TOP > 人物を探す > ジャック・ローズ

年代別 映画作品( 1949年 ~ 1974年 まで合計16映画作品)

1974年

ウィークエンド・ラブ

  • 1974年3月16日(土)
  • 脚本

都会生活のサラリーマンにとって貴重な憩の時となるウィークエンド。ロンドンを舞台に、妻子ある中年男と離婚歴のある中年女のほろ苦い愛を描く。ロス・ハンターを社長とするブルート・プロの第一回作品。製作・脚本は「お熱い出来事」のメルヴィン・フランク、脚本はフランクとジャック・ローズ、撮影はオースティン・デンプスター、音楽はジョン・キャメロンが各々担当。出演はジョージ・シーガル、グレンダ・ジャクソン、ポール・ソルビン、ヒルデガード・ニール、セック・リンダー、K・カラン、マリー・バークレイ、ミシェル・エラウィンなど。

監督
メルヴィン・フランク
出演キャスト
ジョージ・シーガル グレンダ・ジャクソン ポール・ソルビノ ヒルデガード・ニール
1965年

僕のベッドは花ざかり

  • 1965年1月14日(木)
  • 製作、脚本

製作・脚本をジャック・ローズ、「バターフィールド8」のダニエル・マンが監督したセックス・コメディ。撮影は「浮気の計算書」のジョゼフ・ルッテンバーグ、音楽はジョージ・ダニングが担当した。出演は「テキサスの四人」のディーン・マーティン、「ひとりぼっちのギャング」のエリザベス・モンゴメリー、「5月の7日間」のマーティン・バルサム、「ナイスガイ・ニューヨーク」のジル・セント・ジョン、「恋人のいる時間」のマーシャ・メリル、リチャード・コンテ、谷洋子、キャロル・バーネットほか。

監督
ダニエル・マン
出演キャスト
ディーン・マーティン エリザベス・モンゴメリー マーティン・バルサム ジル・セント・ジョン
1963年

パパは王様

  • 1963年9月3日(火)
  • 製作、脚本

サイレント時代の人気スター・コリンヌ・グリフィスの自伝小説を、この映画の製作者ジャック・ローズが脚色、「偽将軍」のジョージ・マーシャルが監督にあたっている。撮影は「G・I・ブルース」のロイヤル・グリグス、音楽はジョー・リリー。出演者は「ハスラー」のジャッキー・グリーソン、「チャップマン報告」のグリニス・ジョンズ、「ガール!ガール!ガール!」の新人ローレル・グッドウィンなど。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ジャッキー・グリーソン Linda Burhl チャールズ・ラグルズ Harlan Wardes

浮気の計算書

  • 1963年3月6日(水)
  • 製作、脚色

アレクサンダー・ローズの原作を「ダニー・ケイの替え玉作戦」のジャック・ローズが脚色し、「バターフィールド8」のダニエル・マンが監督したピンク・コメディ。撮影は「バターフィールド8」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽は「ピクニック」のジョージ・ダニング。出演者は「荒野の3軍曹」のディーン・マーティン、「黒い肖像」のラナ・ターナー、「史上最大の作戦」のエディ・アルバート、ニタ・タルボット、マーゴなど。製作は「5つの銅貨」ノジャック・ローズ。

監督
ダニエル・マン
出演キャスト
ディーン・マーティン ラナ・ターナー エディ・アルバート ニタ・タルボット
1961年

ダニー・ケイの替え玉作戦

  • 1961年11月5日(日)
  • 製作、脚本

ジャック・ローズとメルヴィル・シェイヴェルソン共作の脚本をシェイブルスンが監督した喜劇。撮影はハリー・ストラドリング。音楽担当はシルヴィア・ファイン。出演するのはダニー・ケイ、ダナ・ウィンターら。製作ジャック・ローズ。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ダニー・ケイ ダナ・ウィンター マーガレット・ラザフォード ウィルフリッド・ハイド・ホワイト

勝負に賭ける男

  • 1961年7月7日(金)
  • 脚色

フット・ボールのコーチャーを主人公にしたスポーツ・ドラマ。ダグラス・モローとロバート・ハーディ・アンドリュースが共同で書いた原作を、メルヴィル・シェイヴェルソンとジャック・ローズのコンビが脚色、マイケル・カーティズが監督した。撮影担当はアーチー・スタウト。音楽はマックス・スタイナー。出演するのは「アラモ」のジョン・ウェイン他、、ドナ・リード、チャールズ・コバーン、トム・タリー、マリー・ウィンザー、シェリー・ジャクソンなど。製作はメルヴィン・シェーブルスン。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ジョン・ウェイン ドナ・リード チャールズ・コバーン トム・タリー
1960年

