑コメディの第2弾が3年ぶりに登場。犯罪捜査のドリームチームを率いることになった迷警部クルーゾーのおバカな奮闘を描く。

監督
ハラルド・ズワルト
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ジャン・レノ アルフレッド・モリーナ エミリー・モーティマー
2006年

ピンクパンサー

  • 2006年5月13日(土)公開
  • 脚本、出演(クルーゾー警部 役)

クルーゾー警部が事件解決に奔走する姿をコミカルに描いた人気シリーズの最新作が登場。故ピーター・セラーズに替わり、警部を演じるのは人気コメディ俳優スティーブ・マーチン。

監督
ショーン・レヴィ
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ケヴィン・クライン ジャン・レノ エミリー・モーティマー
2004年

ルーニー・テューンズ バック・イン・アクション

  • 2004年3月27日(土)公開
  • 出演(Mr. Chairman 役)

70年以上も愛されつづけている短編アニメの人気スターたちの活躍を実写映画化。アニメ・キャラクターと生身の俳優の競演による、ギャグ満載の大冒険を描く痛快コメディだ。

監督
ジョー・ダンテ
出演キャスト
ブレンダン・フレイザー ジェナ・エルフマン スティーヴ・マーティン ティモシー・ダルトン
2003年

女神が家(ウチ)にやってきた

  • 2003年10月18日(土)公開
  • 出演(Peter Sanderson 役)

気のいい女脱獄囚と堅物弁護士の奇妙な交流を描いたコメディ。予期せぬ出会いから生まれる騒動の数々や、心のままに生きることの大切さを説くハートフルな妙味も好印象。

監督
アダム・シャンクマン
出演キャスト
スティーヴ・マーティン クイーン・ラティファ ユージン・レビイ キンバリー・ジェイ・ブラウン
2002年

ノボケイン 局部麻酔の罠

  • 2002年8月17日(土)公開
  • 出演(Frank Sangster 役)

ベテラン俳優スティーブ・マーチンほか、個性派女優2人を主演に迎えたサスペンス。幸福なエリート歯科医が、女性の誘惑に負けたことから思わぬ事件に巻き込まれる。

監督
デイヴィッド・アトキンス
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ヘレナ・ボナム・カーター ローラ・ダーン イライアス・コティーズ
2000年

ファンタジア/2000

  • 2000年7月15日(土)公開
  • 出演(Host 役)

 ディズニーの名作「ファンタジア」の続編とも言うべき作品が、ついに完成。音楽の世界を、イマジネーションに豊かなアニメーションで表現した、華麗な映像絵巻だ。

監督
ジェームズ・アルガー ゲイトン・ブリッツィ ポール・ブリッツィ ヘンデル・ブトイ
出演キャスト
ペン・ジレット ジェームズ・アール・ジョーンズ クインシー・ジョーンズ スティーヴ・マーティン

アウト・オブ・タウナーズ

  • 2000年6月10日(土)公開
  • 出演(Henry Clark 役)

 S・マーチン&G・ホーンというコメディ界の人気者が共演する爆笑コメディ。大都会NYでさまざまなトラブルに巻き込まれる、おかしな夫婦のドタバタ騒動をつづる。

監督
サム・ワイスマン
出演キャスト
ゴールディ・ホーン スティーヴ・マーティン ジョン・クリース マーク・マッキネイ
1999年

プリンス・オブ・エジプト

  • 1999年7月24日(土)公開
  • 出演(声)(Hotep 役)

古代エジプトを舞台に、旧約聖書で名高い救世主モーセ(モーゼ)の伝説を描いたアニメーション大作。監督は本作がデビューとなる新鋭ブレンダ・チャップマン、スティーヴ・ヒックナーと「バルト」のサイモン・ウェルズ。ストーリー監修はケリー・アズベリーとローナ・クック。製作は「アンツ」(製作総指揮)のペニー・フィンケルマン・コックスとサンドラ・ラビンス。製作総指揮は「アラジン」のジェフリー・カッツェンバーグ。音楽は「ライオン・キング」「ピースメーカー」のハンス・ヅィマー。オリジナル・ソングは「ノートルダムの鐘」のスティーヴン・シュワルツで、主題歌はホイットニー・ヒューストンとマライア・キャリーのデュエットによる『When You Believe』で、98年度アカデミー賞最優秀主題歌賞を受賞。視覚効果監修は「アラジン」のドン・ポール、ダン・フィリップス。声の出演は「セイント」のヴァル・キルマー、「アベンジャーズ」のレイフ・ファインズ、「シークレット 嵐の夜に」のミシェル・ファイファー、「プラクティカル・マジック」のサンドラ・ブロック、「インデペンデンス・デイ」のジェフ・ゴールドブラム、「リーサル・ウェポン4」のダニー・グローヴァー、「新スター・トレック」シリーズのパトリック・スチュワート、「英国万歳!」のヘレン・ミレン、「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のジェフ・ゴールドブラム、「スパニッシュ・プリズナー」のスティーヴ・マーティン、「マーズ・アタック!」のマーティン・ショートほか多彩な顔触れ。

監督
ブレンダ・チャップマン スティヴ・ヒックナー サイモン・ウェルズ
出演キャスト
ヴァル・キルマー アミック・ビラム レイフ・ファインズ ミシェル・ファイファー

スパニッシュ・プリズナー

  • 1999年5月1日(土)公開
  • 出演(Jimmy Dell 役)

詐欺師たちの罠に巻き込まれたエリート会社員の苦闘を描くサスペンス。題名は古典的な詐欺の手口で、「自称亡命貴族の男が“国に財産と妹を置いてきた残してきた”と言って美しい妹の肖像を見せ、成功したら妹と財産をやろうと救出資金を頼む」というもの。監督・脚本は現代アメリカ演劇を代表する劇作家デイヴィッド・マメットで、『スリル・オブ・ゲーム』(V)『週末はマフィアと!』(V)「殺人課」『Oleana』に続く監督第5作。製作は「世界中がアイ・ラブ・ユー」はじめウディ・アレン作品で知られるのジーン・ドゥメイニアンで、製作総指揮も同作のJ・E・ボーケーア。撮影は「黙秘」のガブリエル・ベリステイン。音楽は「ビッグ・リボウスキ」はじめコーエン兄弟作品の常連のカーター・バーウェル。美術はティム・ガルヴィン。編集はバーバラ・タリヴァー。衣裳はスーザン・ライオール。出演は「ミセス・パーカー ジャズ・エイジの華」のキャンベル・スコット、「花嫁のパパ1、2」のスティーヴ・マーティン、監督夫人でもある「殺人課」のレベッカ・ピジョン、「ビッグ・リボウスキ」のベン・ギャザラほか。

監督
デイヴィッド・マメット
出演キャスト
キャンベル・スコット レベッカ・ピジョン スティーヴ・マーティン ベン・ギャザラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スティーヴ・マーティン