映画-Movie Walker > 人物を探す > メイ・エジントン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1936年 まで合計7映画作品)

1936年

マンハッタン夜話

  • 1936年
  • 原作

「オペラ・ハット」「一対二」のジーン・アーサーと「この三人」「バーバリー・コースト」のジョエル・マクリーが主演する映画で、メイ・エジントン作の小説に基づいてジョゼフ・クラムゴールドが書き下ろし、「俺は善人だ」のシドニー・バックマンが「僕は軍人」のハリー・ソーバー、「輝ける百合」のジャック・カークランドと協力して脚色し、「少年G戦線」のエドワード・ルドヴィクが監督に当たり、「片道切符」のヘンリー・イリヒが撮影した。助演者は「野生の叫び」のレジノルド・オウエン、「わたしのすべてを」の脚色者であり,台詞監督だったトーマス・ミッチェル、「意気な紐育っ子」のハーマン・ビング、ヴィクター・キリアン等である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
ジーン・アーサー ジョエル・マクリー トーマス・ミッチェル ハーマン・ビング
1933年

秘密(1933)

  • 1933年
  • 原作戯曲

「お転婆キキ(1931)」に次ぐメアリー・ピックフォード主演映画で、ルドルフ・ベジアとメイ・エジントンの合作の舞台劇に基づいてかつての無声作品と同一のスタッフ、フランセス・マリオン脚色、フランク・ボーゼージ監督、に成ったもの。なおマリオンの近業には「シナラ」「チャンプ(1931)」があり、ボーゼージには「戦場よさらば」「バッド・ガール」がある。ピックフォードを助けて、「永遠に微笑む」「婦人に御給仕」のレスリー・ハワードが共演するほか、「ミラクルマン(1932)」「海賊(1931)」のネッド・スパークス、「極楽特急」「地獄のサーカス」のC・オーブリー・スミス、モナ・マリス、アラン・シアーズ、ブランシュ・フレデリシ、ドリス・ロイド等が助演している。カメラは「シナラ」「御冗談でしョ」のレイ・ジューンの担当である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
メアリー・ピックフォード レスリー・ハワード C・オーブリー・スミス ブランシュ・フレデリシ
1931年

偽りのマドンナ

  • 1931年
  • 原作

メイ・エジントン女史作の小説「心は若し」に基づき「悪魔が跳び出す」のアーサー・コーパーとレイ・ハリスが共同脚色し、コーバーが台詞を書き、新人スチュアート・ウォーカーが監督し、「ダグラスの世界一周」のヘンリイ・シャープが撮影した。主要俳優は「二十四時間」「天才の妻」のケイ・フランシス、「時計の殺人」「砲煙」のウィリアム・ボイド及び「ロスト・ツェッペリン」のコンウェイ・タールで、新進のジョン・ブリーデン、マージョリー・ゲイトソン、チャールズ・D・ブラウン等が助演している。

監督
スチュアート・ウォーカー
出演キャスト
ケイ・フランシス ウィリアム・ボイド コンウェイ・タール ジョン・ブリーデン
1927年

近代恋愛ごっこ

  • 1927年
  • 原作

サテデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたメイ・エジントン女史作の物語をフランセス・エイニュー女史が脚色し」「悲恋の楽聖」「神ぞ知る」等と同じくアラン・ドワン氏が監督したもので、主役は「無花果の花」「憧憬の彼方へ」等出演のオリーヴ・ポードゥン嬢が演じ、「悲恋の楽聖」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のニール・ハミルトン氏が相手役を勤め、マリー・ドレッスラー嬢、メアリー・アルデン嬢、ジェリー・マイリー氏、ヘレン・チャンドラー嬢、ベギー・ケリー嬢等が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ニール・ハミルトン マリー・ドレッスラー ジェリー・マイリー
1925年

勝利者(1925)

  • 1925年
  • 脚本

「十誡(1923)」に続くセシル・B・デミル氏の監督作品で、原作はサタデイ・イヴニングポースト誌上に連載されたメイ・エジントン女史の小説、これを例のジャニー・マクファースン女史が脚色したもので、主役は「十誡(1923)」現代篇と同じくリートリス・ジョーイ嬢とロッド・ラ・ロック氏、それにハンガリー生れの新進俳優ヴィクター・ヴァルコニ氏が加わり、その他贅澤なオール・スター・キャストである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ チャールズ・オーグル

歓楽の舞姫

  • 1925年
  • 原作

メイ・エジントン女史作の小説「終わりなき世界」を映画化したもので、「ダーク・エンゼル(1925)」「楽園の盗賊」と同じくフランセス・マリオン女史が脚色しジョージ・フィッツモーリス氏が監督した。主役は前記二映画出演のロナルド・コールマン氏と、「動員一下」「世界の籠児」等出演のブランシュ・スウィート嬢が勤め、ウァーナー社やユ社で今売り出しのジェーン・ウィントン嬢、「ステラ・ダラス(1925)」のベル・ベネット嬢、「アイアン・ホース」のシリル・チャドウィック氏等が共演する、素晴らしい役割の人情劇で、所々にテクニカラーが使用してある。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ロナルド・コールマン ジェーン・ウィントン ベル・ベネット
1921年

虚言を吐く唇

  • 1921年
  • 原作

トーマス・H・インス氏が連合製作家社に加入してから第2回目に発表した作品で、大規模な点においては今までのいかなるインス映画よりも大掛かりであると言われている。ニュース誌はこれを「原作としての欠点、例えば思想的自至人物の性格に実在味の足りないうらみはあるが、技術的方面から見てまず完全な作品と云えよう」と評している。嵐の場面とか、汽船が水雷にふれて爆発する場面等の壮大さは真に驚くべきものがあるという。なおこの映画は日活がある輸入商から買い入れたところいわゆる東洋興行権利なるものが目下来朝中のハリー・オーエンス氏の手にあるので多分公開ができまいという。その代わりオーエンス氏の手で近く公開される運びになっている。1921年2月発売された新しいものである。

監督
ジョン・グリフィス・レイ
出演キャスト
ハウス・ピータース フローレンス・ヴィダー ジョセフ・キルゴアー マーガレット・リヴィングストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > メイ・エジントン