TOP > 人物を探す > エリン・オブライエン・ムーア

年代別 映画作品( 1935年 ~ 1958年 まで合計10映画作品)

1958年

青春物語

  • 1958年3月20日(木)
  • 出演(Mrs._Page 役)

女流作家グレイス・メタリアスの同名の処女作の映画化でニューイングランド州の架空の町ペイントン・プレイスを舞台に、第二次大戦下のアメリカ中流社会の実態を描く。「知りすぎていた男」のジョン・マイケル・ヘイズが脚獄、「潮風のいたづら」のマーク・ロブソンが監督した。撮影は「昼下がりの情事」のウィリアム・C・メイラー、音楽も同じくフランツ・ワックスマン。主演は「雨のランチプール」のラナ・ターナー・新人のダイアン・ヴァーシとリー・フィリップス、「無法者の王者ジェシイ・ジェイムス」のホープ・ラング、「バス停留所」のベティ・フィールド、「死の脱獄者」のアーサー・ケネディ、「ならず者部隊」のテリー・ムーア、それに「ベビイドール」のミルドレッド・ダンノック、「夜を逃れて」ロイド・ノーランらが助演する。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
ラナ・ターナー リー・フィリップス ダイアン・ヴァーシ ホープ・ラング
1954年

謎のモルグ街

  • 1954年6月23日(水)
  • 出演(Wardrobe_Woman 役)

エドガー・アラン・ポーの小説『モルグ街の殺人』の3D映画で、「語らざる男」のヘンリー・ブランク製作になる1954年作品。「語らざる男」のハロルド・メドフォードとジェームズ・R・ウェッブが共同で脚色し、「赤い灯」のロイ・デル・ルースが監督した。ワーナーカラー色彩の撮影監督は「フェザー河の襲撃」のペヴァレル・マーレーである。(プリントはテクニカラー。)「肉の蝋人形(1953)」のデイヴィッド・バトルフが音楽を担当した。出演者は「語らざる男」のカール・マルデン、「浮気は巴里で」のクロード・ドーファン、「流刑の大陸」のパトリシア・メディナ、スティーヴ・フォレスト、アリン・アン・マクレリーなど。

監督
ロイ・デル・ルース
出演キャスト
カール・マルデン クロード・ドーファン パトリシア・メディナ スティーヴ・フォレスト
1955年

長い灰色の線

  • 1955年1月4日(火)
  • 出演

「フォルウォスの黒楯」のロバート・アーサーが製作し、「コレヒドール戦記」のジョン・フォードが監督するシネマスコープで、ウェスト・ポイント陸軍士官学校を舞台としたマーティ・マーの自伝を映画化したものである。脚色はエドワード・ホープ。テクニカラー撮影は「彼等は馬で西へ行く」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「殺人者はバッジをつけていた」のモリス・W・ストロフ。「壮烈カイバー銃隊」のタイロン・パワーと「マラガ」のモーリン・オハラが主演し、以下「彼等は馬で西へ行く」のロバート・フランシス、「愛の決断」のドナルド・クリスプ、「ホンドー」のワード・ボンド、テレビ女優ベッツィ・パーマー、「彼等は馬で西へ行く」のフィル・ケイリーらが出演する。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
タイロン・パワー モーリーン・オハラ ロバート・フランシス ドナルド・クリスプ
1953年

闘う沿岸警備隊

  • 1953年12月15日(火)
  • 出演(Mrs.O'Mlley 役)

「曠野の追撃」のジョセフ・ケインが1953年に製作・監督した海洋劇で、ノーマン・ライリー・レイン「ゾラの生涯」のストーリイを、スティーヴ・フィッシャー「湖中の女」が脚色した。撮影は「戦う雷鳥師団」のレジー・ラニング、音楽は「曠野の追撃」のR・デイル・バッツの担当。出演者は「戦う雷鳥師団」のジョン・デレク、「砂漠の決闘」のワンダ・ヘンドリックス、「曠野の追撃」のウォルター・ブレナン、「愛しのシバよ帰れ」のリチャード・ジャッケル、トム・タリー「嵐の園」、バートン・マクレーン、ベン・クーパーらである。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ジョン・デレク ワンダ・ヘンドリクス ウォルター・ブレナン リチャード・ジャッケル
1951年

月世界征服(1950)

  • 1951年3月6日(火)
  • 出演(Mrs._Cargraves 役)

物理学者であり科学小説家であるロバート・ハインラインの原作小説から、原作者とリップ・ヴァン・ロンケル、ジェームズ・オハンロンが共同脚色し、「奇蹟の鐘」のアーヴィング・ピチェルが監督した。動画製作に従事していたジョージ・パル製作の1950年作品で、撮影は「ハリウッド・アルバム」のライオネル・リンドン、音楽はリース・スティーヴンス。ジョン・アーチャー、ワーナー・アンダーソン、トム・パワース、ディック・ウェッソン、エリン・オブライエン・ムーアらが共演する。

監督
アーヴィング・ピチェル
出演キャスト
ジョン・アーチャー ワーナー・アンダーソン トム・パワーズ ディック・ウェッソン
1937年

緑の灯

  • 1937年
  • 出演(Pat_Arlen 役)

