TOP > 人物を探す > ヨランド・モロー

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2017年 まで合計13映画作品)

2017年

女の一生

  • 2017年12月9日(土)
  • 出演(男爵夫人(ジャンヌの母) 役)

フランスの文豪モーパッサンが人生の四季を繊細に綴った名作を「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のステファヌ・ブリゼの監督により映画化。男爵家の一人娘ジャンヌは親の勧める子爵ジュリアンと結婚。やがて夫は不貞を重ね、さらなる苦難が次々に彼女を襲う。「カミーユ、恋はふたたび」のジュディット・シュムラが、17歳から40代後半までのジャンヌを特殊メイクを用いずに演じる。ほか、「間奏曲はパリで」のジャン=ピエール・ダルッサン、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モローらが出演。第73回ヴェネツィア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞。

監督
ステファヌ・ブリゼ
出演キャスト
ジュディット・シュムラ ジャン=ピエール・ダルッサン ヨランド・モロー スワン・アルロー
2016年

神様メール

  • 2016年5月27日(金)
  • 出演(母(女神) 役)

ベルギーのアカデミー賞にあたるマグリット賞で最優秀作品賞に輝くなど、数々の映画賞に輝いたユニークなドラマ。世界中の人々に余命を知らせるメールを送ってしまった神様の娘が、パニックに陥りながらも、それぞれの生きがいを見つけようとする人々に手を差し伸べようとする姿を描く。カトリーヌ・ドヌーヴがゴリラと恋に落ちる主婦を演じる。

監督
ジャコ・ヴァン・ドルマル
出演キャスト
ピリ・グロワーヌ カトリーヌ・ドヌーヴ ブノワ・ポールヴールド ヨランド・モロー
2015年

カミーユ、恋はふたたび

  • 2015年10月31日(土)
  • 出演(La mere de Camille 役)

「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」のノエミ・ルヴォウスキーが、監督・脚本・主演を務めるコメディドラマ。25年連れ添った夫から離婚を言い渡された中年女性が、学生時代にタイムスリップし、2度目の青春を謳歌する姿を描く。共演は「ベルサイユの子」のジュディット・シュムラ、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モロー、「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリック、「男性・女性」のジャン=ピエール・レオー。

監督
ノエミ・ルヴォウスキー
出演キャスト
ノエミ・ルヴォウスキー サミール・ゲスミ ジュディット・シュムラ ヨランド・モロー
2013年

危険なプロット

  • 2013年10月19日(土)
  • 出演(双子 役)

「スイミング・プール」のフランソワ・オゾン監督が贈るサスペンス。才能ある生徒の作文指導を始めた国語教師が、彼の書く物語に引きこまれ、抜き差しならない状況に陥って行く。出演は「しあわせの雨傘」のファブリス・ルキーニ、「マンク 破戒僧」のエルンスト・ウンハウワー、「サラの鍵」のクリスティン・スコット・トーマス。

監督
フランソワ・オゾン
出演キャスト
ファブリス・ルキーニ クリスティン・スコット・トーマス エマニュエル・セニエ ドゥニ・メノーシェ

ザ・パック 餌になる女

  • 2013年4月13日(土)
  • 出演(スパック 役)

若い女性が立ち寄ったダイナーで監禁され、生きたまま怪物の餌にされそうになるホラー。監督・脚本は、本作が初長編監督作品となるフランク・リチャード。また、江戸川乱歩の小説を基にしたサスペンス「陰獣」やスプラッター映画「屋敷女」のプロデューサーを務めたベラーヌ・フレディアニとフランク・リビエールが本作にも参加している。「灯台守の恋」「ロゼッタ」のエミリー・ドゥケンヌが餌になる女性を、「セラフィーヌの庭」「アメリ」のヨランド・モローが怪物に餌を与えようとするダイナーの女主人を、歌手・作曲家で「メトロで恋して」の音楽を担当、俳優としても活躍するバンジャマン・ビオレがヒッチハイカーを演じる。

監督
フランク・リチャード
出演キャスト
ヨランド・モロー エミリエ・デュケンヌ バンジャマン・ビオレー フィリップ・ナオン
2011年

ゲンスブールと女たち

  • 2011年5月21日(土)
  • 出演

ブリジット・バルドーを虜にした破天荒な作曲家セルジュ・ゲンスブールの伝説を描く伝記物語。スキャンダラスな作風でフレンチカルチャーに多大な影響を与え、女たちに愛されたゲンスブールの人生を辿る。彼を敬愛するフランスの漫画家ジョアン・スファールが監督し、アニメをまじえた独特な世界でゲンスブール像を映し出す。

監督
ジョアン・スファール
出演キャスト
エリック・エルモスニーノ ルーシー・ゴードン レティシア・カスタ ダグ・ジョーンズ
2010年

ミックマック

  • 2010年9月18日(土)
  • 出演(タンブイユ 役)

「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督がユニークなストーリーで“脱・戦争”を描いたファンタジー。事故で頭に銃弾が残ってしまった男が、ユニークな仲間たちとともに武器商人たちに仕返しを企む姿を映し出す。ジュネ監督作品ではおなじみのドミニク・ピノンが人間大砲のギネス記録を持つ男役で怪演を披露する。

監督
ジャン=ピエール・ジュネ
出演キャスト
ダニー・ブーン アンドレ・デュソリエ オマール・シー ドミニク・ピノン

セラフィーヌの庭

  • 2010年8月7日(土)
  • 出演(セラフィーヌ 役)

実在したフランスの画家セラフィーヌ・ルイの貧しくもピュアな人生を、20世紀激動の時代を背景に描く伝記ドラマ。監督は「シビルの部屋」に出演後、監督として活躍するマルタン・プロヴォスト。出演は「ベティの小さな秘密」のヨランド・モロー、「アイガー北壁」のウルリッヒ・トゥクール、「スワンの恋」のアンヌ・ベネントなど。

監督
マーティン・プロボスト
出演キャスト
ヨランド・モロー ウルトリッヒ・トゥクール アンヌ・ベネント ジュヌヴィエーヴ・ムニク
2009年

アニエスの浜辺

  • 2009年10月10日(土)
  • 出演

1950年代から活躍する映画作家アニエス・バルダ。彼女が思い出深い“浜辺”を訪れながら人生を振り返るドキュメンタリー。いまだ知的好奇心にあふれる、みずみずしい映像が満載だ。

監督
アニエス・ヴァルダ
出演キャスト
アニエス・ヴァルダ ロザリー・ヴァルダ マチュー・ドゥミ ポール・ヴァレリー
2008年

ベティの小さな秘密

  • 2008年9月20日(土)
  • 出演(ローズ 役)

多感な少女を主人公にしたファンタジックなドラマ。美しい田園風景をバックに、さまざまな恐怖や不安を乗り越えて成長していくヒロインの冒険をつづる。

監督
ジャン=ピエール・アメリス
出演キャスト
アルバ=ガイア・クラゲード・ベルージ ステファン・フレイス ヨランド・モロー マリア・ド・メデイルシュ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ヨランド・モロー