TOP > 映画監督・俳優を探す > フランク・ライヘル

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1954年 まで合計39映画作品)

1952年

サムソンとデリラ(1950)

  • 1952年2月15日(金)
  • 出演(Village_Barber 役)

「征服されざる人々」「北西騎馬警官隊」のセシル・B・デミルが製作、監督する1950年度色彩スペクタクル映画。旧約聖書の伝説から「征服されざる人々」のジェシー・L・ラスキー・ジュニアとフレドリック・M・フランクが共同脚色、撮影は「群衆」のジョージ・バーンズ、音楽は「テキサス決死隊(1949)」のヴィクター・ヤング。サムソンには「海洋児」のヴィクター・マチュア、デリラには「キッス・タイム」のヘディ・ラマーが扮し、以下「イヴの総て」のジョージ・サンダース、「緑園の天使」のアンジェラ・ランズベリー、「征服されざる人々」のヘンリー・ウィルコクスンの他オリーヴ・デアリング、フェイ・ホールデンらが出演する。著名な伝説「サムソンとデリラ」の恋物語で、デミルが巨額を費やし完成した大作。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ヘディ・ラマー ヴィクター・マチュア ジョージ・サンダース アンジェラ・ランズベリー
1954年

明日に別れの接吻を

  • 1954年10月9日(土)
  • 出演(Doc_Green 役)

「午後の喇叭」のウィリアム・キャグニーが1950年に製作したギャング映画。「雪原に追跡」のホレース・マッコイの小説を「兄弟はみな勇敢だった」のハリー・ブラウンが脚色、「放射能X」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影監督は「謎のモルグ街」のペヴァレル・マーレイ、音楽はカーメン・ドラゴン。「白熱(1949)」のジェームズ・キャグニーが主演するほか、「南部に轟く太鼓」のバーバラ・ペイトン、「午後の喇叭」のヘレナ・カーター、ワード・ボンド、ルーサー・アドラーなどが出演する。

監督
ゴードン・ダグラス
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー バーバラ・ペイトン ヘレナ・カーター ワード・ボンド
1937年

流行の女王

  • 1937年
  • 出演(Ranier 役)

「白衣の天使」「母の素顔」と同じくケイ・フランシスがアイアン・ハンターを相手に主演する映画で、ウォーレン・ダフとヴァージニア・ケロッグが書卸し「母の素顔」のケイシー・ロビンソンが脚色し、「進め龍騎兵」のマイケル・カーティズが監督に当たり、「母の素顔」のシド・ヒコックスが撮影した。助演は「風雲児アドヴァース」のクロード・レインズ、「スペイン狂想曲」のアリソン・スキップワース、「処女散歩」のベティー・ローフォード、英国から来たアレクサンダー・ダーシー、「小公子」のウォルター・キングスフォードその他である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ケイ・フランシス クロード・レインズ イアン・ハンター アリソン・スキップワース

夜の鍵

  • 1937年
  • 出演(Carl 役)

「透明光線」「大鴉」のボリス・カーロフが主演する映画で、ウィリアム・ピーアスの原作をトリストラム・タッパーとジョン・C・モフィットとが協力脚色に、「踊る海賊(1936)」「クカラチャ」のロイド・コリガンが監督に任じ、「透明光線」「少年G戦線」のジョージ・ロビンソンが撮影した。助演者は「ジャズと艦隊」「ベンガルの虎」のJ・ウォーレン・ハル、「スタア行進曲」のジーン・ロジャース、「殺人都市」のアラン・バクスター、「コリーン」のホバート・カヴァナ、「明朗色時代」のサミュエル・S・ハインズ、デイヴィッド・オリヴァー等である。

監督
ロイド・コリガン
出演キャスト
ボリス・カーロフ J・ウォーレン・ハル ジーン・ロジャース アラン・バクスター

ステージ・ドア

  • 1937年
  • 出演(Stage_Director 役)

「男装」「女性の反逆」のキャサリン・ヘップバーン、「踊らん哉」「ロバータ」のジンジャー・ロジャース、「オーケストラの少女」「銀盤の女王」のアドルフ・マンジュウが主演する映画で、エドナ・ファーバーとジョージ・S・カウフマン合作の舞踏劇に基いて「オペラは踊る」のモリー・リスキンドと「目撃者(1936)」のアンソニー・ヴェイラーが協力脚色し、「襤褸と宝石」「社長は奥様がお好き」のグレゴリー・ラ・カヴァが監督し、「女性の反逆」「証人席」のロバート・デ・グラスが撮影した。助演者は「襤褸と宝石」のゲイル・パトリック、「踊る騎士」のコンスタンス・コリア、「大自然の凱歌」アンドリア・リーズ、「恋の歌」のルシル・ボール、「丘の一本松」のサミュエル・S・ハインズ、「靴を脱いだ女」のフランクリン・バングボーンでなおアン・ミラー、キャサリン・アレクサンダー、ラルフ・フォーブス、メアリー・フォーブス等も出演している。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
キャサリン・ヘップバーン ジンジャー・ロジャース アドルフ・マンジュウ ゲイル・パトリック

深夜のマドンナ

  • 1937年
  • 出演(Vincent_Long$ 役)

