映画-Movie Walker > 人物を探す > レイ・ホーラー

年代別 映画作品( 1925年 ~ 1929年 まで合計11映画作品)

1929年

愛すればこそ(1929)

  • 1929年公開
  • 出演(Rodney_Hall 役)

「煩悩」「炭坑」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア、「情炎夜曲」「硝子箱の処女」のロレッタ・ヤング嬢及び「アリバイ」のチェスター・モーリス氏が共演し、サミュエル・シップマン氏ジョン・B・ハイマー氏合作の舞台劇に基いて「鉄腕の男」「決死隊」のジョン・グッドリッチ氏が脚色し、「歓楽地帯」のジョン・フランシス・ディロン氏が監督したものである。助演者は「ウイリー・リバー」のウィリアム・ホールデン氏を始め、フランク・シェリダン氏、レイ・ホーラー氏等である。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ダグラス・フェアバンクス・ジュニア チェスター・モリス レイ・ホーラー
1928年

悪の港

  • 1928年公開
  • 出演(Hughie 役)

「名金」の作者たるエマーソン・ホウ氏の原作を「男装女キャプテン」と同じくジョン・エフ・ナットフォード氏が脚色し、古顔のウィリアム・クリスティー・キャバンヌ氏が監督の任に当り完成したものである。主役を演ずるのは「港々の女難想」「長恨悲歌」のクレア・ウィンザー嬢と「あこがれ」「あれ」のアントニオ・モレノ氏とであるが、それを助けて「ギャング・ワー」のエディ・グリッボン氏、レイ・ホーラー氏等が出演している。キャメラは「マザー・マクリー」「アマゾンの紅薔薇」と同じくチェスター・ライオンズ氏。

監督
クリスティー・キャバンヌ
出演キャスト
クレア・ウィンザー アントニオ・モレノ エディ・グリッボン レイ・ホーラー
1927年

男装狂

  • 1927年公開
  • 出演(Danny 役)

「笑う門には福来る」と同じくジャック・マルホール氏ドロシー・マッケール嬢共演映画で監督は右記映画及び「痛ましの親心」をものしたジョン・フランシス・ディロン氏である。原作はサタディ・イヴニング・ポストに掲載されたグレース・サートウェル・メーソン女史の小説でペリー・ネーザン氏が脚色した。助演者は「アメリカ美人」出演のウォルター・マッグレイル氏、エディス・チャップマン嬢、フィリップ・スモーリー氏、レイ・ホーラー氏。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ドロシー・マッケール ジャック・マルホール エディス・チャップマン ウォルター・マッグレイル

追放の女

  • 1927年公開
  • 出演(Henry_Elliott 役)

「ブロークン・ロー」「南北珍雄腕比べ」出演のヴァージニア・リー・コーピン嬢が主演するもので、ハル・リード氏原作の舞台劇を「恐怖街」「瞳を刺す足」のエニッド・ヒバード女史がエセル・ヒル女史と共同で脚色し、「深夜の薔薇」「ベルス(1926)」と同じくジェームズ・ヤング氏が監督した。助演者は「悪の港」「スピード花嫁」のレイ・ホーラー氏、「ミスター・ウー」「中華街見物」のアンナ・メイ・ウォン嬢、「海のロマンス」「中華街見物」の上山草人氏、エリック・メイン氏、メルポルン・マクドウェル氏、シェルドン・ルイス氏等でキャメラは「虹晴」「明日の結婚」のアーネスト・ミラー氏担当である。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ヴァージニア・リー・コービン レイ・ホーラー メルボーン・マクドウェル マーガレット・セドン

幽霊船(1927)

  • 1927年公開
  • 出演(Danny_Gant 役)

「男装女キャプテン」と同じくジャック・ロンドン氏の小説にヒントを得て作られた映画で、イー・モントン・ホウ氏が映画用に改作し、それをベン・コーエン、ベン・アリ・ニューマンの二氏が脚色した。監督は新顔のフォレスト・シェルドン氏で、「獄中日記」のモンタギュー・ラヴ氏、「3悪人」のトム・サンチ氏「吃驚仰天」のドロシー・セバスチャン嬢、「悪魔の踊子」の上山草人氏、以前メトロのスターたりしアリス・レイク嬢、レイ・ホーラー氏、等が共演するものである。

