TOP > 人物を探す > ジェラルド・ヘレロ

年代別 映画作品( 1989年 ~ 2020年 まで合計11映画作品)

2020年

テリー・ギリアムのドン・キホーテ

  • 1月24日(金)
  • 製作

『12モンキーズ』『Dr.パルナサスの鏡』などの異才テリー・ギリアムが、30年もの時を費やし、スペインの傑作古典小説「ドン・キホーテ」を映画化。出演に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョナサン・プライス、『007 慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコら。第71回カンヌ国際映画祭のクロージング作品。

監督
テリー・ギリアム
出演キャスト
アダム・ドライバー ジョナサン・プライス ステラン・スカルスガルド オルガ・キュリレンコ
2012年

気狂いピエロの決闘

  • 2012年8月4日(土)
  • 製作

一人の女を巡る道化師とピエロの血みどろの三角関係を描く異色のラブ・ストーリー。監督は「マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾」のアレックス・デ・ラ・イグレシア。出演はカルロス・アレセス、「マルティナの住む街」のアントニオ・デ・ラ・トーレ、カロリーナ・バングほか。2010年ベネチア国際映画祭・銀獅子賞と脚本賞受賞作。2011年9月15日より、東京・新宿バルト9にて開催された「第8回 ラテンビート映画祭」にて上映。2012年8月4日より、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された「三大映画祭週間2012」にて上映。

監督
アレックス・デ・ラ・イグレシア
出演キャスト
カルロス・アレセス アントニオ・デ・ラ・トレ カロリーナ・バング マヌエル・タリャフェ

テトロ 過去を殺した男

  • 2012年1月7日(土)
  • 共同制作

巨匠フランシスコ・フォード・コッポラ監督がブエノスアイレスを舞台に、兄弟の確執を描くヒューマンドラマ。イタリア系移民であるコッポラが自身を投影させたと言われる意欲作で、主人公のテトロをヴィンセント・ギャロが好演している。弟ベニーを演じるのは、コッポラの次回作にも出演する期待の新鋭アルデン・エーレンライク。

監督
フランシス・フォード・コッポラ
出演キャスト
ヴィンセント・ギャロ オールデン・エアエンライク マリベル・ベルドゥー ロドリゴ・デ・ラ・セルナ

三重スパイ

  • 2012年4月21日(土)
  • 製作補

1930年代のパリを舞台に、実際にあったスパイ事件を基にした政治陰謀劇。ロシアから亡命してきた帝政軍将校とギリシャ人の妻を描く。監督は、「グレースと公爵」のエリック・ロメール。出演は、「我が至上の恋 アストレとセラドン」のセルジュ・レンコ、「コレリ大佐のマンドリン」のカテリーナ・ディダスカル。

監督
エリック・ロメール
出演キャスト
カテリーナ・ディダスカル セルジュ・レンコ シリエル・クレール グレゴリ・マヌーコフ
2013年

地中海式 人生のレシピ

  • 2013年10月19日(土)
  • 製作

女性シェフと彼女を支える2人の男の物語を描くコメディ。劇中に登場する料理は、“エル・ブリ”のフェラン・アドリア、“テラッサ・デル・カジノ”のパコ・ロンセロなど三ツ星レストランのシェフたちが全面協力した。監督は、「電話でアモーレ」脚本のホアキン・オリストレル。第59回ベルリン国際映画祭上映作品。

監督
ホアキン・オリストレル
出演キャスト
オリビア・モリーナ パコ・レオン アルフォンソ・バッサベ カルメン・バラゲ
2003年

ウェルカム!ヘヴン

  • 2003年1月25日(土)
  • 製作

スペインの2大女優共演の異色ファンタジー。1人の男の魂をめぐり、天国と地獄それぞれの工作員が壮絶バトルを展開。負けん気の強い彼女たちのかけあいがユニーク!

監督
アグスティン・ディアス・ヤネス
出演キャスト
ビクトリア・アブリル ペネロペ・クルス デミアン・ビチル ファニー・アルダン
2002年

クィーン&ウォリアー

  • 2002年5月11日(土)
  • 製作

スペイン映画界の新星ダニエル・モンソン監督のデビュー作。現実と虚構が交錯する奇妙な世界で、死の呪いをかけられた主人公の孤独な闘いを、創造力豊かに描き出す。

監督
出演キャスト
フェルナンド・ラマリョ ネウス・アセンシ ジョエル・ジュアン サンティアゴ・セグラ

バスを待ちながら

  • 2002年1月19日(土)
  • 製作

名作「苺とチョコレート」のチームが再結集したキューバ発のヒューマン・コメディ。バス待合所で展開される数々の騒動を、笑いと涙を絡めてファンタジックに描き出す。

監督
フアン・カルロス・タビオ
出演キャスト
ウラジミール・クルス タイミ・アルバリーニョ ホルヘ・ベルゴリア ノエル・ガルシア
1996年

大地と自由

  • 1996年11月16日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

30年代のスペイン内戦で反ファシズムのために戦った青年たちの理想と幻滅を鮮烈に描きだす戦争ドラマ。監督は「ケス」「レディーバード・レディバード」のケン・ローチで、これまで一貫して英国の庶民生活に目を向けてきた彼の、初の大規模な海外製作にしてドラマチックな歴史物。製作はレベッカ・オブライエン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「レディーバード・レディバード」のサリー・ヒビンとゲラルド・ヘレロ、「愛のめぐりあい」のウルリッヒ・フェルスベルク。脚本は「レイニング・ストーンズ」のジム・アレン。撮影は「リフ・ラフ」以降90年代のローチの全作品を手がけるバリー・アクロイド。音楽のジョージ・フェントン、美術のマーチン・ジョンソン、編集のジョナサン・モリスはいずれも「レディーバード・レディバード」にも参加したローチの常連スタッフ。出演は「バック・ビート」「ウェールズの山」のイアン・ハート、スペインの女優ロサナ・パストールほか。95年カンヌ国際映画祭批評家連盟賞、同年ヨーロッパ映画大賞、セザール賞最優秀外国語映画賞など多数受賞。

監督
ケン・ローチ
出演キャスト
イアン・ハート ロサナ・パストール イシャー・ボライン トム・ジロイ
1992年

豚と天国

  • 1992年6月19日(金)
  • 製作

ペルーの首都リマを舞台に、世代も階級も異なる人々の3つの人生模様をブラック・ユーモアをもって描く寓話。監督・脚本はフランシスコ・ロンバルディ、製作はジェラルド・ヘレロ、共同脚本はジョヴァンナ・ポラローロとアウグスト・カバダ、撮影はホセ・ルイス・ロペス・リナレス、音楽はアレハンドロ・マッソが担当。90年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞。

監督
フランシスコ・ロンバルディ
出演キャスト
グスターヴォ・ブエノ マリソル・パラシオス エリデ・ブレロ Lizardo Canseco
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/2更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジェラルド・ヘレロ

ムービーウォーカー 上へ戻る