「黎明の丘(1937)」「浮気名女優」のウォーレン・ウィリアムと映画初出演の舞台女優マディー・コレルとが主演する映画で、デイヴィッド・ボームの原作を「黎明の丘(1937)」のドリス・マロイと「懐かしのケンタッキイ(1935)」のグラディス・レーマンが協力脚色し、「盲目の飛行士」「上海」のジェームズ・フラッドが監督に当たり、「爆破光線」ロバート・ピッタックが撮影した。助演者は新子役キティー・クランシー、「テキサス決死隊(1936)」のエドワード・エリス、「爆破光線」のロバート・ボールドウィン、ジョナサン・ヘイルその他である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム マディー・コレル キティー・クランシー エドワード・エリス

風雲児アドヴァース

  • 1937年2月
  • 出演(Coach_Diiver_to_Paris 役)

ハーヴェイ・アレン作の長編小説の映画化で、「噫無情」「永遠の職場」のフレドリック・マーチが主役を勤める。脚色には「科学者の道」「異人種の争闘」のシェリダン・ギブニーがあたり、「支那ランプの石油」「母の素顔」のマーヴィン・ルロイが監督し「科学者の道」「支那ランプの石油」のトニイ・ゴーディオが撮影した。助演者は「海賊ブラッド」のオリヴィア・デ・ハヴィランドを始め、「科学者の道」のアルタ・ルイズ、「男装」のエドモンド・グウェン、「情熱なき犯罪」のクロード・レインズ、「晩春」のルイス・ヘイワード、ニューヨークシアター・ギルドのゲイル・ソンダーガード、「踊る海賊(1936)」のステフィ・デューナ、「白衣の天使」のビリー・モーチ及びドナルド・ウッズ、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「愛と光」のラルフ・モーガン、「弾丸か投票か」のヘンリー・オニール及びジョージ・E・ストーン、その他多勢である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
フレドリック・マーチ オリヴィア・デ・ハヴィランド エドモンド・グウェン クロード・レインズ
1936年

再び逢う日

  • 1936年
  • 出演(Von_Diegel 役)

「青春の溜息」「晩春」のハーバート・マーシャルが主演する映画で、アルフレッド・デイヴィス作の戯曲をモートン・バートーが改作し、「真珠の首飾」エドウィン・ジャスタス・メイヤーが、「女罠」のブライアン・マーロウ及びフランクリン・コーエンと協力し、「撮影所の惨劇」「五十六番街の家」のロバート・フローリーが監督し、「恋のナポリ」「十字軍」のヴィクター・ミルナーが撮影したもの。助演者は「最後の駐屯兵」「女罠」のガートルード・マイケル、「米国の機密室」ノライオネル・アトウィル、「撮影所の惨劇」のロッド・ラ・ロック、舞台からのガイ・ベイツ・ポスト、スペンサー・チャータース等である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ハーバート・マーシャル ガートルード・マイケル ライオネル・アトウィル ロッド・ラロック

二国旗の下に

  • 1936年
  • 出演(French_General 役)

「モンテカルロの銀行破り」「嵐の三色旗」のロナルド・コール マンが「花嫁の感情」「白い友情」のクローデット・コルベール、「男の敵」「海を嫌う船長」のヴィクター・マクラグレン、「アメリカの機密室」「何が彼をそうさせたか」のロザリンド・ラッセルと共に主演する映画で、ウィーダ作の小説に基づき「ガルシアの伝令」「噫無情」のW・P・リプスコームがウォルター・フェリスと協力脚色し「南海征服」「カヴァルケード」のフランク・ロイドが監督にあたり、「運河のそよ風」「モンテカルロの銀行破り」のアーネスト・パーマーがシドニー・ワグナー以下の協力を得て撮影したもの。助演者は「めりけん音頭」のグレゴリー・ラトフ、「丘の一本松」のナイジェル・ブルース「虎鮫島脱獄」のジョン・キャラダイン、C・ヘンリー・ゴードン、ハーバート・マンディン、オンスロー・スティーヴンス等である。

監督
フランク・ロイド レイモンド・グリフィス オットー・ブラワー
出演キャスト
ロナルド・コールマン クローデット・コルベール ヴィクター・マクラグレン ロザリンド・ラッセル

探偵合戦

  • 1936年
  • 出演(Dr._Peters 役)

「一対二」「ビック・ゲーム」のジェームズ・グリースンと「有頂天時代」「靴を脱いだ女」のヘレン・ブロデリックが主演する映画で、スチュアート・パーマー作の探偵小説に基づき「乙女よ嘆くな」「森の勇者」のドロシー・ヨーストがトーマス・レノン、エドモンド・ノースおよびジェームス・ゴウと協力して脚本を書き、「森の勇者」と同じくエドワード・キリーとウィリアム・ハミルトンが協同監督し、「大空地獄」「うるさき人々」のニコラス・ミュスラカが撮影したもの。助演者H「我家の誇り」のルイズ・レティマー、「西部戦線異状なし」のオウエン・デービス・ジュニア、「ビック・ゲーム」のジョン・アーレッジ歌手だったジョン・キャロル、「深夜の星」のレスリー・フェントン、「オペラ・ハット」のクリスチャン・ラップ、「五十六番街の家」のシーラ・テリー、「アリゾニアン」のウィリー・ベスト等の面々である。

監督
エドワード・キリー ウィリアム・ハミルトン
出演キャスト
ジェームズ・グリースン ヘレン・ブロデリック ルイズ・レティマー オーウェン・デイヴィス・ジュニア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > フランク・ライヘル

ムービーウォーカー 上へ戻る