TOP > 人物を探す > エリック・ブローア

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1994年 まで合計23映画作品)

1951年

腰抜け千両役者

  • 1951年12月27日(木)
  • 出演(Sir Wimbley 役)

「腰抜け顔役」と同じくボブ・ホープがルシル・ボールを相手に主演する1950年度色彩喜劇で、製作も同じくロバート・ウェルチ。ハリイ・レオン・ウィルスンの原作を「腰抜け二挺拳銃」のエドモンド・L・ハートマンがロバート・オブライエンと協同脚色「頓馬と金髪娘」のジョージ・マーシャルが監督した。撮影は「囁きの木蔭」のチャールズ・ラング、音楽はヴァン・クリーヴで、「ボタンとリボン」のジェイ・リヴィングストンとレイ・エヴァンスが主題歌を書いた。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ボブ・ホープ ルシル・ボール ブルース・キャボット Jack Kirkwood
1947年

浮世はなれて

  • 1947年12月
  • 出演(Henry_Leek 役)

イギリスの文豪アーノルド・ベネット作の小説を映画化したもので、「王国の鍵」 と同じくナナリー・ジョンソン脚色、ジョン・M・スタール監督になる映画である。主演は「3人の仲間」「ポルカの歌姫」のモンティ・ウーリーと「黄金の夢」に出演した英国の喜劇女優グレイシー・フィールズで、「謎の下宿人」の故レアード・クレガー、「心の旅路」のユーナ・オコナー、「荒野の決闘」のアラン・モーブレイ、「新妻はお医者さま」のメルヴィル・クーパー、「焔の女」のフランクリン・パングボーンらで、撮影は「謎の下宿人」のルシエン・バラードが指揮した。なお製作は脚色者のナナリー・ジョンソンである。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
モンティ・ウーリー グレイシー・フィールズ レアード・クレガー ユーナ・オコナー
1994年

レディ・イヴ

  • 1994年4月23日(土)
  • 出演(Sir Alfred McGlennan-Keith. 役)

美人の女詐欺師が蛇にしか興味のない御曹司と恋に落ちるラブ・コメディ。監督・脚本は、脚本家として映画の道に入り、数々の話題作の脚本を担当しながらも、「サリヴァンの旅」「結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)」「殺人幻想曲」などスクリューボール・コメディの名作を自ら監督してきたプレストン・スタージェス。製作はポール・ジョーンズ、原作はモンクトン・ホッフェ、撮影はヴィクター・ミルナー、編集はスチュアート・ギルモア、美術はハンス・ドライヤー、音楽はジグモンド・クラムゴールドが担当している。主演は、女詐欺師に、「ステラ・ダラス(1937)」「教授と美女」「私は殺される」のバーバラ・スタンウィック、彼女が恋に落ちる世間知らずの御曹司にジョン・フォード、ジョゼフ・L・マンキーウィッツ、ロバート・アルドリッチといった名匠の作品に数多く出演しているヘンリー・フォンダ。その他、エルンスト・ルビッチの「天国は待ってくれる」などに出演し、片眼鏡に葉巻がトレード・マークのチャールズ・コバーンや、苦みばしった顔をしながら根は優しい男を演じて定評があり、「スミス都に行く」などに出演しているウィリアム・デマレストなど。

監督
プレストン・スタージェス
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ヘンリー・フォンダ チャールズ・コバーン ユージン・ポーレット
1938年

生活の悦び

  • 1938年
  • 出演(Potter 役)

「新婚道中記」「たくましき男」のアイリーン・ダンと「パリの評判女」「処女読本(1938)」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが主演する映画で、「奴隷船」「狙われたお嬢さん」のテイ・ガーネットが監督に当ったもの。ストーリーは「処女散歩」のハーバート・フーフィールズと「有頂天時代(1936)」の歌詞作者ドロシー・フィールズが協力して書下ろし「歴史は夜作られる」「暗黒街の弾痕」のジーン・タウン、グレアム・ベイカーのチームが更に「踊らん哉」のアラン・スコットと協力して脚色している。助演者は「オーケストラの少女」「シカゴ」のアリス・プレディ、「山の法律」のガイ・リッピー、「すばらしき休日」のジーン・ディクソン、「ステージ・ドア」のルシル・ボール、「戦愛合戦」のエリック・ブローア、「青髭8人目の妻」のウォーレン・ハイマー、「天晴れ着陸」のビリー・ギルバート等である。撮影は「新婚道中記」「わが家の楽園」のジョセフ・ウォーカーが担当している。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
アイリーン・ダン ダグラス・フェアバンクス・ジュニア アリス・ブラディ ガイ・キッビー

極楽オペレッタ

  • 1938年
  • 出演(Edward 役)

「宝の山」と同じくローレル及びハーディ主演のホール・ローチ喜劇でジーン・ネグレス・ロジャースが書卸し、ジェームズパーロット、チャールズ・メルソン、フェリックス・アドラーが協力脚色、「木に登る女」のジョン・G・ブライストーンが監督、ノーバート・プロディンとアート・ロイドが協力撮影したもの。助演者はデラ・リンド、「オペラは踊る」のウォルター・ウルフ・キング、「ラジオの歌姫」のエリック・ブローアその他多勢である。

