映画-Movie Walker > 人物を探す > アンナ・ボナイウート

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2019年 まで合計7映画作品)

2019年

山〈モンテ〉

  • 2019年2月9日(土)
  • 出演(Amulet Lady 役)

イランの巨匠アミール・ナデリが、中世イタリアを舞台に1人の男と壮大な山の対峙を描くドラマ。南アルプスの山の麓で、家族と暮らすアゴスティーノ。だが、巨大な山が太陽の光を遮るこの村では、思うように作物が育たず、満足な暮らしが送れずにいた……。第73回ヴェネチア国際映画祭では、「監督・ばんざい!賞」を受賞。出演は「バスターズ」のアンドレア・サルトレッティ。

監督
アミール・ナデリ
出演キャスト
アンドレア・サルトレッティ クラウディア・ポテンツァ ザッカーリア・ザンゲッリーニ セバスティアン・エイサス
2015年

ローマに消えた男

  • 2015年11月14日(土)
  • 出演(イブリーナ 役)

「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のトニ・セルヴィッロが一人二役を演じる政治ドラマ。突然失踪した政治家の替え玉となった男が、たちまちメディアや大衆を魅了していく。監督・脚本・原作は「そして、デブノーの森へ」のロベルト・アンドー。共演は「フォンターナ広場 イタリアの陰謀」のヴァレリオ・マスタンドレア、ミケーラ・チェスコン、「華麗なるアリバイ」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、「イル・ポスティーノ」のアンナ・ボナイウート。イタリア映画祭2014にて「自由に乾杯」のタイトルで上映。

監督
ロベルト・アンド
出演キャスト
トニー・セルヴィッロ ヴァレリオ・マスタンドレア ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ミケーラ・チェスコン
2012年

イル・ディーヴォ 魔王と呼ばれた男

  • 2012年8月4日(土)
  • 出演(リヴィア 役)

7期もの長期間にわたってイタリアの首相を務める一方で、絶対的な権力を利用して数々の犯罪に手を染めた戦後イタリアを代表する政治家ジュリオ・アンドレオッティ。後に裁判で裁かれることになった彼の姿を中心に、政界の闇に斬り込んだドラマ。主演は「ゴモラ」のトニ・セルヴィッロ。カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。

監督
パオロ・ソレンティーノ
出演キャスト
トニー・セルヴィッロ カルロ・ブチロッソ フラビオ・ブッチ アルド・ラッリ
2009年

湖のほとりで

  • 2009年7月18日(土)
  • 出演(サンツィオの妻 役)

ノルウェーのミステリー小説を映画化し、イタリアのアカデミー賞で史上最多の10部門に輝いた人間ドラマ。とある少女の死をきっかけに、村人たちの苦悩や葛藤が明らかになる。

監督
アンドレア・モライヨーリ
出演キャスト
ヴァレリア・ゴリノ オメロ・アントヌッティ ファブリツィオ・ジフーニ トニー・セルヴィッロ
1996年

イル・ポスティーノ

  • 1996年5月18日(土)
  • 出演(マチルデ 役)

ナポリ沖合の小さな小島を舞台に、貧しい純朴な青年が、島を訪れた詩人との友情を通して次第に自己に目覚め、愛を知り、人間として成長していく姿を、温かくユーモラスに描いた感動編。実在したチリの偉大な詩人パブロ・ネルーダ(1904~73)をモデルに、同じチリの作家アントニオ・スカルメタが書いた小説『バーニング・ペイシェンス(燃える忍耐)』(本邦未訳)を、「スプレンドール」などに主演したイタリアの喜劇俳優マッシモ・トロイージが映画化した作品。10年来の親友であるイギリスのマイケル・ラドフォード(「白い炎の女」)に監督を依頼し、予定していた心臓移植の手術を延期してまで撮影に臨んだが日に日に極度に体力が衰えて、クランク・アップの12時間後、95年6月4日に41歳の若さで夭折した。アメリカではジュリア・ロバーツ、スティング、マドンナら、この映画に感動した人々がサントラ盤用に、ネルーダの詩の朗読に参加したのも話題となった。脚本はトロイージとラドフォード、トロイージの全監督作に協力した脚本家アンナ・パヴィニャーノ、「続・夕陽のガンマン」などのベテラン、フリオ・スカルペッリとその子ジャコモ・スカルペッリの5人。撮影は「サン・ロレンツォの夜」のフランコ・ディ・ジャコモが担当。哀愁に満ちた鎮魂のピアノ演奏が印象的な音楽はルイス・エンリケ・バカロフ。共演は「ニュー・シネマ・パラダイス」のフィリップ・ノワレ、イタリアの映画、TV界で活躍するモデル出身のマリア・グラッツィア・クチノッタほか。第98回アカデミー賞オリジナル作曲賞(ドラマ部門)受賞。96年度キネマ旬報外国映画ベストテン第1位。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
マッシモ・トロイージ フィリップ・ノワレ マリア・グラッツィア・クチノッタ リンダ・モレッティ
1991年

いつか見た風景

  • 1991年7月25日(木)
  • 出演(Amelia 役)

ファシズム時代のイタリアを舞台に、農家での結婚式を中心に家族たちの群像を描いた人間ドラマ。製作はアントニオ・アヴァティ、監督・脚本は「追憶の旅」のプピ・アヴァティ、撮影はパスクァーレ・ラキーニ、音楽はリズ・オルトラーニが担当。出演はルクレツィア・ランテ・デラ・ローヴェレほか。

監督
プピ・アヴァティ
出演キャスト
ダヴィデ・ベキーニ ルクレツィア・ランテ・デラ・ローヴェレ マッシモ・ボネッティ Felice Andoreasi

ベルト

  • 1991年2月23日(土)
  • 出演(裁判官 役)

イタリアの文豪・アルベルト・モラヴィアの短編小説を原作とする、人が或いは法が“性”を裁くことが出来るのかという性の深淵の問題をテーマにした衝撃のインモラル・ファンタジー。

監督
ジュリアーナ・ガンバ
出演キャスト
エレオノーラ・ブリグリアドーリ ジェームズ・ルッソ ジュリアーナ・カランドラ アンナ・ボナイウート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンナ・ボナイウート