TOP > 人物を探す > フランク・シェリダン

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1936年 まで合計26映画作品)

1936年

闘争の丘

  • 1936年
  • 出演(Sam_Stubener 役)

「超速大陸闘争」「沿岸警備船」と同じくジョン・ウェインが主演する映画で、「魔の航空路」「国際探偵X9号」のジーン・ロジャースが相手役を演じている。ジャック・ロンドン作の小説を「西部の掟」のチャールズ・ローグが脚色し、「仮面の人(1937)」「大陸の快男児」のデイヴィッド・ハワードが監督に当たり、「西部の旋風」「山塞の荒鷲」のアーチー・スタウトが撮影した。助演者は子役トミー・バップ、「黒地獄」のワード・ボンド、「有閑火遊び」のフランク・シェリダン、エディ・ボーデン、ハリー・ウッド、ブライヤント・ウォッシュバーン等である。

監督
デイヴィッド・ハワード
出演キャスト
ジョン・ウェイン ジーン・ロジャース トミー・バップ エディ・ボーデン

写真の殺人

  • 1936年
  • 出演(Police_Chief 役)

「嵐の戦勝旗」「麗わしのパリ」のルー・エイヤースと「襤褸と宝石」「撮影所の惨劇」のゲイル・パトリックスが主役を勤める映画で、ジョージ・ハーモン・コックスの原作をジョン・C・モフィットと「愉快なリズム」のシドニー・サルコウが協力脚色し、「悪魔の疾走」「最後の駐屯兵」のチャールズ・バートンが監督にあたり「処女散歩」「春を手さぐる」のテッド・テズラフが撮影したもの。助演者は「丘の彼方へ」のポール・ケリー、「三銃士(1935)」のオンスロウ・スチーヴンス、「カジノ・ド・パリ」のジョイス・コンプトン、「楽天伯爵」のアーネスト・コサート、新人アンソニー・ネイス等である。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ルー・エイヤース ゲイル・パトリック ジョイス・コンプトン ポール・ケリー
1935年

黒潮に鳴る心

  • 1935年
  • 出演(Captain_of_Salvage_Tug 役)

「女は要らねえ」「晩餐八時」のエドモンド・ロウと「戦時特派員」「恩讐」のジャック・ホルトが主演する映画で、ベン・G・コーンの原作をエセル・ヒルとブルース・マニングが共同脚色し「南瓜とお姫様」「美人探し」のアール・C・ケントンが監督に当たり、「突進大飛行船」のジョン・ステューマーが撮影したもの。助演者は「恐怖の夜」のベラ・ルゴシ、新人フローレンス・ライス、フォーレスター・ハーヴェイ、ミッチェル・ルイス、J・ファーレル・マクドナルド等である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ジャック・ホルト ベラ・ルゴシ フローレンス・ライス
1934年

ロイドの大勝利

  • 1934年
  • 出演(Police_Comm._Moriarity 役)

「ロイドの活動狂」に次いでハロルド・ロイド会社が製作したロイド主演喜劇で、サタディ・イヴニング・ポーストに連載されたクラレンス・バディントン・ケランド作の物語に基いて「お転婆キキ(1931)」「悪魔の富籖」のサム・テイラーが脚色監督に当り、ロイド喜劇専属のウォルター・ランディンが撮影したもの。助演者は「爆弾の頬紅」「光は野より」のユーナ・マーケルを始め、「ヒョットコ夫婦」のジョージ・バービア、「女難アパート」のグレイス・ブラッドリー、「一日だけの淑女」のナット・ペンドルトン、「彼女の用心棒」のアラン・ダインハート、グラント・ミッチェル、ウォーレン・ハイマー、J・ファーレル・マクドナルド子役デイヴィッド・ジャック・ホルト等である。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
ハロルド・ロイド ウナ・マーケル ジョージ・バービア ナット・ペンドルトン

有閑火遊び

  • 1934年
  • 出演(Inspector_Kellogg 役)

「スター悩殺」「失踪者三万人」のロイ・デル・ルースが監督した映画で、「一日だけの淑女」「ゴールド・ディガース」のウォーレン・ウィリアムが「世界は還る」「笑う巨人」のメアリー・アスター、「めりけん音頭」「四十二番街」のジンジャー・ロジャースを相手に主演するもの。原作はベン・ヘクトが書卸し、「スター悩殺」のベン・マークソンが脚色に当った。助演者は「土曜日の大観衆」のアンディ・デヴァイン、「林檎の頬」のディッキー・ムーア、「ブラウンの本塁打」のJ・キャロル・ナイシュ、ヘンリー・オニール、シドニー・トーラー、フェルディナンド・ゴットシャルク其他で、撮影は「スター悩殺」「世界は還る」のトニー・ゴーディオの担当である。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム メアリー・アスター ジンジャー・ロジャース アンディ・デヴァイン

波止場の天使

  • 1934年
  • 出演(The_Skipper 役)

