映画-Movie Walker > 人物を探す > たむらまさき

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2017年 まで合計61映画作品)

2017年

いぬむこいり

  • 2017年5月13日(土)公開
  • 撮影

鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」などのプロデューサー片嶋一貴監督作品。小学校教師・梓の家には、軍功を上げた家来の犬がお姫様と結婚するという犬婿伝説が伝わっている。ある日、仕事で問題を起こし、婚約者と大喧嘩した梓は、空からお告げの声を聞く。出演は、「五つ星ツーリスト THE MOVIE 究極の京都旅、ご案内します!!」の有森也実、ジャズパンクバンド・勝手にしやがれの武藤昭平、「戦争と一人の女」の江口のりこ、「The Room」の尚玄、「アジアの純真」の笠井薫明、「半グレvsやくざ」シリーズの山根和馬、「知らない、ふたり」の韓英恵、「さらば あぶない刑事」のベンガル。

監督
片嶋一貴
出演キャスト
有森也実 武藤昭平 江口のりこ 尚玄
2013年

プチト・アナコ ロダンが愛した旅芸人花子

  • 2013年7月9日(火)公開
  • 撮影

明治から昭和初期にかけてヨーロッパで活躍した女優“花子”こと太田ひさの数奇な生涯を事実にもとづいて構成したTVドラマ。ひさはオーギュスト・ロダンのモデルになった唯一の日本人で、森鴎外の小説『花子』もモデルでもあった。演出は岩佐寿弥。出演は古川あんず、麿赤兒。1995年度ハイビジョンフェスティバルドラマ部門大賞受賞作品。

出演キャスト
古川あんず 麿赤兒

うらぎりひめ

  • 2013年3月1日(金)公開
  • 撮影

舞踏家としてヨーロッパでも活躍する一方、映画監督としても、「朱霊たち」が2009年英国ポルトベロ国際映画祭最優秀映画賞受賞、「夏の家族」が2010年ロッテルダム国際映画祭に招待されている岩名雅記の監督三作目。撮影は、「日本解放戦線 三里塚」のたむらまさき。出演は、ドラマ『虹色定期便』のたうみあきこ。

監督
岩名雅記
出演キャスト
たうみあきこ 大澤由理 七感弥広彰
2009年

私は猫ストーカー

  • 2009年7月4日(土)公開
  • 撮影

矢口史靖監督との共同制作や脚本家、個性派俳優としても活躍する鈴木卓爾の長編監督デビュー作。猫好きたちの圧倒的な支持を得た浅生ハルミンの同名エッセイを映画化。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
星野真里 江口のりこ 宮崎将 品川徹
2008年

東南角部屋二階の女

  • 2008年9月20日(土)公開
  • 撮影

西島秀俊、加瀬亮主演の心温まるドラマ。開かずの部屋がある古いアパートを訪れた若者3人が、人生の大先輩たちと出会い、新たな旅立ちを迎えるまでを描く。

監督
池田千尋
出演キャスト
西島秀俊 加瀬亮 竹花梓 大谷英子

砂の影

  • 2008年2月2日(土)公開
  • 撮影

デビュー作「すべては夜から生まれる」で注目された甲斐田祐輔が、8ミリで撮り上げた異色ラブ・ストーリー。盲目的な愛を貫く女性の姿を独特の映像で描く。

監督
甲斐田祐輔
出演キャスト
江口のりこ ARATA 米村亮太朗 矢吹春奈
2007年

サッドヴァケイション

  • 2007年9月8日(土)公開
  • 撮影

「EUREKA(ユリイカ)」などで国際的に評価の高い青山真治監督が、浅野忠信ら豪華キャストを迎えて描く人間ドラマ。運命に翻ろうされていく男女の姿を映し出す。

監督
青山真治
出演キャスト
浅野忠信 石田えり 宮崎あおい 板谷由夏

AA

  • 2007年6月30日(土)公開
  • 撮影

音楽界に大きな影響を与え、32歳でこの世を去った音楽批評家・間章(Aida Aquirax) の、文学的かつ哲学的な音楽批評の軌跡と彼が生きた時代とを、ゆかりのあるミュージシャン、批評家の証言によって映像化を試みたドキュメンタリー。監督は、「EUREKA ユリイカ」の青山真治。

監督
青山真治
出演キャスト
大友良英 亀田幸典 近藤等則 佐々木敦
2006年

AA Signature:Aquirax 音楽批評家 間章

  • 2006年12月12日(火)公開
  • 撮影

1978年12月12日に32歳でこの世を去った音楽批評家・間章は、フリージャズ、プログレッシブ・ロックなどを積極的に日本に紹介し、ミュージシャンと恊働して新しい音楽活動に挑んでいった。そんな間章の“批評/運動”を探求する過程を縦糸に、彼が活動した不可視の70年代があぶり出されていく長編ドキュメンタリー(7時間23分)。インタヴューとライブ演奏を中心とした全6章のタイトルは、第1章「時代の未明から」、第2章「反復する未明」、第3章「非時と廃墟そして鏡」、第4章「僕はランチにでかける」、第5章「この旅に終わりはない」、第6章「来るべきものへ」。出演者は大友良英、亀田幸典、近藤等則、佐々木敦、清水俊彦、副島輝人、高橋巌、竹田賢一、灰野敬二、平井玄、本間亮、湯浅学、大里俊晴。2000年カンヌ国際映画祭“国際批評家連盟賞”を受賞した「EUREKA ユリイカ」の監督・青山真治が、制作時に講師を務めていた「映画美学校」のゼミ生とともに撮影開始から約5年の歳月をかけて完成させた。

監督
青山真治
出演キャスト
大友良英 亀田幸典 近藤等則 佐々木敦

エリ・エリ・レマ・サバクタニ

  • 2006年1月28日(土)公開
  • 撮影

海外でも評価の高い青山真治監督の最新作。人々を自殺に導くウイルスを抑制する“音”を奏でる男たちと、感染者の少女との交流を幻想的なタッチで紡ぎ出す。

監督
青山真治
出演キャスト
浅野忠信 宮崎あおい 中原昌也 岡田茉莉子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > たむらまさき