ナポリ湾

  • 1960年12月13日(火)
  • 製作、脚本

マイケル・パートウィーとジャック・デイヴィスの原作を「5つの銅貨」のメルヴィル・シェイヴェルソンンが監督したコメディ。脚色はシェイブルスン、ジャック・ローズとスーソ・チェッキ・ダミーコの共同。撮影は「ベン・ハー(1959)」のロバート・サーティース、音楽をアレッサンドロ・チコニーニニとカルロ・サビーナが共同で担当。出演は「僕は御免だ」のクラーク・ゲーブル、「西部に賭ける女」のソフィア・ローレン、「ロベレ将軍」のヴィットリオ・デ・シーカ、ほかにマリエット、パオロ・カルリーニら。製作ジャック・ローズ。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル ソフィア・ローレン ヴィットリオ・デ・シーカ マリエット

5つの銅貨

  • 1960年1月30日(土)
  • 製作、脚本

1020年代に一世を風びしたバンド・リーダー、レッド・ニコルズの半生に基づく音楽伝記映画。脚本を「月夜の出来事」のメルヴィル・シェイヴェルソンとジャック・ローズが書き、監督は同じくメルヴィル・シェイヴェルソン。撮影は「拳銃の罠」のダニエル・L・ファップ。音楽をリース・スティーヴンスが担当。出演は「戦場のドン・キホーテ」のダニー・ケイ、「めまい」のバーバラ・ベル・ゲデスやルイ・アームストロング、ボブ・クロスビー、シェリー・マン、レイ・アンソニーら。“マイ・ブルー・ヘヴン”“ビル・ベイリー”らの往年の流行曲が演奏される。製作はジャック・ローズ。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ダニー・ケイ バーバラ・ベル・ゲデス ルイ・アームストロング ボブ・クロスビー
1959年

月夜の出来事

  • 1959年1月11日(日)
  • 製作、脚本

「エディ・フォイ物語」の製作ジャック・ローズ、監督メルヴィル・シェイヴェルソンのコンビが作ったロマンティック・コメディ。中年男とイタリア人娘をめぐる、ワシントンを背景にしたドラマがくりひろげられる。オリジナル・シナリオをジャック・ローズとメルヴィル・シェイヴェルソン自身が共同で書下ろし、撮影監督は「パリの恋人」のレイ・ジューン。音楽をジョージ・ダニングが編曲し、作詞ジェイ・リヴィングストン、作曲レイ・エヴァンスのチームが“ビン・バン・ボン”“あなたに抱かれて”の2曲を書いている。主演するのは「無分別」につぐケーリー・グラント、「楡の木陰の欲望」のソフィア・ローレンの2人。他に出演するのは「パリの休日」のマーサ・ハイヤー、新人ハリー・ガーディノ、エドワード・チアネーリ等。テクニカラー・ビスタビジョン。1958年作品。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ケイリー・グラント ソフィア・ローレン マーサ・ハイヤー Charles Herbert
1955年

エディ・フォイ物語

  • 1955年11月29日(火)
  • 製作、脚色

ボブ・ホープがヴォードヴィルの大立者エディ・フォイに扮す るビスタビジョンの伝記映画。エディの7人の息子の1人エディ・フォイ・ジュニアが解説者として声を聞かせる。製作、脚色のジャック・ローズと脚色(共同)、監督のメルヴィル・シェイヴェルソンはギャグ・ライター出身でB・ホープとコンビ。撮影はジャック・ワレン、音楽は「腰抜けM・P」のジョセフ・J・リリーが担当する。出演者はB・ホープをはじめ、「奇術師」のイタリア女優ミリ・ヴィターレ、「十二哩の暗礁の下に」のアンジェラ・クラーク「グレン・ミラー物語」のジョージ・トビアスの他ジェームズ・キャグニーがジョージ・M・コーアンに扮する。1955年作品。

監督
メルヴィル・シェイヴェルソン
出演キャスト
ボブ・ホープ ミリー・ヴィターレ ジェームズ・キャグニー ジョージ・トビアス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャック・ローズ