映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ベリー

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1988年 まで合計9映画作品)

1988年

ア・マン・イン・ラブ

  • 1988年11月3日(木)
  • 出演(Harry 役)

激しい恋におち、めくるめく愛の日々を送る男女の心の苦悩と葛藤を描く。製作・監督・原案・脚色は「女ともだち(1983)」のディアーヌ・キュリス、共同製作はミシェル・セイドゥー、共同脚色はオリヴィエ・シャッキ、撮影はベルナール・ジツェルマン、音楽は「ブルースが聞こえる」のジョルジュ・ドルリューが担当。出演は「うるさい女たち」のピーター・コヨーテ、「熱砂の日」のグレタ・スカッキほか。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
ピーター・コヨーテ グレタ・スカッキ クラウディア・カルディナーレ ジェイミー・リー・カーティス

ゴールデン・エイティーズ

  • 1988年3月19日(土)
  • 出演(Eli 役)

30年前の恋の記憶に引き戻された女とその息子を中心とした恋愛ミュージカル・コメディ。1986年のカンヌ映画祭監督特別上映作品。製作はマルティーヌ・マリニャック、監督・脚本は「アンナの出会い」のシャンタル・アケルマン、音楽はマルク・エルエが担当。出演はミリアム・ボワイエ、ジョン・ベリーほか。

監督
シャンタル・アケルマン
出演キャスト
ミリアム・ボワイエ ジョン・ベリー デルフィーヌ・セイリグ ニコラ・トロン
1986年

ラウンド・ミッドナイト

  • 1986年10月10日(金)
  • 出演(Ben 役)

1940年代、50年代の代表的ジャズプレイヤーと、彼を神のように尊敬する若者の交流を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、監督は「田舎の日曜日」のベルトラン・タヴェルニエ、脚本はタヴェルニエとデイヴィッド・レイフィール、撮影はブルーノ・ディ・カイゼル、音楽はハービー・ハンコック、編集はアルマン・ペスニー、衣裳はジャクリーヌ・モローが担当。出演はデクスター・ゴードン、フランソワ・クルゼなど。

監督
ベルトラン・タヴェルニエ
出演キャスト
デクスター・ゴードン フランソワ・クリュゼ ガブリエル・アケル Sandra Reaves Phillips
1979年

がんばれ!ベアーズ 大旋風

  • 1979年3月17日(土)
  • 監督

チビッコ野球チームベアーズが活躍するがんぱれ!ベアーズ′シリーズの第3弾目で、舞台を日本に移し、子供たち同士の友情や、大人たちとの交流を描く。製作はマイケル・リッチー、監督は「愛しのクローディン」のジョン・べリー、脚本はビル・ランカスター、撮影はジーン・ポリトと岡崎宏三、音楽はポール・チハラが各々担当。出演はトニー・カーティス、ジャッキー・アール・ヘイリー、マッシュー・ダグラス・アントン、ブレット・マルクス、デイヴィッド・ボロック、デイヴィッド・スタンボー、ジェフリー・ルイス・スター、スクーディ・ソーントン、若山富三郎、石原初音、アントニオ猪木など。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
トニー・カーティス ジャッキー・アール・ヘイリー マシュー・ダグラス・アントン ブレット・マルクス
1974年

愛しのクローディン

  • 1974年9月14日(土)
  • 監督

ニューヨークのハーレムに住む貧しい黒人一家の人々の生きる歓びと哀しみを描く。製作総指揮はJ・ロイド・グラント、製作はハンナ・ワインスタイン、監督はジョン・ベリー、脚本はティナ・パインとレスター・パインの夫妻、撮影はゲイン・レシャー、音楽はカーティス・メイフィールド。編集はルイス・サン・アンドレスが各々担当。出演はダイアン・キャロル、ジェームズ・アール・ジョーンズ、ローレンス・ヒントン・ジェイコブス、タムー、デイヴィッド・クルーガー、イヴェット・カーティス、エリック・ジョーンズなど。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
ダイアン・キャロル ジェームズ・アール・ジョーンズ ローレンス・ヒントン・ジェイコブス タムー
1966年

虎の谷

  • 1966年7月28日(木)
  • 監督

ジャラル・ディンとロイス・ロスの原作「野性の象」をギルバート・ライトが潤色、「荒野を歩け」のジョン・ファントが脚色、ヨーロッパで舞台、テレビなどに活躍中のジョン・ベリーが監督した少年の冒険ドラマ。撮影は「キャプテン・シンドバッド」のグンター・ゼンフトレーベン。音楽はリズ・オルトラーニが担当した。出演は「私刑街」のジェイ・ノース、インド俳優サジッド・カーン、「勇者のみ」のクリント・ウォーカーなど。製作はフランク・キングとモーリス・キング。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
クリント・ウォーカー ジェイ・ノース J. S. Johar サジッド・カーン
1952年

その男を逃すな

1946年ロバーツ・プロを設立、「肉体と霊魂」などを製作したボブ・ロバーツが1951年に製作した作品で、監督は「初恋時代」のジョン・ベリー。サム・ロスの原作小説に基づいてガイ・エンドァが脚色した。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ(「大城塞」)、音楽はフランツ・ワックスマン(「青いヴェール」)の担当。主演は最近物故したジョン・ガーフィールド(「破局」)と「ウィンチェスター銃'73」のシェリー・ウィンタースで、ウォーレス・フォード(「ハーヴェイ」)、セレナ・ロイル、グラディス・ジョージ、ノーマン・ロイドらが助演する。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
ジョン・ガーフィールド シェリー・ウィンタース ウォーレス・フォード セレナ・ロイル
1949年

迷路

  • 1949年12月
  • 監督

「望郷」として好評を博したデテクティヴ・アシェルベの「ペペ・ル・モコ」のハリウッドにおける2度目の映画化で、脚色には「新婚第一歩」のラディスラウス・ブス・フェケテとアーノルド・マノフが協力し監督には「初恋時代」のジョン・ベリィが当たった。撮影はアーヴィング・グラスバーグである。主役は「美人劇場」のトニー・マーティンで、彼はナット・C・ゴールドストーンと共にこの映画のプロデューサーで彼の歌を聞かせるのが主なので、音楽台本は「会議は踊る」のエリック・シャレルが書き、いくつかの歌曲はレオ・ロビン作詩、ハロルド・アーレン作曲である。我がスクリーンには初お目見得のイヴォンヌ・デ・カーロと、スエーデンから来たマルタ・トーレン、「毒薬と老嬢」のピーター・ローレがマーティンと共に主演し新顔のトーマス・ゴメス、「美しき被告」のダグラス・ディック、キャサリン・ダンハム等が助演する1948年度作品。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
イヴォンヌ・デ・カーロ トニー・マーティン ピーター・ローレ マータ・トーレン
1947年

初恋時代

  • 1947年9月
  • 監督

「空の要塞」のヴェロニカ・レイクと喜劇畑の新人ソニー・タフツ、処女出演の新 星ジョーン・コールフィールドが主演する映画。オーガスタ・タッカーの小説をアン・フリーリックとエイドリアン・スコットが改作し、フリーリックとヒューゴー・バトラーが脚本とし、劇界から来たジョン・ベリーが第一回作品として監督「淑女と拳骨」のチャールズ・ラングが撮影した。

監督
ジョン・ベリー
出演キャスト
ヴェロニカ・レイク ソニー・タフツ ジョーン・コールフィールド リリアン・ギッシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ベリー