映画-Movie Walker > 人物を探す > リドリー・スコット

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2018年 まで合計51映画作品)

2018年

ゲティ家の身代金

1973年にローマで起きた石油王ジャン・ポール・ゲティの孫の誘拐事件を、巨匠リドリー・スコット監督が映画化した人間ドラマ。孫が誘拐されるも、身代金の支払いを拒否するゲティと誘拐犯に戦いを挑む母親の姿が描かれる。息子を助けようと奮闘する母親をミシェル・ウィリアムズ、大富豪ゲティをクリストファー・プラマーが演じる。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
ミシェル・ウィリアムズ クリストファー・プラマー ティモシー・ハットン ロマン・デュリス

ザ・シークレットマン

リーアム・ニーソンがウォーターゲート事件の内部告発者“ディープ・スロート”こと元FBI副長官マーク・フェルトを演じたサスペンス。FBI長官代理グレイからウォーターゲート事件の早期解決を命じられたフェルトは、マスコミを利用しようとするが……。共演は「ボンジュール、アン」のダイアン・レイン、「ラビング 愛という名のふたり」のマートン・ソーカス。監督は「コンカッション」のピーター・ランデズマン。

監督
ピーター・ランデズマン
出演キャスト
リーアム・ニーソン ダイアン・レイン マートン・ソーカス トニー・ゴールドウィン
2017年

オリエント急行殺人事件

  • 2017年12月8日(金)公開
  • 製作

“ミステリーの女王”と呼ばれるアガサ・クリスティーの人気小説をベースにしたサスペンス。寝台列車オリエント急行で起きた殺人事件を巡って、名探偵ポアロが事件解決に挑む姿を描く。シェイクスピアの戯曲から、『マイティ・ソー』などのSFまで幅広いジャンルを手がけるケネス・ブラナーが監督を務め、ポアロ役にも挑戦する。

監督
ケネス・ブラナー
出演キャスト
ケネス・ブラナー ジョニー・デップ ミシェル・ファイファー デイジー・リドリー

ブレードランナー 2049

  • 2017年10月27日(金)公開
  • 製作総指揮

フィリップ・K・ディックの小説を元に、レプリカントと呼ばれる人造人間と彼らによる犯罪を追う捜査官の戦いを描いた傑作SFアクションの続編。前作から30年後となる2049年の世界を舞台にした物語がつづられる。ライアン・ゴズリングが主演を務め、前作で主人公を演じたハリソン・フォードも引き続き出演する。

監督
ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演キャスト
ハリソン・フォード ライアン・ゴズリング ロビン・ライト アナ・デ・アルマス

エイリアン:コヴェナント

  • 2017年9月15日(金)公開
  • 監督、製作

『エイリアン』シリーズの原点を描く、リドリー・スコット監督によるSFドラマ。人類移住計画により未知なる星にたどり着いた宇宙船コヴェナント号の乗組員たちを襲う謎の生物の恐怖を描く。前作『プロメテウス』に引き続き、マイケル・ファスベンダーが乗組員たちをサポートするアンドロイド役で出演する。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
マイケル・ファスベンダー キャサリン・ウォーターストン ビリー・クラダップ ダニー・マクブライド

ロスト・エモーション

  • 2017年3月4日(土)公開
  • 製作総指揮

リドリー・スコット監督が製作総指揮を務めたSFラブサスペンス。世界戦争後、平和を守るために遺伝子操作で人間から感情が排除された。しかし感情を呼び起こす伝染病が発生、感情を持ったサイラスとニアは見つかれば殺されると知りながら惹かれ合っていく。監督は「あなたとのキスまでの距離」(未)のドレイク・ドレマス。出演は「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニコラス・ホルト、「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートほか。日本でも撮影が行われた。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2017』にて上映。

監督
ドレイク・ドレマス
出演キャスト
ニコラス・ホルト クリステン・スチュワート ガイ・ピアース ジャッキー・ウィーヴァー
2016年

コンカッション

  • 2016年10月29日(土)公開
  • 製作

アメリカン・フットボールの選手が激しいタックルの影響で発症するCTE(慢性外傷性脳症)の恐ろしさを訴えた医師ベネット・オマルの実話を、ウィル・スミス主演で映画化した人間ドラマ。NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)という巨大組織やそのファンを敵に回してでも、信念を曲げずに真実を追求し続けた男の姿を描く。

監督
ピーター・ランデスマン
出演キャスト
ウィル・スミス アレック・ボルドウィン アルバート・ブルックス デヴィッド・モース

オデッセイ

  • 2016年2月5日(金)公開
  • 監督、製作

マット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じる、リドリー・スコット監督によるサバイバル・ドラマ。残り少ない酸素や食料をよそに、科学の力を武器に生き残ろうとする主人公ワトニーと、彼を火星に置き去りにしてしまった事を悔やみ、救出しようとする人々の葛藤や友情を描く。原作はアンディ・ウィアーのベストセラー小説。

監督
リドリー・スコット
出演キャスト
マット・デイモン ジェシカ・チャステイン クリステン・ウィグ ジェフ・ダニエルズ
2015年

チャイルド44 森に消えた子供たち

  • 2015年7月3日(金)公開
  • 製作

09年版「このミステリーがすごい!」海外編で第1位に輝いたトム・ロブ・スミス原作のミステリー小説を映画化。1950年代、犯罪なき理想国家を掲げるスターリン体制下のソ連で起きた、子供ばかりを狙った連続殺人事件と、その行方を追う捜査官の姿が描かれる。危険を顧みず、事件の真相に迫っていく捜査官をトム・ハーディが演じる。

監督
ダニエル・エスピノーサ
出演キャスト
トム・ハーディ ゲイリー・オールドマン ノオミ・ラパス ジョエル・キナマン

リピーテッド

  • 2015年5月23日(土)公開
  • 製作総指揮

SJ・ワトソンのベストセラーミステリー『わたしが眠りにつく前に』を「ラスト・ターゲット」のローワン・ジョフィ監督が映画化。眠ると前日までの記憶が失われてしまう女性が、その原因を探るため自らの過去を追いかける姿を描く。出演は「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマン、「英国王のスピーチ」のコリン・ファース、「記憶探偵と鍵のかかった少女」のマーク・ストロング。製作総指揮は「グラディエーター」のリドリー・スコット。

監督
ローワン・ジョフィ
出演キャスト
ニコール・キッドマン コリン・ファース マーク・ストロング アンヌ=マリー・ダフ

関連ニュース

『ビトレイヤー』マーク・ストロング「セリフ、プロットが優れた、展開の読めないスリリングな映画だよ」
『ビトレイヤー』マーク・ストロング「セリフ、プロットが優れた、展開の読めないスリリングな映画だよ」(2013年5月2日)

リドリー・スコット製作総指揮、ジェームズ・マカヴォイ主演のクライムサスペンス『ビトレイヤー』(5月4日公開)で、マカヴォイ扮する捜査官とコンビを組む、キンヘッド…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リドリー・スコット

ムービーウォーカー 上へ戻る