映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ベネディクト

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1938年 まで合計8映画作品)

1938年

裏町6人組

  • 1938年当年公開
  • 出演(Trouble 役)

「わが家の楽園」「パリの評判女」のミッシャ・オーア、「躍り込み花嫁」「ラジオの歌姫」のエドワード・エヴァレット・ホートン「青春ホテル」「息子の顔」のめエリー・ポーランド、「フランダースの犬(1935)」「アヴェ・マリア」のヘレン・パーリッシュ、「小公子」のジャッキー・サール、及び「フランダースの犬(1935)」のフランキー・トーマス、「嵐の十字路」のデイヴィッド・ゴーシー及びホリー・チェスター、ウィリアム・ベネディクト、ハリス・バーガー、チャールズ・ダンカンの6少年俳優が共演する映画で「男装」「偽装の女」のモーティマー・オフナーと「子供の世界」のエドワード・エリスキュが協力して脚本を書卸し、「世紀の逃亡者」「潜水艦SOS」のアール・C・ケントンが監督にあたり、「スイングの女王」「平原児」のジョージ・ロビンソンが撮影した。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ミッシャ・オウア メアリー・ボーランド エドワード・エヴァレット・ホートン ヘレン・パーリッシュ
1936年

五ツ児誕生

  • 1936年当年公開
  • 出演(The_Gawker 役)

現代の奇跡ディオンヌ五ツ児の誕生を劇化して映画で、イヴォンヌ、セシル、マリー、アネット、エメリーの五ツ児を出演させている。チャールズ・E・ブレークの原案を、「紐育の口笛」「廻り来る春」のヘンリー・キングが監督にあたり、ジョン・サイツとダニエル・B・クラークが共同撮影した。出演俳優は「白衣の騎士」「泉」のジーン・ハーショルト、「空飛ぶ音楽」のジューン・ラング、「東への道」のスリム・サマーヴィル、新人マイケル・ウェーレン、「宝島(1934)」のドロシー・ピーターソン、「ギャングの家」のロバート・バラット、「来秋」のジョン・クェーレン、「ホワイト・パレード」のジェーン・ダーウェル、その他である。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ジーン・ハーショルト ジューン・ラング スリム・サマーヴィル マイケル・ウェーレン

結婚クーデター

  • 1936年当年公開
  • 出演(Johnny 役)

「暁の爆撃機」のジーン・ハーロウ「巨星ジーグフェルド」のウィリアム・パウエル及びマーナ・ローイ、「桑港」のスペンサー・トレイシーの四スタアが競演する映画で、ウォーレス・サリヴァンが原作を書き卸し「心の青空」のモーリン・ワトキンス、「諾?否?」のハワード・エメット・ロジャース及びジョージ・オッペンハイマーが協力脚色し、「奇傑パンチョ」「嵐の三色旗」のジャック・コンウェイが監督に当たり、「ジャバの東」のノーパート・ブロディンが撮影した。助演監督は「薔薇はなぜ紅い」のウォルター・コノリー、「化石の森」のチャールズ・グレィプウイン、「小公子」のE・E・クライヴその他の面々である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジーン・ハーロウ ウィリアム・パウエル マーナ・ローイ スペンサー・トレイシー

証人席

  • 1936年当年公開
  • 出演(Benny 役)

「泉」「晩春」のアン・バーディングが主演する映画で、リタ・ウィーマンのオリジナルを「ホワイト・パレード」のライアン・ジェームズと「鋪道の雨」のガートルード・パーセルが協力脚色し、「紅雀」「大帝の密使」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「偽装の女」のロバート・ダグラスが撮影した。助演者は「三銃士(1935)」のウォルター・エイベルおよびモローニ・オルセン、「永遠に愛せよ」のダグラス・ダンブリル、新顔のフランセス・セイジ等である。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
アン・ハーディング ウォルター・エイベル ダグラス・ダンブリル フランセス・セイジ

ラモナ(1936)

  • 1936年当年公開
  • 出演(Joseph_Hyar 役)

「人妻の戒律」「愛の花籠」のロレッタ・ヤングが主役を勤めるヘレン・ハント・ジャックスン作の同名の小説の色彩映画化である。脚色には「野に咲く金色の花」のラマー・トロッティが当たり、監督には「五ツ児誕生」「東への道」のヘンリー・キングが任じた。撮影は「踊る海賊(1936)」のウィリアム・スコールが受持ち、色彩監督には例によってナタリー・カルマスが当たった。主役のヤングを助けて、「鐘の音」のドン・アメチを始め「フロリダ超特急」のケント・テイラー、「マダムと踊子」のポーリン・フレデリック、「可愛いオディ」のジェーン・ダーウェル、「十字軍」のキャサリン・デミル、「港に異常なし」のヴィクター・キリアン、「目撃者(1936)」のジョン・キャラディン、「風雲児アドヴァース」のペドロ・デ・コルドヴァ等が出演。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ドン・アメチ ケント・テイラー ポーリン・フレデリック
1935年

学生怪死事件

  • 1935年当年公開
  • 出演(Penny 役)

「彼女は僕を愛さない」「ソプラノ奥様」のエリオット・ニュージェントが監督に当たった映画で、「合点!!承知!!」のアーリン・ジャッジ、「過去から来た男」のケント・テイラー、「無電非常線」のウィリアム・フローリー、英国から来た新人ウェンディー・バリー、舞台からきたベニー・ベイカー、「彼女は僕を愛さない」のエドワード・ヌージェント等が共演するもの。原作はビューラ・マリー・ディックスとバートラム・ミルハウザーが書き卸し、フランク・パートス、チャールズ・ブラケット、マーゲリット・ロバーツが共同脚色した。撮影は「生命の雑踏」のテオドル・スパークールの担任。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
アーリン・ジャッジ ケント・テイラー ウェンディ・バリー ウィリアム・フローリー

少年G戦線

  • 1935年当年公開
  • 出演(Flash 役)

「街で拾った女」「晩餐八時」のメイ・ロブソンが主演する映画で、ハリー・ポピーの原作をバリー・トリヴァースが脚色しエドワード・ルドウィグが監督に当たり、「ダイヤモンド・ジム」のジョージ・ロビンソンが撮影した。主演のロブスンを助けて「ますらを」のフランキー・ダーロ、「玩具の国」のシャーロット・ヘンリー、新顔の子役、ビル・バーラッド及びウィリアム・ベネディクト、「化石人間」のヘンリー・アーメッタ「曲芸団」のハーマン・ビング、「罪じゃないわよ」のジョン・ミルジャン、アーヴィング・ピチュル、ノエル・マディソンなどが出演。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
メイ・ロブソン フランキー・ダーロ シャーロット・ヘンリー ウィリアム・ベネディクト

情無用ッ

  • 1935年当年公開
  • 出演(Willie 役)

ダリル・F・ザナック作品で、「東への道」「模倣の人生」のロチェル・ハドソンを筆頭に、「西班牙狂想曲」のシーザ・ロメロ、「暗黒街全滅」のブルース・キャボット、新顔のエドワード・ノリスが共演する。原作は「民衆の敵」と同じくキュベック・グラスモンが書き卸し、「ムーラン・ルージュ」のヘンリー・レーアマンが潤色、グラスモンが台本を作り、「水兵万歳」「聖林365夜」のジョージ・マーシャルが監督に当たり、「恋のページェント」のバート・グレノンが撮影した。助演は「浮かれ姫君」のエドワード・プロフィー、「輝ける百合」のウォーレン・ハイマー、フランク・コンロイ等である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ロチェル・ハドソン セザール・ロメロ ブルース・キャボット エドワード・ノリス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ベネディクト