監督
ハル・ローチ
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー デラ・リンド ウォルター・ウルフ・キング
1937年

恋愛合戦

  • 1937年
  • 出演(Digges 役)

「化石の森」「痴人の愛」に顔を合わせたレスリー・ハワードとベティ・デイヴィスに「進め龍騎兵」のオリヴィア・デ・ハヴィランドを加えて主演させた映画で、モーリス・ハンラインの原作を「流行の女王」のケイシー・ロビンソンが脚色し、「化石の森」「黒の秘密」のアーチー・L・メイヨが監督し、「日陰の花」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演は「進め龍騎兵」のパトリック・ノウルズ、「踊らん哉」のエリック・ブローア、「ロイドの牛乳屋」のジョージ・バービア、「この三人」のボニタ・グランヴィル、スプリング・バイントン等である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
レスリー・ハワード ベティ・デイヴィス オリヴィア・デ・ハヴィランド パトリック・ノウルズ

ラジオの歌姫

  • 1937年
  • 出演(Cosmo 役)

「恋の歌」「世界の歌姫」に次ぐリリー・ポンス主演映画で、「富豪一代」「世界の歌姫」のジャック・オーキーと「トップ・ハット」「失はれた地平線」のエドワード・エヴァレット・ホートンが共演する。ストーリーはロバート・ハラリとマックスウェル・シェインが書き下ろし、「証人席」のガートルード・パーセルが「富豪一代」のジョン・ツウィストと協力脚色し、「画家とモデル(1937)」「毎夜八時に」のラウール・ウォルシュが監督に当たり、「世界の歌姫」「靴を脱いだ女」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演は「恋の歌」のエリック・ブローア、「失はれた地平線」のジョン・ハワード、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「街は春風」「突進大飛行船」のルイ・アルバーニ等の面々で、歌はオペラ名曲のほかジェームズ・マクヒュウ、ハロルド・アダムソン作詞作曲の新作が歌われる。音楽指揮は最近ポンスと結婚したアンドレ・コステラネッツ(「画家とモデル(1937)」に出演)が担当している。なおこれはジェッシ・L・ラスキーの第2回作品(第1回は「奥様に音楽」)である。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
リリー・ポンス ジャック・オーキー エリック・ブローア エドワード・エヴァレット・ホートン

大帝の密使(1937)

  • 1937年
  • 出演(Blount 役)

「たそがれの維納」「ワルツ合戦」のアドルフ・ウォールブリュクが渡米してアントン・ウォルブルックと改名しての第一回主演映画である。ジュール・ヴェルヌ作の小説に基いて「男装」のモーティマー・オフナーと「女性の反逆」のアンソニー・ヴェイラーが協力して台本を作り、「紅雀」のジョージ・ニコルズ・ジュニアが監督に当たり、「男装」のジョセフ・オーガストが撮影した。助演俳優は「女性の反逆」のエリザベス・アラン、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「三銃士(1935)」のマーゴット・グラハム、舞台に名あるフェイ・ベインター、「目撃者(1936)」のポール・ギルフォイル、「大学の人気者」のエリック・ブローア、「情無用ッ」のエドワード・ブロフィー、ポール・ハーヴェイ、ドリス・ロイドその他である。

監督
ジョージ・ニコルズ・ジュニア
出演キャスト
アントン・ウォルブルック エリザベス・アラン エイキム・タミロフ マーゴット・グラハム

偽装の女

  • 1937年
  • 出演(Sergeant 役)

「男装」「女性の反逆」に次ぐキャサリン・ヘップバーン主演映画で、「豪華一代娘」「空駆ける恋」のフランショオ・トーンが相手役を勤める。原作はジェームズ・M・バリー作の戯曲で、「艦隊を追って」のアラン・スコットと「男装」のモーティマー・オフナーが協力脚色し、「乙女よ嘆くな」「有頂天時代」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり「女性の反逆」「乙女よ嘆くな」のロバート・デ・グラスが撮影した。助演者は「恋の歌」のエリック・ブローア、舞台女優として名あるフェイ・ベインター、コーラ・ウィザースプーン、エステル・ウィンウッド等である。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
キャサリン・ヘップバーン フランチョット・トーン エリック・ブローア フェイ・ベインター

踊らん哉

  • 1937年
  • 出演(Cecil_Frintridge 役)

「有頂天時代」に次ぐフレッド・アステア、ジンジャー・ロジャース主演映画で、リー・ローブとハロルド・バックマンの原作を「有頂天時代」のアラン・スコットがアーネスト・パガノと協力脚色し、「艦隊を追って」「女性の反逆」のマーク・サンドリッチが監督し、「有頂天時代」のデイヴィッド・エーベルが撮影した。助演者は「トップ・ハット」のエドワード・エヴァレット・ホートン及びエリック・ブローア、「市街戦」のジェローム・コウアン、「コブラ・タンゴ」のケッティ・ガリヤン、「巨星ジーグフェルド」のリエット・ホクター等で、音楽は急逝したジョージ・ガーシュウィンが作曲したものである。

監督
マーク・サンドリッチ
出演キャスト
フレッド・アステア ジンジャー・ロジャース エドワード・エヴァレット・ホートン エリック・ブローア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/8更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エリック・ブローア

ムービーウォーカー 上へ戻る