「女は要らねえ」「藪睨み武勇伝」のヴィクター・マクラグレンが過日危禍に他界した新人ドロシー・デルと「フープラ」「女囚の意気地」のブレストン・フォスターを相手に主演する映画で、フレデリック・シュリックの原作を「恋の凱歌」のサミュエル・ホッフェンシュタインと「路傍」のフランク・パートスが共同脚色し、「チャンドウ」「街の令嬢」のウィリアム・キャメロン・メンジースと「419号室の女」「深夜の紳士」のジョージ・サムンズが共同監督し、「生活の設計」「恋の凱歌」のヴィクター・ミルナーが撮影に当たった。主役三人を助けて「ヒョットコ夫婦」のアリスン・スキプワース、デイヴィッド・ランドー、ジョン・ロジャース、フランク・シェリダン等が出演。

監督
ウィリアム・キャメロン・メンジース ジョージ・サムンズ
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ドロシー・デル プレストン・フォスター アリソン・スキップワース
1933年

ママはパパが好き

  • 1933年
  • 出演(The_Mayor 役)

「六月十三日の夜」「未亡人倶楽部」「百万円貰ったら」で共演したチャールズ・ラグルズとメアリー・ボーランドが夫婦役で主演する喜劇で、キーン・トンプソンとダグラス・マックリーンが共同で書き下ろした原作を「坊やはお休み」のナナリー・ジョンソンと「金髪乱れて」のアーサー・コーパーが共同脚色し、「御冗談でしョ」「ミラクルマン(1919)」のノーマン・Z・マクロードが監督に当たり、「ショウ・ボート(1929)」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演者は「街のをんな」のリリアン・タッシュマン「ラジオは笑う」のジョージ・バービア、「恐怖の甲板」のモーガン・ウォーレス、「雨」のウォルター・カトレット等である。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
メアリー・ボーランド チャールズ・ラグルズ リリアン・タッシュマン ジョージ・バービア

苦闘五十年

  • 1933年
  • 出演(Senator McGuinnes 役)

「渦巻く妖術」「黒い駱駝」のハミルトン・マクファッデンが監督した映画で、大統領選挙前にマイアミで凶弾に倒れたシカゴ市長アントン・セルマックの生涯を描いたもの。デッドリー・ニコルズとラマール・トロッチが共同して書き下ろしている。主演は「フープラ」「女囚の意気地」のブレストン・フォスターで「ミイラ再生」「虎鮫」のジタ・ジョハン、「兄貴は世界一」のジョーン・マーシュ、「モルグ街の殺人」のレオン・ウェイコフ、クリフォード・ジョーンズ、ジューン・ヴレセク、フランク・シェリダン等が助演。撮影は「金髪乱れて」のアーサー・ミラーの担当である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
プレストン・フォスター ジタ・ジョハン ジョーン・マーシュ Irene Biller

追いつめられた女

  • 1933年
  • 出演(Police_Inspector 役)

現代アメリカの10大人気作家の小説(リバーティー・マガジン連載)を映画化したもの。作者はルパート・ヒューズ、ヴィッキ・バウム、ヴィニャ・デルマー、アーヴィン・S・コップ、ガートルード・エイザートン、J・P・マッケヴォイ、ゼーン・グレイ、ウルスラ・パロット、ポーラン・バンクス、ソフィー・カーの10人で、脚色には「戦く幻影」のベイヤード・ヴェイラーが、監督には「デキシー歌舞曲」「死線に立つ」のポール・H・スローンが当たった。出演者は「紐育の仇討」「七月の肌着」のナンシー・キャロル、「お蝶夫人」「七月の肌着」のケーリー・グラントを始め、「大西洋横断」「支配する声」の ジョン・ハリデイ、「お蝶夫人」「明暗二人女」のアーヴィング・ピチェル、「腕の男」 「盗まれた天国」のルイス・カルハーン、「巴里の丑満時」のジャック・ラルー、1932年度ワンパス・ベビー・スターの1人に選ばれたロナ・アンドレ、フランク・シェリダン、 ジョン・デイヴィス・ロッジ、ノーマ・ミッシェル等が助演している。撮影は「暴君ネロ(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスの担当である。

監督
ポール・H・スローン
出演キャスト
ナンシー・キャロル ケイリー・グラント ジョン・ハリデイ ルイス・カルハーン
1932年

私の殺した男

  • 1932年
  • 出演(Priest 役)

「陽気な中尉さん」「モンテカルロ」のエルンスト・ルビッチがトーキーになってから始めて手がけたシリアス・ドラマで原作は「シラノ・ド・ベルジュラック」で有名なエドモン・ロスタンの息モウリス・ロスタンの筆になる舞台劇。それをレジナルト・バークレイが手を加えて改作し更に「陽気な中尉さん」と同様サムソン・ラファエルソンとエルネスト・ヴァイダが協力してシナリオにまとめ上げたもので撮影は「龍の娘」「失われた抱擁」のヴィクター・ミルナーが担任。主なる出演者を挙げれば「侠盗ヴァレンタイン」のライオネル・バリモア、「盗まれた天国」「夜の天使」のナンシー・キャロル、「アメリカの悲劇」「光に叛く者」のフィリップス・ホームズ、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、ルイス・カーター、ルシアン・リトルフィールド等である。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ライオネル・バリモア ナンシー・キャロル フィリップス・ホームス ルイズ・カーター
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > フランク・シェリダン