「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」のエロール・フリンと「真夏の夜の夢」「風雲児アドヴァース」のアニタ・ルイズが主演する映画で、「愛と光」のロイド・C・ダグラス作の小説を「快勇二丁拳銃」のミルトン・クリムスが脚色し、「真珠の首飾」「ますらを」のフランク・ボーゼージが監督に当たり、「黒地獄」のバイロン・ハスキンが撮影した。助演俳優は「生活と恋愛」「Gガン」のマーガレット・リンゼイ、「噫無情」「来るべき世界」のサー・セドリック・ハードウィック、「三銃士(1935)」のウォルター・エイベル「風雲児アドヴァース」のヘンリー・オニール、「噫初恋」のスプンリグ・バイントン、「一対二」のエリン・オブライエン・ムーア等の面々である。

監督
フランク・ボーゼージ
出演キャスト
エロール・フリン アニタ・ルイズ マーガレット・リンゼイ サー・セドリック・ハードウィック

黒の秘密

  • 1937年
  • 出演(Ruth_Taylor 役)

「化石の森」「札つき女」のハムフリー・ボガードが主役を勤める映画で、ロバートー・ロードの原作を「札つき女」のアベム・フィンケルが「ブラウンの怪投手」のウィリアム・ウィスター・ヘインズと協力脚色し「化石の森」「国境の町」のアーチー・L・メイヨが監督に当たり、「札つき女」「スタアと選手」のジョージ・バーンズが撮影した。助演者は「化石の森」のディック・フォーラン「一対二」のエリン・オブライエン・ムーア「無電非常線」のアン・シェリダン、「化石の森」のジョセフ・ソーヤー、「噫初恋」のヘレン・フリント、「ギャングの家」のロバート・バラット、エディ・エイカフ等。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ハンフリー・ボガート ディック・フォーラン エリン・オブライエン・ムーア アン・シェリダン
1948年

ゾラの生涯

  • 1948年6月
  • 出演(Nana 役)

フランスの文豪ゾラの生涯とドレフュス事件を大きく扱った伝記映画で、「科学者の道」と同じくポール・ムニが主演し、ウィリアム・ディターレが監督したものである。マシュウ・ジョセフスンの「ゾラとその時代」に取材して、ハインツ・ヘラルドとゲザ・ハーゼッグがストーリーを書き、この二人にノーマン・ライリー・レインが加わって脚本を執筆している。主演のムニの他に「桃色の店」のジョセフ・シルドクラウト、「クリスマスの休暇」のゲイル・ソンダーガード、「呪いの家」のドナルド・クリスプ、「どん底」のウラジミル・ソコロフ、「町の人気者」のヘンリー・オニール、「アメリカ交響楽」のモーリス・カーノフスキー、グローリア・ホールデン、エリン・オブライエン・ムーア、ルイス・カルハーン、ロバート・パラットらが主要な役を演じている。撮影は「恋の十日間」のトニー・ゴーディオが指揮した。この映画は1937年度アカデミー賞の作品賞、脚本賞、助演男優賞を得た大作である。

監督
ウィリアム・ディターレ
出演キャスト
ポール・ムニ ジョゼフ・シルドクラウト ゲイル・ソンダーガード グローリア・ホールデン
1936年

一対二

  • 1936年
  • 出演(Mrs._Summera 役)

「米国の機密室」「深夜の星」のウィリアム・パウエルが「オペラ・ハット」「夢の並木路」のジーン・アーサーと共に主演する映画で、最近物故した「深夜の星」「ロマンスの街」のスティーブン・ロバーツが監督にあたったもの。原作は「諾?否?」のジェームズ・エドワード・グラントの小説で、「深夜の星」のアンソニー・ヴェイラーが脚色した。助演者は「美人探し」のジェームズ・グリースン、「トップ・ハット」のエリック・ブローア、「小さい親分」のロバート・アームストロング、「僕はカウボーイ」のライラ・リー、「二千万人の恋人」のグラント・ミッチェル、新進のエリン・オブライエン・ムーア、「愛と光」のラルフ・モーガン等で、撮影は「深夜の星」「ポンペイ最後の日(1935)」のJ・ロイ・ハントの担任である。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ジーン・アーサー ジェームズ・グリースン エリック・ブローア
1935年

私のテンプル

  • 1935年
  • 出演(Sarah_Boynton 役)

「輝く瞳」「小連隊長」に次ぐシャーリー・テンプル主演映画で、フローレンス・ファルツグラフの原作を「波止場の天使」のスティーブン・モアハウス・エヴェリーと「レヴュー艦隊」のアレン・リヴキンが協力して脚色し「人生の行路」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「流れる青空」のジョン・サイツが撮影に当たった。助演者は「殺人ホテル」のローズメリー・エイムス、「世界一の金持ち娘」「白い友情」のジョエル・マクリーを始め、「雲とつばさ」のライル・タルボット、舞台から来た新進女優エリン・オブライエン・ムーア、「ロマンスの街」のJ.ファーレル・マクドナルド、裸馬乗り騎手としてサーカス界に名あるプードルス・ハンフォード等である。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
シャーリー・テンプル ローズメリー・エイムス ジョエル・マクリー ライル・タルボット
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エリン・オブライエン・ムーア

ムービーウォーカー 上へ戻る