映画-Movie Walker > 人物を探す > パトリシア・コリンジ

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1959年 まで合計5映画作品)

1959年

尼僧物語

  • 1959年8月22日(土)公開
  • 出演(Sister William 役)

キャサリン・ヒューム女史のベストセラー小説をもとに、「オクラホマ!」「地上より永遠に」のフレッド・ジンネマン監督が作った1人の修道尼の物語。脚色はロバート・アンダーソンがあたり、撮影したのは「ローマの休日」のフランツ・プラナー。音楽はフランツ・ワックスマンが担当している。出演するのは「緑の館」のオードリー・ヘップバーン、「ダイヤモンド作戦」のピーター・フィンチ、「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のディーン・ジャガー、「ベビイドール」のミルドレッド・ダンノック、ディムの称号をもつ英国女優エディス・エバンスとディム・ペギー・アシュクロフト、パトリシア・コリンジ、ルース・ホワイト、パトリシア・ボスワースら。製作ヘンリー・ブランク。

監督
フレッド・ジンネマン
出演キャスト
オードリー・ヘップバーン ピーター・フィンチ エディス・エヴァンス ディム・ペギー・アシュクロフト
1954年

偽りの花園

  • 1954年8月公開
  • 出演(Birdie_Hubbard 役)

「黄昏(1951)」のウィリアム・ワイラーが、製作者サミュエル・ゴールドウィン(「アンデルセン物語」)のもとで、「西部の男」について1941年に監督した悪女ドラマ。原作はリリアン・ヘルマン作の舞台劇で映画のための脚色も彼女が行い、「氷上の花」のアーサー・コーバー、ドロシー・パーカー、「運命の饗宴」のアラン・キャンベルの3人が台詞を追加している。撮影監督は「ダニー・ケイの牛乳屋」の故グレッグ・トーランド、音楽メレディス・ウィルソン。「イヴの総て」のベティ・デイヴィス、「クーパーの花婿物語」のテレサ・ライト、「女海賊アン」のハーバート・マーシャルが主演し、ほかに「青いヴェール」のリチャード・カールソン、「クーパーの花婿物語」のパトリシア・コリンジ、「雷鳴の湾」のダン・デュリエ、「真紅の女」のチャールズ・ディングル、「激情の断崖」のカール・ベントン・リード、ジェシー・グレイスンなどが出演する。

監督
ウィリアム・ワイラー ハーマン・シュムリン
出演キャスト
ベティ・デイヴィス ハーバート・マーシャル テレサ・ライト リチャード・カールソン
1953年

クーパーの花婿物語

  • 1953年5月24日(日)公開
  • 出演(Mrs. Drury 役)

「砂漠の鬼将軍」のナナリー・ジョンソンが脚色を兼ねて1944年に製作した。原作はフロイド・デルとトーマス・ミッチェル「真昼の決闘」共作の舞台劇で「誰が為に鐘は鳴る」の故サム・ウッドの監督になる。撮影は「流刑の大陸」のジョン・サイツ、音楽は「東は東」のアーサー・ランジ。「外套と短剣」のゲイリー・クーパーと「生きるためのもの」のテレサ・ライトが主演し、以下「戦うロビンフッド」のアニタ・ルイズ、「三銃士(1948)」のフランク・モーガン、パトリシア・コリンジ、エドモンド・ブレオンなどが助演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ゲイリー・クーパー テレサ・ライト アニタ・ルイズ フランク・モーガン
1946年

疑惑の影

  • 1946年12月17日(火)公開
  • 出演(Emma_Newton 役)

「レベッカ」「汚名」「白い恐怖」のアルフレッド・ヒッチコック監督。主演女優テレサ・ライトはニューヨークの劇場出身。「ミニヴァー夫人」で助演女優賞をうけ「ヤンキースの誇り」でゲイリー・クーパーの相手役を演じた。ジョセフ・コットンは先般封切られた「恋の十日間」でお馴染。1942年作品。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
テレサ・ライト ジョゼフ・コットン マクドナルド・ケイリー ヘンリー・トラヴァース
1929年

ナイトクラブ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Inez 役)

パラマウント・オールトーキング、オール・シンギング、オール・ダンシング映画の1つでかつて短編小説として発行せられたキャサリン・ブラッシュ女史の原作を「姫君と給仕」「3日伯爵」「桃色の曲者」「落花長恨」等の脚色潤色者であり、著書としては「壁の穴(1929)」を潤色したピエル・コリングス氏が潤色し、「リリアン・ロス・ジャズバンド」以下多数の短編映画を作ったロバート・フローリー氏が監督したもので出演者の中には米国最大のチャールズトン・ダンサーであるアン・ベニングストン嬢米国第一の喜劇女優として知られるファンニ・プライス嬢が加わっている。内容は最近日本にも追い追いに紹介されつつあるニューヨークの夜間倶楽部の華やかな歓楽境の裏と表とを推薦したものであって、あくまで客観的に題材を取り扱い、従来の劇映画とは全然趣を異にしている。すなわちこの映画に見るべきものは会話的な興味と不夜の歓楽境ナイトクラブの会話紹介と最近最部のジャズダンスの面白さにあって劇の筋は主要部分を占めるものではないといえる。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ミニー・デュプリー June Walker アン・ペニントン フランセス・ウィリアムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パトリシア・コリンジ