監督
フォレスト・シェルドン
出演キャスト
ドロシー・セバスチャン モンタギュー・ラヴ トム・サンチ レイ・ホーラー
1926年

恋は異なもの

  • 1926年公開
  • 出演(Joe 役)

「微笑みの女王」に続くコリーン・ムーア嬢主演喜劇で同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督したもの。原作はサタデイ・イヴニング・ポースト誌所載のブルック・ハンロン氏作の小説「食料品店」でジュリエン・ジョセフソン氏が脚色した。ムーア嬢の相手役は「夜の女」「滅び行く民族」等出演のマルコーム・マツグレゴア氏と「のんだくれ」「グリード」等出演のジーン・ハーショルト氏で、アーサー・ストオーン氏、ドロシー・シーストローム嬢等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ジーン・ハーショルト マルコム・マッグレガー アーサー・ストーン

殺人倶楽部

  • 1926年公開
  • 出演(Johnny_Vane 役)

「突撃」「ドラモンド大尉」のロッド・ラ・ロック氏が主演する映画でオクタヴァス・ロイ・コーエン氏原作の小説から「破戒」「キング・オブ・キングス」のジェニー・マクファーソン女史と「通り魔」「暗黒街のローマンス」のダグラス・Z・ドーティー氏が脚色し、「クリスティナ」「大河の奇賊」のウィリアム・K・ハワード氏が監督したもので主演者のほかに「鐵假面」のマーゲリット・ド・ラモット嬢、「黄金の世界へ」のジョージ・クーパー氏、「思い出」のグスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、「黒時計聯隊」のウォルター・ロング氏、「愛すればこそ(1929)」のレイ・ホーラー氏等出演、キャメラは「クリスティナ」「ヨーロッパ突進」のルシエン・アンドリオ氏が担任。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
ロッド・ラロック マーゲリット・ド・ラ・モット レイ・ホーラー グスタフ・フォン・セイファーティッツ
1925年

踊子サリー

  • 1925年公開
  • 出演(Jimmy_Spelvin 役)

原作はガイ・ボルトン氏作のミュージカル・コメディーでニューヨークでジーグフェルドが長期興行をなして当てたものである。ジューン・メイシス女史が脚色したものを「小公子」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「愛の救援列車」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢で「ロスト・ワールド」及び「嫉妬の創痕」等出演のロイド・ヒューズ氏が相手役を演じ、ジーグフェルド一座で大当たりを取ったレオン・エロール氏が同じく公爵の役を演じ、その他エヴァ・ノヴァク嬢、マートル・テッドマン嬢等が助演。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ レオン・エロール ダン・メーソン

恋の手ほどき(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(Billy_Carmichael 役)

久々でジョン・エマースン氏アニタ・ルース女史合作の台本になるコンスタンス・タルマッジ嬢作品で「桃色の夜は更けて」「ダルシー」等と同じくシドニー・A・フランクリン氏が監督した。「桃色の夜は更けて」「ダルシー」「金魚娘」等主演のコンスタンス・タルマッジ嬢が主役で相手役は「国境の狼」「殺人ラジオ」等出演のアントニオ・モレノ氏が演じ、ジョニー・ハロン氏、ウォーレス・マクドナルド氏、アルフ・グールディング氏、エミリー・フィッツローイ嬢が助演する愉快な喜劇である。

監督
シドニー・A・フランクリン
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ アントニオ・モレノ エミリー・フィッツローイ ジョニー・ハロン

5万ドル大事件

  • 1925年公開
  • 出演(Ray_MacDonald 役)

「メイル・マン」「アメリカ魂」等と同じくエモリー・ジョンソン氏監督作品で例のごとくエミリー・ジョンソン夫人が台本を執筆したものである。主役は「メイル・マン」「危険信号」等出演のラルフ・ルイス氏で、フランセス・ティーグ嬢、レイ・ホーラー氏、レックス・リーズ氏等が助演している。

監督
エモリー・ジョンソン
出演キャスト
ラルフ・ルイス Lila Leslie レイ・ホーラー フランセス・ティーグ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レイ・ホーラー